J-REITの株価と分配金の仕組みってどうなっているの?」 

J-REITの購入を検討しているがメリットを知りたい」 

など、投資先としてJ-REITに興味を持つ人が増えています。 

J-REITは、不動産に特化した投資信託です。 

通常の投資信託とは違って東京証券取引所に上場しているので、株式証券と同じように証券会社を通じて購入ができ、需給に応じて価格も上下します。 

J-REITを運営する不動産投資法人は、投資から集めた資金を使ってオフィスビルや商業施設など様々な不動産に投資を行い、得た利益を投資家に分配します。 

この分配金利回りの高さもJ-REITの魅力です。 

他にもJ-REITには、少額から購入できる、分散投資の効果がある、運用はプロが行っているなどたくさんのメリットがあります。 

今回は、J-REITの仕組みやメリット、人気の大江戸温泉リート投資法人について解説します。 

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る

J-REITは投資信託の仲間 

J-REITは投資信託の仲間ですが、東京証券取引所に上場している点が一般の投資信託とは違います。 

通常の投資信託は当日の15時までに購入申し込みをし、夜間に基準価格が決まった時点で購入ができますが、価格はリアルタイムにわからない、流動性が低いのがデメリットです。 

その点、J-REITは東京証券取引所に上場しているので、株式証券と同様に株価はリアルタイムで確認することができ、証券会社を通じていつでも購入することができます。 

流動性の高さもJ-REITのメリットと言えます。 

J-REIT3つの仕組み 

J-REITは、安定した運用と高い分配金利回りで人気の投資商品です。 

J-REITを購入する前にまずはJ-REITの仕組みを理解しましょう。 

ここでは、J-REIT3つの仕組み 

  • 不動産投資法人が運用している 
  • 実務は外部会社に委託 
  • クローズエンド型を採用 

について解説します。 

不動産投資法人が運用している 

J-REITは不動産投資法人が運用を行っています。 

不動産投資法人の多くは、大手の商社や不動産会社、ホテル経営会社などがスポンサーです。 

スポンサー企業の物件供給力やノウハウの豊富さによって、J-REITの成長力は大きく異なります。 

物流系のJ-REITでは外資系企業も多く参入しています。 

実務は外部会社に委託 

J-REITを運営する不動産投資法人は、投信法によって運用等の実質的な業務を行うことが禁止されており、業務については外部委託する必要があります。 

委託先については、不動産の運用に係る不動産の選定、資金調達、長期修繕計画の立案、プロパティマネジメント業務の選定などについては資産運用会社です。 

資産の保管に係る業務は新作銀行などの資産保管会社、投資主名簿の作成などに関する事務や機関の運営に関する事務、投信法所定の業務については一般事務会社となっています。 

クローズエンド型を採用 

投資信託において、いつでも払い戻しができるものをオープンエンド型、募集期間が決まっていて一定期間解約できないものをクローズエンド型と言います。 

日本の投資信託の多くは、オープンエンド型を採用していますが、J-REITについてはクローズエンド型です。 

J-REITはクローズエンド型ですが東京証券取引所に上場していることで流動性を確保しています 

J-REITの株価と分配金について 

J-REITは、銘柄によって株価や分配金の金額が異なります。 

ここでは、J-REITの株価と分配金について解説します。 

J-REITの株価 

J-REITは、東京証券取引所に上場しているので株式証券と同じで、需要と供給のバランスによって価格が上下します。 

オフィスビルや商業施設に特化したJ-REITは、景気の影響を受けやすいです。 

景気拡大局面では価格が大きく上昇するのでキャピタルゲインを狙いたい人向けの銘柄と言えます。 

又、住居系や物流施設に特化したJ-REITは、景気の影響を受けにくいので価格の変動が少ないので安定したインカムゲインを得たい人向けにおすすめです。 

J-REITの分配金 

J-REITは、J-REITを運営する不動産投資法人が不動産投資で得た利益を元に分配金が支払われる仕組みになっています。 

分配金は年1~2回の決算の3か月以内に支払われます。 

J-REITの分配金利回りは、3%~5%台と他の投資商品と比べても高利回りです。 

この高い分配金利回りがJ-REITの魅力と言えます。 

J-REIT5つのメリット 

J-REITには、他の投資商品と比べても多くのメリットがあります。 

ここでは、J-REIT5つのメリット 

  • 少額から購入できる 
  • 分散投資の効果がある 
  • 不動産投資のプロが運用 
  • 換金がしやすい 
  • 利益の90%以上が分配される仕組みになっている 

