専門知識や面倒な手間が難点だった不動産投資がオンラインのみで完結できる不動産投資クラウドファンディングをご存じでしょうか。

1万円から投資できる上に物件を選ぶところから面倒な契約や賃貸管理まで全て運営会社がやってくれます。

新しい時代の不動産投資といえるでしょう。

非常に人気のためサービス会社も10社以上存在していますが、その中でも2020年12月時点で最も新しい1社である大家.COMをご紹介します。

筆者はほぼ全ての不動産投資クラウドファンディングに投資か登録をしているので参考にしてもらえたらと思います。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

大家.COM に関するTwitterの評判・口コミを紹介

 

大家.COMについてのリアルな声をSNSから紹介していきます。

大家.COMに関するツイート①

大家.COMに関するツイート②

大家.COMに関するツイート③

大家.COMに関するツイート④

大家.COMに関するツイート⑤

大家.COMに関するツイート⑥

大家.COMに関するツイート⑦

大家.COMに関するツイート⑧

大家.COMに関するツイート⑨

大家.COMは2020年12月に一号ファンドが予定されたばかりの新しいサービスですがすでにSNSでは注目されています。

業界全体が盛り上がっている証でもあるでしょう。

2021年2月募集の二号ファンドはなんと利回り7%となっており、不動産投資クラウドファンディング業界では最高水準となります。

高利回り投資がしたい方はぜひチェックしてみてください。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

大家.COMのメリット・特徴7選

他社のクラウドファンディングと比較した際の、大家.comの6つのメリット、

  1. 最低1万円から投資ができる
  2. 優先劣後方式でリスクを抑えられる
  3. 運営会社に豊富な不動産事業の実績がある
  4. 安全性を更に高める買い取り保証契約
  5. 株主優待で1%キャッシュバック
  6. 利回りが高い

について、順番に紹介していきます。

大家.COMのメリット・特徴1 最低1万円から投資ができる

大家.COMは最低投資額1万円から運用ができます。

不動産投資クラウドファンディングは従来の不動産投資よりも少額から始められる点がメリットですが、サービス会社によっては10万円からや50万円から投資が可能な会社もあります。

従来型よりは少額ではありますが失敗のリスクを抑えたい方や新しいサービスならば先ずは1万円からお試しで始めたい方もいますよね。

他社と比べても最も少ない投資額から運用できることは大家.COMの特徴です。

大家.COMのメリット・特徴2 優先劣後方式でリスクを抑えられる

大家.COMは優先劣後方式を導入しています。

そのためもし投資不動産の収益性が下がることや価格が下落することがあっても、最初に損失分を受けるのは大家.COMの運営会社になります。

運営会社の出資分が全て損失に充てられ後から、我々投資家の利息と元本は影響を受けるため、投資家にとっては安全性の高い投資ができるスキームとなります。

大家.COMのメリット・特徴3 運営会社に豊富な不動産事業の実績がある

大家.COMは株式会社グローベルスという不動産事業会社が運営しています。

不動産投資クラウドファンディング事業は新規参入となりますが、運営会社は平成8年に設立され20年以上の実績があります。

長年不動産売買事業やコンサルティング事業を営んできた企業が選んだ収益不動産に、投資家はオンラインのみで投資に参加できるわけですから、信頼性も高くメリットの大きいサービスとなるのではないでしょうか。

大家.COMのメリット・特徴4 安全性を更に高める買い取り保証契約

大家.COMには他の不動産投資クラウドファンディングと同じく優先劣後方式が導入されています。

さらに大家.COMでは案件ごとに保証を付けることで安全性を高めています。

クラウドファンディング事業における業務提携契約を株式会社日本保証と締結していますが、それに加えて買い取り保証契約も結んでいるとしています。

日本保証と提携しているソーシャルレンディング会社は数社だけありどこも人気が高まっていますが、大家.COMは買い取り保証契約も結ぶことで他社と比べても安全性を重視していると言えるでしょう。

