年功序列や終身雇用の崩壊によって、将来に向けての資産形成の重要性が叫ばれる時代になりました。

株や投資信託、不動産投資など、これまで投資をしてこなかった層の人たちも、将来に向けて資産形成を始めています。

投資の中でも特に人気が高い「不動産投資」ですが、ある程度まとまった頭金が必要になることから、「自分にはできない」と思い込んでしまう方も多いです。

そんな中、少額からでも不動産投資を始められるとして人気を集めているのが、不動産投資型クラウドファンディングサービスの「OwnersBook」(オーナーズブック)です。

今回の記事では、OwnersBookの特徴や評判などについて、詳しくまとめていきます。

不動産投資に興味があり、少額からはじめてみたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

Ownersbookの公式サイトを見る⇨

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

またCOZUCHIは、初めて投資をした人を対象に、Amazonギフト券最大300,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施中です!

過去最大級のキャンペーンですが9月いっぱいで終了してしまうので、興味がある人は今のうちに投資家登録を済ませておくことをお勧めします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

OwnersBook(オーナーズブック)の2022年の評判・口コミはよい?累計投資額や会員数、リピート率は?最新情報

OwnersBookは日本の不動産投資型クラウドファンディングにおいて、最も早くにサービスを始めた1社です。

2014年9月からサービスを開始したOwnersBookは不動産投資型クラウドファンディング業界において豊富な実績を持ちますが、2022年時点での評判や規模、

  • OwnersBookの累計投資額が250億円を突破
  • OwnersBookの会員数が35,000名を突破
  • OwnersBookの投資リピート率は約8割

を見てみましょう。

OwnersBook(オーナーズブック)の累計投資額が311億円を突破

2022年9月時点でOwnersBookの累計投資額は311億円を突破しました。

2014年の開始当初はほとんど競合がいませんでしたが、今では毎月のように新しい不動産業者が不動産投資型クラウドファンディングに参入しているほど業界は活況です。

その中でも変わらず人気が高いということでしょう。

OwnersBook(オーナーズブック)の会員数は35,000名を突破

2020年時点でOwnersBookの会員数は35,000名を突破しました。

筆者ももちろん登録をしていますが、業界の発展に合わせてOwnersBookにも人が集まっていることが分かります。

OwnersBook(オーナーズブック)の投資申込リピート率は約8割

OwnersBookが公表している数字ですと、投資申込のリピート率は約8割ということです。

不動産投資型クラウドファンディングが日本で始まったころとは異なり、今ではサービス会社はいくらでもありますが、それでもリピートされているということは満足度が高いのでしょう。

実際にファンドが募集されるたびに倍率は何倍にもなるため、人気も安定性も申し分ないと言えます。

Ownersbookの公式サイトを見る⇨

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴・メリット5選

まず最初に、OwnersBookの5つのメリット、

  • 1万円からでも不動産投資を始められる
  • 投資対象を把握した上で投資するかどうかを判断できる
  • 投資家同士のコミュニティでコミュニケーションが取れる
  • 自分が許容できるリスクに応じた投資先を選ぶことができる
  • 運営会社の親会社が業績好調の上場企業

について、それぞれ紹介をしていきましょう。

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴・メリット1. 1万円からでも不動産投資を始められる

一般的に、不動産投資は数千万円単位の資金が必要になります。

数百万円の頭金を用意して、数千万円の融資を銀行から受けて、初めて投資を始められるケースが大半です。

しかしOwnersBookは、複数の投資家から出資金を募り不動産に投資をするので、少額からでも不動産投資を始められます。

引用: 少額からでもクラウドファンディングで不動産投資 OwnersBook

少額からでも投資を始められるため、余剰資金が少ない人でも投資を始められるのがメリットですね。

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴・メリット2.投資対象を把握した上で、投資するかどうかを判断できる

不動産投資型クラウドファンディングに似た仕組みとして、REIT(不動産投資信託)があります。

複数の投資家から資金を集めて不動産投資を行う点は同様ですが、「REIT」という商品として証券化しているため、具体的にどの不動産に投資しているのかを把握することはできません。