について解説します。 

少額から購入できる 

同じ不動産に投資をするにしても個人で不動産投資をする場合はかなりの自己資金が必要です。 

J-REITであれば安い銘柄だと数万円の少額で購入することができます。 

分散投資の効果がある 

個人で不動産投資を行う場合は、多くの不動産を一気に購入することができないので、空室や滞納が多くなると経営に大きな影響が出ます。 

J-REITの場合は、投資家から集めた資金や借入金を活用して不動産投資を行うので運用資金が豊富です。 

その豊富な資金を使って複数の不動産に投資を行うので分散投資の効果が期待できます。 

不動産投資のプロが運用 

不動産投資法人は実務が出来ないので、資産運用については不動産投資のプロである資産運用会社に委託します。 

経験豊富なプロが運用してくれるので、自分で運用するよりも安心して投資が出来ます。 

換金がしやすい 

不動産投資の場合は、不動産の売却に数か月掛かります。 

J-REITは、東京証券取引所に上場しているので証券口座があればいつでも売買が可能です。 

利益の90%以上が分配される仕組みになっている 

J-REITの分配金利回りが高いのは、一般法人にはない税制優遇が受けられるからです。 

一般法人の場合は利益に対して法人税が掛かりますが、J-REITの場合は利益の90%以上を分配金として支払うなどの条件を満たすと法人全を払う必要はありません。 

大江戸温泉リート投資法人とは? 

大江戸温泉リート投資法人は、大江戸温泉物語グループをスポンサーとするJ-REITです 

大江戸温泉物語グループは、温泉宿泊施設の再生などを得意としています。 

ここでは大江戸温泉リート投資法人の3つの特徴 

  • 大江戸温泉アセットマネジメント株式会社が運用する不動産投資信託 
  • 世界発の温泉特化型リート 
  • 賃料の90%以上が固定収入 

について解説します。 

大江戸温泉アセットマネジメント株式会社が運用する不動産投資信託 

大江戸温泉リート投資法人は、大江戸温泉アセットマネジメント株式会社が運用する不動産投資信託です。 

資産運用会社の大江戸温泉アセットマネジメント株式会社は、大江戸温泉物語株式会社が100%株主ということもあり、主な投資先は大江戸温泉物語グループが運営する大江戸モデルが導入された温泉・温浴関連施設が中心となっています。 

世界初の温泉特化型リート 

大江戸温泉リート投資法人は世界初の温泉特化型リートです。 

2016年のJ-REIT組成時は、大江戸温泉物語グループが今まで未進出だった九州、北海道への進出、大都市近郊への大江戸モデルでの出店強化に力を入れていた時期で、その資金集めにJ-REITを活用しています。 

上場当時には温泉特化型リートは世界にはなく、大江戸温泉リート投資法人が世界初の温泉特化型リートとなりました。 

賃料の90%以上が固定収入 

大江戸温泉リート投資法人の賃料収入は90%以上が固定収入となっており、ホテル系のリートでは最も比率が高くなっています。 

20221月時点のポートフォリオは、13物件344.45憶円です。 

大江戸温泉アセットマネジメント株式会社の会社概要 

会社名 

大江戸温泉アセットマネジメント株式会社 

株主 

大江戸温泉物語株式会社100% 

設立年 

2015年4月24日 

資本金 

50百万円 

所在地 

東京都中央区日本橋本町三丁目3番4号  

まとめ 

J-REITは、不動産投資法人が運営を行っている上場投資信託です。 

不動産投資法人は実務が出来ないので、実際の運営は資産運用会社が行っています。 

安定した運用と高い利回りが期待できることからJ-REITの人気は高まっています。 

J-REITには、少額で投資ができる、換金性が高い、運用はプロが行うなどメリットも多いです。 

今回ご紹介した大江戸温泉リート投資法人は世界初の温泉特化型リートで、大江戸温泉グループの物件を中心に投資を行っており、90%以上が固定収入と安定した運用が期待できます。 

これからJ-REITを始めたいと考えている人は、大江戸温泉リート投資法人を検討してみてはいかがでしょうか。 

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る