不動産事業者は、いわゆる「エンドユーザー」である顧客と同業他社のそれぞれについて営業をかけていきますが、すでに事業者と買いたいエンドユーザーのマッチングは、不動産サイトやアプリの登場で一般的なものになっています。

しかし、事業者と事業者の「横の繋がり」は電話などを利用した営業活動がメインであり、企業同士の出会い方は10年以上変化がないともいわれています。

そこで新たに「オーナーズガーデンPro」というサービスが登場しました。このサービスは営業担当者同士の出会いを可能にし、営業活動の効率化を目的としています。

ここでは、オーナーズガーデンProの特徴やメリット、デメリットについて詳しく紹介していきます。これから本サービスを利用したい方は、ぜひ参考にしてください。

オーナーズガーデンProとは?

「オーナーズガーデンPro」は、不動産営業を助けるサポートツールです。最短30秒で取引先を探せるアプリで、スマートフォン1台で新たな顧客との出会いや繋がりを手助けしてくれます。

営業方法が効率的になる

本サービスは、自分がニーズを掲載することで相手のニーズも把握でき、ミスマッチや時間のロスがなく的確に相手を探せる(相手からも探してもらえる)点にあります。

わずか30秒で横の繋がりが持てることはもちろん、営業方法が効率的になることも特徴的。以下に挙げる従来の営業方法と、オーナーズガーデンProのサービスを比較してみましょう。

テレアポやFAXを使った周知

電話やFAXを使い、他社の営業担当者に物件を扱っているかどうか聞くもので、もっとも一般的な方法です。ただし、どれほどニーズを周知しても取引相手が見つかるかどうかは不透明。大量に電話をかけても、1件も見つからないといったケースは珍しくありません。

オーナーズガーデンProなら、テレアポやFAXの送受信を行う手間・負担が一切かかりません。

業者間交流会

不動産を取り扱う会社の担当者同士が交流会を開き、そこで情報やニーズを交換するという方法です。直接他社の担当者と顔を合わせて話し合いができることがメリットですが、参加費がかかることや、一人と話し込んでしまい多くの出会いが求めづらい問題も。

オーナーズガーデンProを使えば、交流会に参加せずに最適な営業相手が見つかります。事前に担当者と出会っておき、後から交流会で顔合わせをすることも可能です。

知人と物件情報を交換

既存の取引先や取引先網を活用し、取引を行う方法です。営業の最終手段として活用される方法ですが、取引先の連絡網を活用できても100%成約に至るとは限りません。

オーナーズガーデンProなら、知り合いの取引先以外との出会いが継続的に可能になります。

上記の営業方法はいずれも「タイムロス」が悩みの種であり、費用がかかる点も問題となっていました。

しかしオーナーズガーデンProを使えば、時間と費用のロスをごく最小限にしながら、最適な担当者と出会えます。時間効率を優先したい方にとって、まさに最適なサービスといえるのではないでしょうか。

オーナーズガーデンProのメリット、特徴

ここからは、オーナーズガーデンProのメリットについて詳しくみていきます。

広く情報提供ができる

不動産業には、売買・賃貸・仲介のそれぞれについてマンション・戸建て・土地・区分・一棟・ビルなどに分けられており、営業担当者の立場も異なります。

大きな不動産会社になると、複数の営業担当者が業務を細分化して担当していることもあり、なかなか自社の求める相手が見つかりにくい部分も。

オーナーズガーデンProでは、まず自身のニーズを掲載することで営業担当者を的確に絞り込むことができます。一度求めている物件情報(ニーズ)を掲載すれば継続的に発信し続けられるので、すぐに相手が見つからなくても時間をおいてから最適な担当者と出会える可能性があります。

情報を届けたい営業担当者がいればチャット機能でダイレクトに連絡をとることも可能なので、既存の電話やFAXによる営業活動よりも効率です。

不動産営業の視点で開発されている

オーナーズガーデンプロの開発者は元不動産営業マンです。15年間にわたって物件の売買仲介・賃貸業務・リノベーション物件の仕入れ・収益物件の買取再販を手掛けてきました。

現役の営業マン時代に、不動産業者に求められていることを踏まえたうえで、アプリのユーザーとなる営業担当者の力になれるサービスを提供しています。

物件の詳細を入力する必要がない

オーナーズガーデンProは物件掲載を目的とするものではなく、物件検索サイトでもないものです。不動産業界の担当者同士が繋がることを真の目的としているため、物件の詳細情報を入力する必要はありません。