しかし、OwnersBookの場合は、投資する対象の不動産を事前にネット上で把握できるので、しっかりとリスクを検討した上で投資するかどうかを判断できます。

投資する不動産に対する情報も詳しく掲載されているのも嬉しいですね。

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴・メリット3.投資家同士のコミュニティでコミュニケーションが取れる

OwnersBookは投資家同士のコミュニティが存在するため、投資に関する情報交換を円滑に行えるメリットがあります。

  • 投資行動をリアルタイム通知でシェアする
  • 投資した案件のポートフォリオを共有する
  • 専門家の実績を参考にする

といったことが可能で、投資の幅を広げてくれる機能です。

個人同士のやりとりだけでなく、グループ内のコミュニティでもやり取りができるため、幅広い投資の知識を仕入れることができます。

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴・メリット4.自分が許容できるリスクに応じた投資先を選ぶことができる

OwnersBookは、シニアローンやメザニンローン、エクイティ投資など、幅広い投資先が用意されています。

人によって許容できるリスクは異なるため、自分が望むリターンとリスクのバランスを考えた上で、適切な投資先を選べるんです。

他の投資対象よりも自由度が高いのがメリットだと言えるでしょう。

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴・メリット5.運営会社の親会社が業績好調の上場企業

OwnersBookの運営会社である「ロードスターインベストメンツ株式会社」は東証プライム市場に上場している「ロードスターキャピタル株式会社」の完全子会社です。

上場企業が親会社であるため安定性に信頼がもてます。

さらに、ロードスターキャピタル株式会社の売り上げも安定しており、最新の21年12月期では22%の営業増益を見込んでいます。

クラウドファンディング事業のOwnersBookの伸びも見据えており、運営会社の倒産などの心配はほぼ要らない安心感がありますよね。

Ownersbookの公式サイトを見る⇨

OwnersBook(オーナーズブック)の注意点・デメリット

続いては、OwnersBookのデメリットやリスクについても説明をしていきます。

OwnersBook(オーナーズブック)の注意点・デメリット1.元本割れのリスク

OwnersBookに限ったものではありませんが、不動産投資型クラウドファンディングは、元本が保証されているものではありません。

予定されていた配当金がなくなるリスクだけでなく、最初に投資した元本よりも下がってしまうリスクも当然存在します。

そのため、生活資金を切り崩して投資に回すのではなく、あくまでも余剰資金で投資を行うことをおすすめします。

OwnersBook(オーナーズブック)の注意点・デメリット2.途中解約ができない

OwnersBookの案件に投資をすると、運用期間中の解約ができません。

つまり、何か急なトラブルがあってまとまった資金が必要になったとしても、OwnersBookに投資しているお金を途中で解約して引き出すことはできないということです。

このリスクに関しても、生活資金を切り崩すのではなく、あくまでも余剰資金の範囲内で行うようにすることで対策できます。

OwnersBook(オーナーズブック)を利用した人の口コミ・評判

ここからは、OwnersBookを利用した方や、利用しようとしている人の評判や口コミを、ツイッターからいくつか紹介しましょう。

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート①

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート②

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート③

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート④

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート⑤

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート⑥

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート⑦

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート⑧

OwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判ツイート⑨

OwnersBookの口コミを見ていると、「投資したいのに、なかなかできない!」という意見が数多く見られました。

それだけ人気が高いということと、投資対象になる案件を厳選しているが故に、案件が少ないことがわかります。

新しい案件の募集情報に常にアンテナを張って、余裕をもって応募することをおすすめします。

Ownersbookの公式サイトを見る⇨

OwnersBook(オーナーズブック)の登録方法を写真付きで解説!

