スマホで気軽に不動産投資ができるサービスとして注目を浴びているのが、ぽちぽちFUNDINGという不動産型クラウドファンディングです。

しかしながら、はじまったばかりのサービスのため、

  • ぽちぽちFUNDINGの評判や口コミが気になる
  • 具体的にどんなメリット・デメリットがあるのか
  • どのように利用すればよいのか

という点は気になるところですよね。

今回は、5つ以上の不動産投資クラウドファンディングを運用中の筆者の視点で、ぽちぽちFUNDINGの利用方法と評判・口コミから見えてきたメリット・デメリットについて解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング9選【2020年最新】

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミを紹介

始まったばかりのぽちぽちFUNDINGですが、投資家の人たちはどのような印象を持っているのでしょうか?

ネット上の感想や口コミを紹介していきます。

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート①

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート②

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート③

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート4

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート5

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート6

ぽちぽちFUNDINGの評判・口コミツイート7

ぽちぽちFUNDINGからハガキが届き、会員登録が完了しました!いつでも投資OK。 


ぶっちゃけ、信頼性、安全性が高いとは思わない。穴吹やRimpleに比べるとガクッと落ちる。

ただ、第1号案件だけは話が別です。安全性、利回りともにMax。 ってことで、第1号取りに行きます!

avatar
 
 

ぽちぽちファンディングなる新しい不動産投資型クラウドファンディングがスタート。

「またか。。」と思いきや、いつでも解約できたりとそれなりにメリットありそうなサービスです!!

とりあえず投資家登録だけはしておこうかな♪

avatar
 
 

ぽちぽちファンディングの審査が通って、無事に本人確認ハガキが届きました。

どんな案件が登場するのか、楽しみにしてます。

avatar
 

1号ファンドの条件に興味を示している投資家の方が多く見られましたし、実際に1号ファンドは一瞬で完売したそうですね。

すでに登録を済ませている方も多くいたので、応募したい人は余裕を持って会員登録を進めておくことをおすすめします。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

 ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴7選

ぽちぽちFUNDINGのメリットは以下の7点です。

  1. スマホの操作性が良い
  2. 高利回りが期待できる
  3. 優先劣後による投資家保護制度あり
  4. 1口1万円から投資ができる
  5. いつでも解約可能
  6. 応募は抽選方式
  7. セミナーや動画など学べるコンテンツを配信予定

     

具体的に解説していきます。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴1.スマホの操作性が良い

ぽちぽちFUNDINGはスマホの操作性が良いということがメリットとしてあげられます。

不動産投資型クラウドファンディングはWEB上で操作することを前提としているサービスが多いです。

そのため、スマホ上からは操作がしにくいという問題点がありました。

しかしながら、ぽちぽちFUNDINGはスマホユーザーを対象としていますので、スマホの操作性が良いという特徴があります。

スマホ1台で簡単に操作できるので、いつでも・どこでも投資ができます。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴2.高利回りが期待できる

不動産投資クラウドファンディングの中でも高い利回りを期待できます。

投資先を主にリノベーションされた古くなった家屋や空き家にしているためです。

不動産投資クラウドファンディングでは新築物件を投資対象としており、利回りが期待できない案件しかないということは少なくありません。

築年数が古い物件や空き家というのは不動産の中でも安価な価格帯で取得できます。

そのため、しっかり入居してもらえれば、新築よりも遥かに高い利回りとなります。

また、投資する地域や物件によっては自治体から補助金が出るというケースも珍しくありません。

取得価格が安いことや補助金が出る可能性があることから高い利回りを期待できる投資ファンドといえるでしょう。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴3.優先劣後による投資家保護制度あり

優先劣後による投資保護制度があります。

優先劣後とは簡単に説明すると投資先に損失が出た場合、ファンド運営会社が先に損失をうけるということです。

そのため、損失金額が優先劣後の範囲内であれば、投資家は損失をうけていても被害をうけることはありません。

投資家の安全性に配慮されたサービスといえるでしょう。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴4.11万円から投資ができる

11万円から投資ができるので、気軽に不動産投資をすることができます。

不動産は価格が高額のため、取得するには多額の資金を必要とします。

不動産投資では少なくても数百万円以上、場合によっては数千万、数億以上の資金が必要となるケースも珍しくありません。

また、不動産投資クラウドファンディングでも15万円や10万円と一定の資金を必要とするケースも数多くあります。

一方でぽちぽちFUNDINGは最低投資口数が1万円となっており、安価で不動産投資をはじめられます。

大きな資金で投資したくない、気軽に不動産投資したいという方におすすめできるサービスといえるでしょう。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴5.いつでも解約可能

一般的な不動産投資クラウドファンディングは、一度入金をしたら、運用が終了するまで資金を動かすことができません。

余剰資金を投資に回している人はあまり影響がないと思いますが、あまり余裕がない状況で投資をしている人にとっては、緊急で資金が必要になった場合に解約できるのは大きなメリットでしょう。

解約の際に手数料はかかってしまいますが、その点を踏まえても大きなメリットと言えるでしょう。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴6. 応募は抽選方式