物件の詳細を知られるリスクがなく、物件そのものがインターネット上に出回ってしまう心配もないので、安心して利用できます。

宅建業者ではないため中立的な取引が可能

中立な取引を行ってもらえるように、オーナーズガーデンProでは宅建業として営業はしていません。

宅建業の免許を取得すると土地の売買や賃貸の仲介を行うことになりますが、健全なプラットフォームを提供しづらくなってしまう可能性があるため、運営元は「今後も宅建業に携わることはない」と明言しています。

オーナーズガーデンProの利用方法

オーナーズガーデンProの利用方法は会員登録とニーズの入力さえ行えばOK。検索機能やチャット機能を使って担当者との繋がりを持つことができます。

以下から、詳細な使い方を確認していきましょう。

会員登録

オーナーズガーデンProはスマートフォン専用アプリなので、インストールを行ってから会員登録を行います。10月末にサービス開始となりますが、事前登録が可能なので以下の公式サイトから登録だけでも行っておくと安心です。

要望・ニーズの登録

会員登録を終えたら、自身の要望・ニーズを掲載します。「買取を行いたい」「協力会社募集」など主題となる項目から、金額帯やエリア、物件種別を選択します。

他社の担当者がこの項目を確認するので、要望・ニーズは正確かつわかりやすく掲載するようにしましょう。相手側から連絡をもらえる可能性が高まります。

検索機能

次に、検索機能を使って相手を探しましょう。「物件種別」「都道府県」「売サイド/買サイド」「価格帯」「キーワード」からそれぞれ検索できるほか、複数の条件をつけて検索することもできます。

検索条件は専用のボタンから保存できるので、そのつど入力する必要がなく便利です。

検索結果のページには1社ずつ募集内容が掲示されていますが、「お気に入りに追加」ボタンからは、気になる営業担当者をチェックリストに入れておくことができます。

チャット機能

各社の募集欄には、「メッセージを送る」ボタンがあります。このボタンを押すとチャット専用ページに移動し、担当者に直接アポイントを取ることが可能に。

チャット内ではプロフィール画像の掲載やファイルの添付が可能なので、直接会わずとも安心感のあるやり取りができます。

チャットは電話やFAXが不要であり、交流会に行かなくても担当者同士がやり取りできるシステムです。アナログな手段だけではロスの大きかった部分をカバーできるので、ぜひこの機能も活用していきましょう。

オーナーズガーデンProのデメリット、注意点

オーナーズガーデンProのデメリット・注意点も詳しくみていきましょう。

アナログな方法も活用していく

不動産業界では従来、営業担当者が自分で営業をかけることで売買や仲介事業を進めてきました。

アプリが登場した後も、すぐに状況が変わるわけではないため、アプリだけで営業をかけるのはリスクが高いと考えられます。

従来通り交流会や電話、FAXなどを活用したり、既存の繋がりを使った活動も進めていく必要があります。

相手が見つかるまでに時間がかかる場合がある

オーナーズガーデンPro10月末に開始するサービスで、まだ知られて間もないものです。サービス開始直後は参入者がまだ少ないこともあり、すぐに求める相手が現れない可能性があります。

自社のニーズを掲載しておけば継続的に募集し続けられるので、マッチングまでにはある程度期間がかかるものと考えてください。

気になる相手が現れたら、相手からの連絡を待たずにチャット機能でコンタクトを取ることもできますので、スピーディに繋がりを持ちたい方はチャットを積極的に活用していきましょう。

物件情報を詳細に記入しない

オーナーズガーデンProは営業担当者同士をマッチングし、多くの出会いを求めるためのサービスです。ニーズが合えば担当者同士が引き合わせられますが、自身のページに物件情報を詳細に記入する必要はありません。

物件情報を細かく書いてしまうと、未公開物件の意味がなくなってしまうため要注意。相手の目に留まるように魅力的な情報を掲載したいところですが、詳細に記入する際には注意が必要です。

まとめ

不動産業界は他の業界に比べてIT化の遅れが顕著であり、インターネットを利用した効率化が問題となっていました。

しかし不動産業は人と人が出会い、信頼関係を築いて成り立つ部分が大きいため、自動化やSNSの活用に抵抗のある人も少なくないのが現状です。

しかし、ITを活用した営業は今やどの業界でも一般的に行われていることであり、不動産分野も例外ではありません。すでに不動産業界では、事業主とエンドユーザーがサイトでマッチングを行っていることもあり、今回のオーナーズガーデンProの登場によって、営業担当者同士のマッチングが現実のものとなりました。

「オーナーズガーデンPro」は新しい不動産営業の概念をもって、時間と費用のかかる営業活動をスピーディかつ活性化していきます。

自力では難しい出会いがインターネットを介して可能となり、さらに業務が効率化されていくと考えられるため、ぜひ営業の新たな手段として取り入れてみてはいかがでしょうか。