他にもLIFULLが利用するブロックチェーン技術であるセキュリティトークンを使用していますし、大家.COMの安心度は高いと思います。

大家.COMのメリット・特徴5 株主優待で1%キャッシュバック

株式会社プロスペクトの株主ならば、株主優待として、大家.COMのファンドに投資をした金額の1%がキャッシュバックされる特典もあるようです。

株主になるのが大変だと思われますが、この特典は1株株主も対象のようです。

キャッシュバックも上手く活用できれば高い利回りも実現できるでしょう。

大家.COMのメリット・特徴6 利回りが高い

最近の不動産投資クラウドファンディングでは、利回りは低下傾向にあります。

平均では3%ほどになってきたでしょう。

その中で大家.COMは一号ファンドは4%、2021年2月に募集の二号ファンドではなんと7%の利回りになっています。

ハイリスクハイリターン型なのかと心配になりますが日本保証の買取保証付きと、他社と比べても間違いなく好条件となっています。

今後も高い利回りや好条件が続くのならば非常に人気のクラウドファンディングになるのではないでしょうか。

大家.COMのメリット・特徴7 運営会社の親会社は上場企業

大家.COMの運営会社は株式会社グローベルスという不動産事業会社ですが、親会社は株式会社プロスペクトという上場企業です。

上場企業の安全性や信頼性は申し分ないですし、すでに述べた通り株主優待と合わせることでキャッシュバックなどさらにお得になります。

不動産投資クラウドファンディングはどんどん増えていますが、上場企業グループはまだ多くはありませんよね。

上場企業の不動産プロジェクトに参加できると考えると、とても投資家にとって嬉しいファンドではないでしょうか。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

大家.COMのデメリット・注意点2選

大家.COMは筆者も投資を予定しておりますが、デメリットや注意点も確認した上で投資を検討しましょう。

大家.COMのデメリット・注意点1 償還実績はなくクラウドファンディングは未知数

大家.COMは2020年12月に第一号ファンドが募集されるばかりの新しいサービスです。

今後どのようなファンドが多くなるのか、しっかりと予定利回り通りに償還されていくかは未知数です。

新規故に応募競争が激しくないメリットもあるかもしれませんが、実績を気にする方には向かない可能性はありますよね。

大家.COMのデメリット・注意点2 リスクはゼロにはならない(元本保証ではない)

大家.COMは長年不動産事業を行ってきた企業が収益不動産を目利きしますし、優先劣後方式でリスクも低減できます。

しかしそれでもリスクはゼロにはならず、元本が保証されているわけではない点は理解が必要です。

あらゆる投資商品と同じくリスクを取る分金利は高くなります。

大家.COMをおすすめしたい人の特徴

大家.COMは2020年12月に始まったばかりの新しいサービスです。

不動産投資クラウドファンディングは人気がありすぎるため、サービス会社がこれだけ増えても1分足らずでファンドが完売する状態がまだあります。

筆者のように投資先を広げるために新しいサービスやファンドを探している方におすすめできるでしょう。

大家.COMはIoT搭載の新築アパートも評判

大家.COMはIoTを搭載する新築アパートを着工しており、クラウドファンディングで募集を予定しております。

戦略的に新築アパートにも着手していて今後もとても期待できますよね。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

大家.COM に実際に投資している筆者の評判は?好評?

筆者はほぼ全ての不動産投資クラウドファンディングに登録とできる限り投資をしています。

大家.COMについても一号案件に投資をしました。

大家.COMは不動産投資クラウドファンディングの中で後発ということもあり、金利は低くなく、安全性に考慮していることが伝わってきます。

実際に1月に募集予定の2号案件では想定利回りを6%以上としており、間違いなく高い利回り水準になりますよね。

最近の不動産投資クラウドファンディングでは安全性を重視するためか、利回りの高いファンドを組成できないためか、利回りは低下傾向にあります。

その中で高金利を狙い仕組みを工夫している大家.COMはおすすめできると思います。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

大家.COMは優先劣後システムで共同出資(投資リスクを大幅に抑えられる)

大家.COMは運営会社の株式会社グローベルスも出資をする「優先劣後システム」という、投資家には非常に有利な共同出資方法を導入しています。

優先劣後システムとは、投資をする不動産物件に対して、私たち一般の投資家だけではなく、運営会社の株式会社グローベルスも共同出資をする珍しい構造です。

そのため株式会社グローベルスも共同出資によって投資家と一緒にリスクを負うため(損をするリスクは彼らの方が取る)、投資先の物件選定にはより慎重になるわけですし、投資家としては目利きや専門性について安心材料にもなりますよね。

