オープンハウスのアメリカ不動産投資は「アメリカ不動産をもっと身近に」をコンセプトに、アメリカ不動産投資に特化したサービスを提供しています。

「アメリカでの不動産投資は国内不動産投資とどう違うの?」

という疑問を解消し、

「成長している海外不動産投資を手軽に始めたい」

と考える人をサポートしている不動産投資会社です。

不動産投資会社選びで失敗しないために、今回はオープンハウスのアメリカ不動産投資について徹底解説します。

ぜひ参考にして下さい。

オープンハウスアメリカ不動産投資の公式サイトはこちら⇨

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトへ

オープンハウスのアメリカ不動産投資の評判・口コミまとめ

株式会社オープンハウスは東証一部上場企業で、数多くのセミナーも開催しています。

ここでは、セミナー参加者の口コミや評価を調べてみました。

オープンハウスの悪い評判・口コミ

オープンハウスのアメリカ不動産セミナーについては、悪い評判や口コミはありませんでした。

一部のSNSで「現地価格より高いのではないか?」という疑問の声が見られる程度です。

日本国内にいながらアメリカ不動産を購入できるので、当然手数料が含まれます。

手数料の面で余分な費用が掛かっているように感じるかもしれませんが、だからと言って「現地価格より高い」と一概には言えません。

オープンハウスの良い評判・口コミ

avatar
利用者
オープンハウスさんの無料「アメリカ不動産セミナー」に参加してきました。
不動産への知識が浅くても、難しい用語が少なく話されていたので理解しやすかったです。
avatar
利用者

アメリカ不動産の3つのメリット
・分散投資でリスク削減
・減価償却できる割合が大きい
・キャピタルゲインが期待できる

少額からでも投資したいならREITと投資信託
アメリカ不動産投資をワンストップで提供するオープンハウスなどを利用すれば参入しやすい

アメリカ不動産へ期待を持った前向きな感想もありました。

2022年7月時点でも、サービスを拡大し続けていることも分かりますよね。

オープンハウスアメリカ不動産投資の公式サイトはこちら⇨

オープンハウスのアメリカ不動産投資のメリット・デメリット

近年の不動産投資会社の傾向として、中堅の不動産投資会社には得意分野に特化した会社が多い点が挙げられます。

例えば、医師向けの不動産投資会社、東京の中古ワンルームマンション投資などです。

その中で、大手であるオープンハウスは

  • 居住用不動産の販売・仲介
  • 戸建住宅の開発
  • 注文住宅の建築請負
  • マンションの開発
  • 投資用不動産の販売

など、不動産に関する総合的なサービスを行っています。

それでは、幅広い不動産サービスを手掛けるオープンハウスのアメリカ不動産投資にはどんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

オープンハウスの3つのメリット・強み

オープンハウスのアメリカ不動産投資の強みは、以下の3つです。

1.中古住宅市場の好況なアメリカ不動産に投資できる

アメリカと言っても、全ての州が好況というわけではありません。

また、不動産投資に欠かせない、豊富な借り手や売却のしやすさなど、条件の揃ったエリアとなると限られてきます。

オープンハウスアメリカ不動産の現地法人は、多くの条件をクリアし、今後経済成長が見込めるエリアの物件を厳選して紹介しています。

2.日本にいたままで、日本語で運用できる

現地法人としっかりと連携を取った日本法人が報告やコンサルティングを行ってくれるため、時差や言葉の心配はいりません

日本の商慣習とは異なるアメリカの不動産契約手続きのサポートはもちろん、毎月の収支報告も日本語で行ってくれるなど、海外の不動産投資が初めての人でも安心です。

3.海外不動産のワンストップサービスを提供できる

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から海外不動産を担保とした融資の紹介まで対応しています。

