Qriolockは、新しい時代を感じさせるデバイスとして人気です。

自宅の鍵を持つことなく、スマートフォンで気軽にロックの解施錠できる点が魅力的ですが、実際に使用されている方はどのような感想を抱いているのでしょうか?

ここでは、Qriolockのリアルな評判や口コミ、そしてQriolockのメリットやデメリットについて詳しく解説します。

関連記事⇨【決定版】スマートロックおすすめ比較ランキングTOP6を厳選!賃貸用・家用も紹介

Qriolock(キュリオロック)の評判・口コミまとめ

Qriolockは、革新的なテクノロジーを採用しているデバイスです。

近未来な雰囲気を実感できるデバイスでありますが、実際の使用感などがとても気になるものです。

実際にQriolockを使用されている方の評判や口コミとしては、次のようなものがあります。

  • 「お散歩バッグやリードを持ったり、抱っこしたり、ペットカートがあるときに手を離さず解錠できるのがとても便利です」
    →特に小さなお子様を抱えている方にとっては、手がなかなか離せないものです。
    そこで、Qriolockを導入することで簡単に解施錠できるのが評判となっています。
  • 「登録したデバイスが玄関に近づくだけでBluetoothで勝手に開錠でき、扉の開閉を認識して玄関が閉まる度にオートロック可能。
    複数デバイス登録可能であり家族とも共有できてログも残るのが便利」
    →近づくだけでBluetooth通信によって解錠できるのはとても便利です。
    また、地味ながらもログが残るという機能も評価されていますね。
  • 「ハンズフリー解錠がスムーズに開く時と開かない時がある。
    電波や電池の問題なのかわからないけど、ハンズフリーできなくてもスマホひとつで開くから今までの鍵よりは便利です」
    →まだ完璧なデバイスではなく、細かな不具合があります。
    それでも、便利であることには変わりありません。
  • 「宅配の人が来て廊下へ身を乗り出したら、うっかりドアが閉まって開錠できなくなった!」
    →1人で使用する分にはとても便利ですが、来客があるなど複数人で使用する場合にはトラブルが発生しがちなのも事実ですね。
  • 「動作しないぐらいなら良いけど、夜中に突然鍵が開いたりするのには参る」
    →セキュリティ面では少し問題がありますね。
    デバイス側というよりはソフト側の問題でもあるので、早急に改善が望まれます。

以上のように、スマートフォンなどで手軽に解施錠できるという点が評価されている反面、まだまだ改良の余地があるデバイスがQriolockです。

Qriolock(キュリオロック)の5つのメリット・強み

Qriolockには、主に5つのメリットがあります。

具体的なメリットとしては、次が挙げられます。

ハンズフリーで解錠できる

Qriolockでは、ハンズフリーで解錠できる点が評価されています。

例えば、お買い物にでかけて両手に多くの荷物を抱えている時に、鍵を取り出して解錠するためには一度荷物を置いて行う必要があります。

かなり手間な作業ですが、Qriolockの場合はBluetooth通信によってドアに近づくだけで自動的に解錠してくれるのです。

もちろん、解錠するためにはスマートフォンを常に持ち歩かなければならないのですが、操作する必要はなくポケットやバッグに収納しておいても解錠可能です。

毎日の帰宅時に不便に感じることを解消できる、とても便利なデバイスですね。

オートロック機能がある

自宅にいる際にも、常に施錠しているという方が多くいます。

ただ、オートロック式でない場合は、都度施錠しなければなりません。

Qriolockでは、付属するドアセンサーによってドアの開閉状態を正しく感知して、ドアがしまった瞬間にオートロックをかける機能があります。

センサーによって、ドアが半開きの状態であれば開扉状態と認識し、完全にドアが閉じなければ閉扉と認識されることがない仕組みとなっています。

よって、半開きの状態でオートロック動作がかかることがないので、確実なロックが可能です。

オートロックで不便なのが、ちょっとした外出時です。

ゴミ捨てなど短時間の外出をしたい場合は、オートロック一時停止機能を利用できます。

つまみを解錠→施錠→解錠の順で回すことで、本機のLEDが緑に光ってブザー音が鳴り一時停止できます。

これで、ちょっとした外出も容易に行えるのが良いですね。

合鍵が共有できる

一人暮らしであれば意識する必要がありませんが、家族がいるご家庭の場合は複数の鍵が必要です。

Qriolockでは、鍵をアプリ上で複数人に共有することができます。

スマートフォンとアプリがあるだけで共有できるので、非常に便利です。

これは家族だけでなく、知人にも共有化可能となっています。

一度作成した鍵はすぐに削除可能ですので、一時的に共有するということもできます。

鍵は、以下の種類がありそれぞれのステータスに応じて使い分け可能です。

  • マスターキー:ロックを登録する管理者で、ロックや合カギのすべての設定が可能
  • ファミリーキー:いつでもロックを操作できる合カギで、ご家族への共有に最適
  • ゲストキー:一時的に発行する合カギで、利用時間を制限したいときに最適