この共同出資の仕組みと対照的な例が証券会社で、投資家が株式売買で儲けようが損をしようが、証券会社は手数料さえ入ってくればよいわけです。(証券会社の収入は売買手数料)

そのため証券会社は常に売買を推奨し、その株式をそのまま信用して売買することはおすすめできず、投資家が大損しようが証券会社は儲かってしまうので利害は矛盾しています。良い悪いではなくビジネスモデルの話です。

一方で大家.COMの株式会社グローベルスは投資家以上のリスクを負うわけですので、利害が一致しており、投資先の信頼性が高まると言えるでしょう。

大家.COMの優先劣後システムは運営会社が投資家の元本と利回りまで保護

優先劣後システムは投資家にとってプラスでしかなく、万が一家賃収入が減る、または不動産価格の下落が起きて収益が落ちたとしても、大家.COMの出資割合分の全てが無くなるまで投資家の元本は一切損をしません。

この点でも優先劣後システムは投資家にとって非常に大きなメリットとなりますし、特記すべき点はこれは投資家の元本だけではなく利回り分まで保護されるのです。

株式投資や従来の不動産投資にもない、他の投資と比べても珍しいほど独特なシステムですよね。

このように大家.COMでは、不動産物件の選定から運用管理、資金調達、買付から売却、投資のリスク対策まで、投資家にとってはほったらかしという楽な条件にも関わらず、とても有利な投資が可能だと言えるでしょう。

この優先劣後システムによって大家.COMで元本割れが起きる確率はかなり低いと考えられるため、投資リスクを低く抑えた投資としておすすめできるのです。

大家.COMは運営会社に守られながら投資できると言えますよね。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

大家.COMを始めるステップを紹介

実際に大家.COMでクラウドファンディング投資を始めるステップをお伝えします。

1 ホームページから会員登録、本人確認、口座登録

大家.COMはホームページから会員登録を行います。

個人情報を入力し、本人確認書類を2点アップロードして、口座も登録します。

口座を証明できるキャッシュカードなどの写真をアップロードすれば申請は完了です。

2 物件を選んで申し込み

大家.COMでの審査が通れば投資家登録は終わりです。

募集している物件を選んで申し込みをし、ファンドが成立すれば運用が開始されます。

大家.COMの運営会社情報

大家.COMは株式会社グローベルスが運営している新規の不動産投資クラウドファンディングサービスです。

クラウドファンディング事業は2020年からですが株式会社グローベルスは平成8年から事業を行っています。

不動産売買や仲介、中古住宅再生やコンサルティング事業も手掛けており、不動産事業において信頼できる実績があるでしょう。

資本金も1億円あるため安定性の高い運営会社だと思います。

株式会社グローベルスのSTOスキームは好評

株式会社グローベルスは不動産特定共同事業者向けにSTOスキームを導入しています。

運用期間中であっても出資持分を譲渡することが可能となるため、投資家の資金流動性リスクの軽減につながります。

流動性が低い不動産投資や他社クラウドファンディングと比べてもメリットと言えるでしょう。

株式会社グローベルスの会社概要

会社名

株式会社グローベルス

設立日

1996年(平成8年)7月10日

資本金

1億円

本社所在地

東京都港区虎ノ門1丁目7番12号虎ノ門ファーストガーデン11F

事業内容

不動産売買事業・中古住宅再生事業・商業施設建築事業・不動産仲介事業・コンサルティング事業・不動産クラウドファンディング事業

まとめ

大家.COMは2020年12月時点で最も新しい不動産投資クラウドファンディングサービスです。

不動産事業に実績のある運営会社のサービスであり、1口1万円や優先劣後システムなど他社とも見劣りしない条件は提示されています。

すでに不動産投資クラウドファンディングは10社以上の競合がいますが、今後の発展に期待が持てる1社になるかもしれません。

大家.COMの公式サイトはこちら⇨

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