不動産投資クラウドファンディングはあまりに人気のためファンドの募集があっても1分以内で完売することが多々あります。

募集開始時刻から数秒でも遅れるとクリック合戦に負けてしまうこともあるため、苦手な人はいつまでたっても投資が始められない事態にもなりますよね。

多くのクラウドファンディングが先着順となっていますが、ぽちぽちファンディングは珍しく抽選方式のため今まで応募できなかった人にもチャンスがあります。

クラウドファンディングの中で新しいサービスであり他社にないメリットを意識しているのだと思われます。

ぽちぽちFUNDINGのメリット・特徴7. セミナーや動画など学べるコンテンツを配信予定

ぽちぽちファンディングはこれからのサービスであり未知数な部分もありますが、セミナーや動画など学べるコンテンツの配信に力を入れていくようです。

クラウドファンディングとして後発なため先行しているサービス会社にない特徴を意識しているのでしょう。

クラウドファンディングと言っても不動産投資であり、知識が全くないまま出資をするのはとても危険です。

学びながら投資もできるサービスが拡充してくれば大きなメリットになるのではないでしょうか。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

ぽちぽちFUNDINGのデメリット2

ぽちぽちFUNDINGのデメリットは下記の2点です。

  1. サービスがリリースしたばかりなので、未知数の部分が多い
  2. 元本割れする可能性がある

具体的に解説していきます。

ぽちぽちFUNDINGのデメリット1サービスがリリースしたばかりなので、未知数の部分が多い

サービスがリリースして間もないため、実績がありません。

そのため、未知数の部分が多いというのは注意点として挙げられるでしょう。

サイトオープン・出資者登録開始が令和2年8月3日からでした。

ファンド募集・結果もまだ出ていません。

しっかり利益を出すことができるのか不安に思う人も少なくないでしょう。

しかしながら、事業者であるアイディ株式会社は創業50年を超えており、今までも投資用不動産の建築や販売をしていた老舗企業です。

リーマンショックや東日本大震災などの危機的状況を乗り切っていますので、安心できる投資先には間違いないでしょう。

ぽちぽちFUNDINGのデメリット2元本割れする可能性がある

ぽちぽちFUNDINGは不動産投資クラウドファンディングの一つです。

元本割れする可能性はゼロではありません。

一定のリスクはあるということは必ず認識した上で投資することをおすすめします。

しかしながら、ぽちぽちFUNDINGは優先劣後による投資家保護制度があります。

そのため、一般的な不動産投資クラウドファンディングよりもリスクは低めといえるでしょう。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

ぽちぽちFUNDINGをおすすめしたい人の特徴

ぽちぽちFUNDINGをおすすめしたい人は下記の通りです。

  • 不動産投資初心者の人
  • 高い利回りを期待している人

1万円から不動産投資できるので、少額からはじめられる初心者向けのサービスです。

優先劣後による投資家保護制度もあるので、安全性も比較的高いといえるでしょう。

一方で、古家や空き家を投資対象としているので、高い利回りにも期待できます。

収益性を重視した高利回り狙いの投資をしている方におすすめのサービスです。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

ぽちぽちFUNDINGは投資リスクを大幅に抑えられる優先劣後方式を導入

ぽちぽちFUNDINGは運営会社のアイディ株式会社も出資をする「優先劣後システム」という、投資家には非常に有利な共同出資方法を導入しています。

優先劣後システムとは、投資をする不動産物件に対して、私たち一般の投資家だけではなく運営会社のアイディ株式会社も共同出資をする構造です。

そのためアイディ株式会社も共同出資によって投資家と一緒にリスクを負うため(損をするリスクは彼らの方が取る)、投資先の不動産物件選定にはより慎重になるわけですし、投資家としては目利きや専門性について安心材料にもなりますよね。

ぽちぽちFUNDINGと利害が一致する共同出資

この共同出資の仕組みと対照的な例が証券会社で、投資家が株式トレードで利益を得ようが損をしようが、証券会社は手数料が入ってくることが目的なのです。(証券会社の収入は売買手数料)

そのため証券会社はどんな状況でも常に売買を推奨し、その株式をそのまま信用して売買することはおすすめできず、たとえ投資家が大損しようが証券会社は儲かってしまうので利害は矛盾しています。

良い悪いではなくビジネスモデルが違うわけですよね。

一方でぽちぽちFUNDINGのアイディ株式会社は投資家以上のリスクを負うわけですので、利害が一致しており、投資先の信頼性が高まると言えるでしょう。

ぽちぽちFUNDINGの優先劣後システムは運営会社が投資家の元本と利回りまで保護

優先劣後システムは投資家にとってプラスでしかなく、万が一家賃収入が減る、または不動産価格の下落が起きて収益が落ちたとしても、ぽちぽちFUNDINGの出資割合分の全てが無くなるまで投資家の元本は一切損をしません。

この点でも優先劣後システムは投資家にとって非常に大きなメリットとなりますし、特記すべき点はこの仕組みによって投資家の元本だけではなくなんと利回り分まで保護されるのです。