鍵については、子供などスマートフォンを所有していない方向けにQrio Keyというリモコンキーが用意されている点も評価できます。

Qrio Hubに接続すれば外出先でリモート操作できる

Qriolock のオプションとして、Qrio Hubというコントローラーを導入可能です。

Qrio Hubは、WiFiで接続してQriolockに対して解施錠を操作できます。

よって、外出先でQrio Hub を介してQriolockを操作できるのです。

出かけた後に施錠し忘れた!などの時でも、遠隔操作でスマートに施錠することができますよ。

利用ログをチェックできる

Qriolockにおいて操作した履歴は、全てスマートフォンに通知されます。

よって、全く身に覚えがない履歴がある場合、犯罪に巻き込まれている可能性があることを把握できます。

また、家族の外出や帰宅したことをチェックすることもできてとても便利な機能です。

取り付けがとても簡単

Qriolockは、ドアに対して特殊な加工などは不要です。

付属のオプションパーツによって、さまざまなサムターンに対応しています。

プッシュプルタイプのドアであっても、1ドア2ロック機能を使って解施錠することができます。

ドアノブ付きタイプと呼ばれる、ノブ上タイプとサムターンに埋まっているタイプには取り付けできないのですが、殆どのドアに取り付け可能なのが良いですね。

剥がれにくく、後残りしにくい両面テープで接着するので、賃貸住宅でも安心です。

実際に取り付けることができるかどうかを確認できる、ペーパークラフトを無料で利用できるのも良い点です。

デザイン的にとてもしゃれで、違和感なく取り付けることができます。

Qriolock(キュリオロック)の3つのデメリット・注意点

非常に便利なQriolockですが、以下のデメリットがありますので、導入時には考慮すべきです。

本体が電池式で定期的に交換が必要

Qriolockは、バッテリー式ではなく電池駆動方式を採用しています。

これは、ドア周りに電源が近くにないためにこのような設計になっているのですが、定期的に電池交換が必要となるのです。

また、電池もCR123Aというリチウムバッテリーが必要であり、入手しなければならないのが難点です。

通常約180日稼働するのですが、面倒であることには違いありません。

開錠の動作が遅い

Qriolockは、開錠の動作が若干遅めに設定されています。

これは、鍵を確実に開けるため、そして搭載しているモーターの性能によるところが大きいのですが、若干ではあるもののドアの前で待たされる点に不満を感じる方も多いです。

ネットワークの不具合で使用できなくなる

Qriolockは、WiFiやBluetoothなどの通信で動作します。

ただ、ネットワークの不具合によって、解施錠の指示をスマートフォンで行っても正しく作動しないリスクがあります。

施錠が効かないならまだしも、解錠できないとなると帰宅しても家に入れないなどのトラブルに巻き込まれてしまうのです。

Qriolock(キュリオロック)を利用するためのステップを紹介

実際にQriolockを利用するためのステップを紹介します。

購入前に設置場所に適合するかをチェックする

購入する前に、サムターンのタイプがQriolockに適合するかどうかを確認してください。

また、原寸大ペーパークラフトで取付検証を行ってから購入するようにしましょう。

取り付け

購入したら、実際にドアにQriolockを取り付けます。

鍵の部分をしっかりとホールドするようにして取り付けて、ドア部分に両面テープでしっかり固定してください。

アプリのセットアップ

Qriolockアプリをダウンロードします。

Qriolockは、AndroidとiOSに対応しています。

ダウンロードしたら、スマートフォンのBluetoothとGPSをONにしておきます。

アプリをインストールしたら、表示されるガイドに従って設定してください。

Qriolockを利用するためにはアカウント作成が必須となるので、アカウントを作成します。

そして、ガイダンスに従ってロック設定でハンズフリー解錠とオートロックなどの基本設定を完了させれば利用開始できます。

もし、Qrio Hubなどのオプションを導入する場合は、同時に設定することをおすすめします。

Qriolock(キュリオロック)の運営会社情報

Qriolock を運営しているのは、Qrio株式会社です。

日々の課題や困りごとを解決して、便利で楽しい世の中を実現するサービスを提供することを目指した会社です。

モノと日常をインターネットの力で結びつけて、楽しく快適な未来を創り上げることに信念を置いています。

その一環が、Qriolockということになります。

ソニーの子会社ということもあって、クリエイティブなアイテムを次々と提供しており、世間からも注目されているのです。

Qriolockだけでなく、忘れ物防止スマートタグ「Qrio Smart Tag」や、見守りサービス「Qrio ただいまキット」なども手掛けており、魅力的なサービスを多く提供している会社です。

Qriolockの会社概要

会社概要は以下となります。

社名Qrio株式会社
本社所在地〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-3-4 東新産業ビル3F
設立2014年12月12日
資本金1億円
事業内容IoT製品の開発・製造・販売等及びその運営サービスの提供

まとめ

Qriolockは、面倒に感じる解施錠をスマートに行える魅力的なデバイスです。

不具合も多数あるのですが、日々改善が進んでおりより使いやすいデバイスに進化しています。

評判も良いQriolockは、ぜひ導入したいデバイスですね!

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。