それではここから、OwnersBookの会員登録方法について紹介をしていきます。

1.OwnersBookの公式サイトで「会員登録」をクリック

公式サイトの会員登録ボタンから会員登録を行います。

2.メールアドレスを入力する

メールアドレスをまずは入力して、会員登録します。

同意事項もあるので、その同意事項にもチェックするようにしてください。

また、以前はYahoo!IDやFacebookアカウントでも登録できていましたが、今はメールアドレスでの登録しかできなくなりました。

3.氏名やパスワードを入力し、「登録する」をクリックします

この後は個人情報の入力に進んでいきます。

画面が変わっていることがあるかもしれませんが、指示通りに進んでいけば問題ありません。

4.下記の画面になったら、メールの受信箱を確認し送られきたメールのURLをクリック

メールアドレスの確認を行うため、登録したアドレスにメールが送られてきます。

そのメールのURLをクリックして、登録作業を進めてください。

5.個人情報や投資経験について入力し、確認事項にチェックを入れる

ここからはさらに細かい個人情報を入力していきます。

これまでの投資経験や同意事項のチェックなどがありますが、順番通りに作業していけば問題ありません。

マイナンバーカードや後に本人確認もあるので、そういった本人確認に必要な書類は準備しておいた方がいいでしょう。

6.入力した情報に誤りがないか確認して、「次へ」をクリック

入力した情報が最後に出てきますので、確認して次に進みましょう。

7.指定の本人確認書類をアップロードして、「次へ」をクリック

本人確認書類のアップロードがあります。

指定の本人確認書類があるので、その書類をアップロードしましょう。

8.下記の画面になったら、ハガキが届くまで待つ

上記で手続きは完了です。

ハガキが届くまでしばらく待ちましょう。

投資家登録手続きが完了した後は、実際に案件に申し込むことができるようになります。

Ownersbookの公式サイトを見る⇨

OwnersBook(オーナーズブック)の運営会社情報

最後に、OwnersBookを運営する「ロードスターインベストメンツ株式会社」について紹介していきます。

ロードスターインベストメンツ株式会社はOwnersBookの運営に携わり、投資家の資金管理や案件募集業務を行っています。

ロードスターインベストメンツ株式会社の親会社は上場企業であるロードスターキャピタル株式会社であり、従業員数は70人を超え、2017年には東証プライム市場に上場を果たしました。

上場企業が親会社である点は安心感につながるのではないでしょうか。

OwnersBook(オーナーズブック)運営会社の親会社であるロードスターキャピタル株式会社は業績好調

ロードスターキャピタル株式会社は非常に業績が好調で、21年12月期は22%の営業増益となっています。

増配となり株価も上がっており、投資家からも好評ですよね。

運営会社の安定性は問題ないでしょう。

ロードスターインベストメンツ株式会社の会社概要

社名ロードスターインベストメンツ株式会社(英文名:Loadstar Investments K.K.)
本社所在地東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F
会社の設立日2019年8月30日
代表者代表取締役社長 成田 洋
免許・登録投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第3260号
宅地建物取引業 東京都知事(1)第104014号
総合不動産投資顧問業 国土交通大臣 総合 – 第164号
加入団体一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
主たる業務不動産にかかるアセットマネジメント事業、クラウドファンディング事業

引用:会社紹介 | ソーシャルレンディング・クラウドファンディングで不動産投資 OwnersBook

まとめ

今回の記事では、1万円から不動産投資を始められるOwnersBookについて紹介をしてきました。

小資本からでも不動産投資を始められるので、気軽に始めることができ、結果として投資の知識が身についていきます。

投資は元本に比例してリターンが大きくなりますから、最初のうちはわずかな利益しか得られないかもしれません。

しかし、小資本でも投資を始めてみることで、これまでは見えなかった視点や知識が付いていくはずです。

不動産投資型クラウドファンディングに興味をもたれた方は、OwnersBookの公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

Ownersbookの公式サイトを見る⇨

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

またCOZUCHIは、初めて投資をした人を対象に、Amazonギフト券最大300,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施中です!

過去最大級のキャンペーンですが9月いっぱいで終了してしまうので、興味がある人は今のうちに投資家登録を済ませておくことをお勧めします。

COZUCHIの公式サイトを見る