株式投資や従来の不動産投資には存在しない、他の投資と比べても珍しいほど独特なシステムですよね。

このようにぽちぽちFUNDINGでは、不動産物件の選定から運用管理、資金調達、買付から売却、投資のリスク対策まで、投資家にとってはほったらかしというラクな条件にも関わらず、とても有利な投資が可能だと言えるでしょう。

この優先劣後システムによってぽちぽちFUNDINGで元本割れが起きる確率はかなり低いと考えられるため、投資リスクを低く抑えた投資としておすすめできるのです。

ぽちぽちFUNDINGは運営会社に守られながら投資できると言えますよね。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

ぽちぽちFUNDINGの不動産投資クラウドファンディングは他の投資と比べてもリスクが低い

 

ぽちぽちFUNDINGの投資については、なぜ数ある投資の中で不動産投資クラウドファンディングがおすすめなのか?、株式投資の方がよいのでは?といったそもそもの意見も聞かれますよね。

株式投資も10年以上実施している筆者が、なぜ不動産投資クラウドファンディングなのかという疑問にもお答えいたします。

ぽちぽちFUNDINGの不動産投資クラウドファンディングは外部要因に影響されにくい

ぽちぽちFUNDINGの不動産投資クラウドファンディングがなぜリスクが低いと言えるか、他の投資よりおすすめできるのかについては、損をする要因が限られているからと回答できます。

よく比べられる株式投資であれば、どれだけあなたが投資先を調べて、実際に企業の業績がよかったとしても、期待よりは下であることや、競合他社との比較、政治状況、現在であればコロナウイルス、または国際問題など、個々の企業ではどうにもならない要因によって損をすることや暴落することすらあります。

外部要因の影響を否応なしに受けてしまうため株はリスクが高くなってしまい、もちろんその外部要因によって勝手に儲かることもありますが、間違いなくハイリスクハイリターン型です。

ぽちぽちFUNDINGの不動産投資クラウドファンディングは投資物件だけを考えればよい

一方でぽちぽちFUNDINGの不動産投資クラウドファンディングについては、投資先の不動産物件がきちんと運用されれて収益を上げればよいわけです。

投資先の物件についてもしっかりとプロの運営会社がスクリーニングをしていますし、それに加えて優先劣後システムまで導入しているわけですよね。

個別企業ではどうにもならない外部要因にはほとんど影響されず、投資物件さえ予定通り上手くいけばよいため、非常に高確率で儲かるわけです。

ぽちぽちFUNDINGの不動産投資クラウドファンディングはその中でも安全性が高く、総合的にもおすすめできると言えるでしょう。

不動産投資クラウドファンディングだけでも、株式投資だけでも分からないメリットを、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

ぽちぽちFUNDINGを始めるステップを紹介

ぽちぽちFUNDINGの始め方を紹介します。

会員登録は下記の流れです。

1.ぽちぽちFUNDINGにアクセスし、メールアドレスを入力して仮会員登録をする

2.メールアドレス宛に届いたURLから出資情報登録をする

3.本人確認書類をアップロードする

4.本人確認用のハガキを受け取り、記載されている本人確認IDを会員ページで入力

会員登録の手続きは以上です。

また、実際に出資を応募するときは下記の流れとなります。

  1. 出資したいプロジェクトを選択し、応募
  2. 人気の高い場合は抽選
  3. 投資した場合は入金する
  4. 運用開始

一般的な不動産投資クラウドファンディングと流れは変わりません。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

ぽちぽちFUNDINGの運営会社情報

ぽちぽちFUNDINGの運営会社はアイディ株式会社です。

アイディ株式会社は上場していないものの、昭和44年に設立された老舗の企業ですから、安心して投資ができます。

不動産の売買や賃貸の仲介、リフォームや設計、コンサルティングなど非常に幅広いサービスを展開している総合不動産会社です。

アイディ株式会社の会社概要

会社名

アイディ株式会社

創立

昭和444

上場区分

未上場

所在地

140-0011 

東京都品川区東大井2-13-8 ケイヒン東大井ビル 10

TEL

TEL : 03-5767-0121

事業内容

・不動産の売買・交換・賃貸借及びその仲介並びに所有・管理及び利用

・住宅リフォーム、室内装飾の設計・監理・施工及び請負

・木造及び鉄筋コンクリート造、鉄骨造建築の設計・監理・施工及び請負

・不動産特定共同事業

まとめ

今回はぽちぽちファンディングの利用方法とメリット・デメリットについて解説していきました。

ポイントは下記の通りです。

  1. ぽちぽちファンディングはスマホで1万円から投資できるクラウドファンディング
  2. 古家や空き家のリノベーション物件を対象としているため、利回りに期待できる
  3. 優先劣後による投資家保護制度がある
  4. サービスが開始されてから間もないため、実績はない
  5. 不動産投資初心者や、高利回り狙いの方におすすめ

ぽちぽちファンディングを運営しているアイディ株式会社は老舗の実績がある企業です。

サービスが開始されてから日は浅いものの実績は十分です。

サービス内容が気になる方はぜひ登録してみてください。

ぽちぽちFundingの公式サイトを見る

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