そのため、購入後の賃貸管理や最終的な売却も、まとめてオープンハウスに任せることが可能です。

東証一部上場企業としての豊富な資金力とネットワークを通じて、投資家の資産形成をサポートしてくれます。

オープンハウスの2つのデメリット・注意点

続いては、オープンハウスのアメリカ不動産投資についてのデメリットを紹介します。

1.アメリカ不動産以外の海外不動産に対応していない

オープンハウスでは、アメリカ不動産のみを取り扱っています。

近年ではアジアなど各地の海外不動産投資も盛んですが、

  • 治安が安定している
  • インフラ整備が整い、今後も成長が見込める

として、アメリカ不動産を中心に展開しているためです。

よって、ほかの国での海外不動産投資を検討している投資家には向きません。

2.為替変動のリスクがある

海外不動産のため、当然ながら為替リスクがあります。

リスクを不安に感じる人には、オープンハウスのサービスは向かないかもしれません。

為替は日々変化していますが、世界の半数に及ぶ米ドルの為替水準に合わせた売却時期のサポートを受けることも可能です。

オープンハウスアメリカ不動産投資の公式サイトはこちら⇨

オープンハウスのアメリカ不動産投資のステップを紹介

次に、オープンハウスでのアメリカ不動産投資のステップを紹介します。

アメリカ不動産の購入は、国内不動産の購入とどんな違いがあるのか見ていきましょう。

ステップ1.アメリカ不動産の物件選択

オープンハウスでは、現地法人がアメリカの優良物件を厳選して、日本の投資家に情報を提供しています。

物件が選ばれるのは、テキサス・ジョージア・ロサンゼルス・ハワイなどの成長著しいエリアです。

アメリカ不動産を購入する際は、以下の5つのポイントを押さえておきましょう

  • 人口増が続いている
  • 世帯所得が高いエリアである
  • 優れた教育機関がある
  • 交通利便性が高い
  • 現地の方にも手の届きやすい物件である

オープンハウスの現地日本人も、これらの条件をもとに物件を精査しています。

上記に挙げた条件は、アメリカ不動産を購入後に借り手がつきやすかったり、売却がスムーズに行えたりするための大切なポイントです。

東京都港区では、平均年収の8.4倍でないと家が持てません。

しかし、アメリカでは現地平均年収の3倍から4倍で物件を購入できます。

これは、アメリカ不動産投資をして最終的に売却する時の出口戦略においても有効な数値です。

物件購入から出口戦略まで一貫対応できるのがオープンハウスアメリカ不動産の強みでしょう。

ステップ2.物件が決まったら資金調達と契約に進む

日本では物件を担保として融資を受ける場合が多いですが、アメリカ不動産の運用は少し異なります。

そこでオープンハウスでは、購入したアメリカ不動産を担保にした、さまざまな融資商品を用意しています。

慣れない契約手続きもオープンハウスなら安心です。

アメリカ不動産契約の特殊な流れや書類の日本語訳など、なじみのない契約手続きを丁寧にサポートしてくれます。

ステップ3.日本国内にいながらアメリカ不動産を運用する

国内の不動産購入と違い、遠く離れたアメリカ不動産を購入しても自分で管理するのは困難です。

しかし、オープンハウスであれば現地との連携体制が整っているため、日本国内にいながら定期的な運用報告を受けられます

さらに物件管理やトラブル対応など、管理体制も万全です。

オープンハウスのアメリカ不動産投資に向いている人とは

近年では、海外における資産運用が注目されています。

オープンハウスのアメリカ不動産投資は、日本にいながらアメリカ不動産投資を手軽に行ってみたい人に打ってつけのサービスと言えるでしょう。

為替リスクはありますが、少子高齢化の不安がつきまとう国内の不動産投資より、長期で見るとアメリカ不動産投資は成長に期待が持てます。

アメリカの不動産は、中古市場が安定しているのが特徴です。

オープンハウスのHPを見ると、築30年や50年という売り出し物件も多くて驚くかもしれませんが、リフォームやメンテナンスがきちんと行われており、実際に内観写真を見ても素晴らしい物件が揃っています。

また、賃貸中の物件が多いのも魅力の一つです。

すでに家賃収入が見込まれる物件であれば、空室リスクを軽減できます。

オープンハウスの海外不動産投資が人気の理由は日本に比べて物件価格が落ちにくいメリット

オープンハウスで可能な海外の不動産投資ですが、なぜ日本で人気なのかについては、日本の不動産に比べて価格が落ちにくいという特徴があります。

日本では東京以外ほとんどの地域において人口減少が続き、物件の価格も毎年数パーセントと落ちる可能性がありますよね。

日本で不動産投資をしてしまうと、たとえ月々家賃が入ってきたとしても、それよりも物件価格が下落して含み損となってしまうリスクがあります。

これに対して海外不動産であれば、日本とは異なり価格が落ちにくいことから、数年後には大きな差が生まれているケースもあるでしょう。

不動産における出口戦略を考えても、アメリカの不動産投資はおすすめできると言えます。

オープンハウスで投資できるアメリカ不動産価格は上昇を続ける

投資をする上で不動産価格は必ずチェックする必要がありますよね。

日本における不動産価格は高止まりとなっている現状をご存じでしょうか。

また実は日本だけではなく、アメリカの不動産価格もさらに上昇を続けています。

コロナによるマイナスの影響は不動産価格になく、上がり続けている現実があります。

オープンハウスで投資できる米国不動産ですが、インカムゲインだけではなくキャピタルゲインも狙えると言えるでしょう。

日本の不動産投資に限界を感じている方や富裕層にも人気となっていますよね。

オープンハウスのアメリカ不動産投資のセミナー情報

続いて、オープンハウスのアメリカ不動産投資セミナーについて紹介します。

セミナーの開催概要

オープンハウスのセミナーは、東京・名古屋・大阪を中心に、オープンハウスのラウンジで随時開催しています。

オンラインでも合わせて開催されているので、時間の都合がつきにくい方や、遠方の方でも安心ですね。

詳しくはオープンハウス公式サイトをチェックしてください。

オープンハウスの会社情報まとめ

会社名株式会社オープンハウス
本社所在地渋谷区渋谷一丁目13番9号
代表取締役社長鎌田和彦
創業2021年4月1日
資本金1億円

「好立地、ぞくぞく」というCMコピーで有名な株式会社オープンハウスは、戸建て住宅のデベロッパーからマンションや投資事業、海外不動産投資事業を展開しています。

株式会社オープンハウスの評判・口コミ

株式会社オープンハウスの評判や口コミは良いのか、ツイッターを見てみましょう。

会社の業績は非常に良く、盤石な企業と言えます。

大手という安心感もありますよね。

まとめ

オープンハウスのアメリカ不動産投資について紹介しました。

アメリカ不動産は築年数を経てもメンテナンスがしっかりと行われ、内装も豪華で素晴らしい物件が多い点が魅力です。

海外不動産投資なら、物件購入・融資・賃貸管理・売却まで全てを任せることができる、オープンハウスのアメリカ不動産を検討してみましょう。

オープンハウスアメリカ不動産投資の公式サイトはこちら⇨

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトへ