筆者と同じく事業をやられている方はローンを検討する機会も多いですよね。

少額で一時的ならばカードローンでも大差ないかもしれませんが、事業資金としてまとまった融資を考えている場合は金利や期間も非常に重要となります。

ここでは不動産を所有している方はぜひ利用すべき不動産担保ローンについてご説明いたします。

事業資金にも使えるのか、他のローンと比較したメリットとデメリットまで解説しますので参考にしてみてください。

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは名前の通り不動産を担保にしてローンを組む方法です。

マンションだけではなく土地や様々な建物も担保にできます。

特徴として本人が所有している不動産だけではなく、家族や法人が名義となっている不動産も担保にできる場合があります。

さらには購入予定の不動産を担保とするスキームも可能で、この場合は金融機関、司法書士、売主、買主などが同時に手続きを進めます。

不動産担保ローンは幅が広く金額が大きいローンと言えるでしょう。

不動産担保ローンは事業資金にも使える?

不動産担保ローンは一般的には資金を自由に使える「資金使途自由」に該当します。

法人や個人事業向けとして融資を申し込んだ場合は、使途が事業資金に限られる可能性が高いですが、どちらにしても事業資金に使うことができるので問題ないでしょう。

不動産担保ローンは事業資金に適していると言えます。

不動産担保ローンと他のローンの違い

不動産担保ローンと、無担保であるフリーローン(カードローン)やビジネスローンとの違いを比較しましょう。

不動産担保ローンは金利が低い

不動産担保ローンのメリットはフリーローンよりも金利が低いことです。

不動産を担保にしないローンは年利15%など高金利になってしまいますが、不動産を担保にすることで安ければ5%以下、高くても10%ほどに金利を抑えられます。

事業用に使うこともできますので、担保にできる不動産がある方は不動産担保ローンが扱える金融機関に相談することをおすすめします。

不動産担保ローンならば1000万円以上の融資も可能

不動産担保ローンは他のローンに比べて大きな金額を借入できるメリットもあります。

事業用として1000万円を超えて借りたい方は、金利の低さを考えても不動産担保ローンがおすすめできますよね。

不動産担保ローンは審査に時間がかかる場合がある

不動産担保ローンは他のローンに比べて時間がかかることはデメリットでしょう。

担保の審査を挟みますので今すぐにでも借りたい方には条件が合わない場合があります。

不動産担保ローンでも即日可としている業者は数社のみ存在しますが、通常は早くても数日はかかってしまうでしょう。

おすすめの不動産担保ローン

不動産担保ローンは扱っている金融機関が限られることや、金利に幅がありますし、振り込みまでに時間がかかる業者もあります。

ここでは総合的なスペックを考慮した上で、おすすめできる不動産担保ローン業者のみご紹介します。

おすすめの不動産担保ローン1 日宝

日宝の不動産担保ローンの特徴一覧

貸付利率(実質年率)

年利4.0%~9.9%

遅延損害金(実質年率)

年20%

契約限度額又は貸付金額

50万円~5億円

返済方式、返済期間及び返済回数

・元利均等返済・元金一括返済・元金自由返済

・1ヶ月~30年

担保

土地・建物に根抵当権設定。

連帯保証人

原則不要だが担保提供者の連帯保証が必要。

資金使途

自由 

日宝は総合スペックが高い筆者イチオシの業者です。

金利は最大でも10%未満と不動産担保ローンならではの安い水準ですよね。

何より最短即日融資を可能としている数少ない一社であり、即日は無理だとしてもスピードの速さは間違いなく特徴です。

評判もたくさん確認しましたが審査が甘く、属性が悪くても借りられた方もいてどなたにでもおすすめできるでしょう。

日宝の会社概要

社名

日宝

所在地

〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目20番15号 和田ビル6階

TEL

03 (3496) 3571

許可番号

東京都知事(11)第04793号
日本貸金業協会会員第000978号

日宝の公式サイトはこちら⇒

おすすめの不動産担保ローン2 つばさコーポレーション

つばさコーポレーションの不動産担保ローンの特徴一覧

貸付利率(実質年率)

4%から15%

※「不動産スーパーサポートローン」の条件が合えば3.8%から7.8%

遅延損害金(実質年率)

年20.0%以内

契約限度額又は貸付金額

要相談

返済方式、返済期間及び返済回数

・元金一括返済、元利均等返済、元金自由返済

・最長30年

・1回~360回

担保

不動産

連帯保証人

連帯保証人を必要とする場合もあり

火災保険

抵当建物の火災保険金請求権等に質権設定をする場合がある 

つばさコーポレーションは金利、スピード、審査の甘さと総合的にスペックの高い不動産担保ローンを提供しています。

人気が高いため過去には名前を使われて詐欺事件が起きたこともあります。

フリーローンよりも間違いなく安く借りられるため不動産を担保にできる方はぜひおすすめです。

正式な業者のリンクを下記に貼っておきますのでご注意ください。

株式会社つばさコーポレーションの会社概要

社名

株式会社つばさコーポレーション

設立

平成21年3月

所在地

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-6ワールド宇田川ビル7階

資本金

6000万円

許可番号

東京都知事(4)第31325号号

つばさコーポレーションの公式サイトはこちら⇒

おすすめの不動産担保ローン3 総合マネージメントサービス

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴一覧

貸付利率(実質年率)

年利3.4%~9.8%

遅延損害金(実質年率)

年20.0%

契約限度額又は貸付金額

30万円~5億円(5億以上要相談)

返済方式、返済期間及び返済回数

・元利均等・自由返済・一括返済・ボーナス併用返済等

・最長35年(1回~420回)

担保

対象物件に抵当権、根抵当権設定。
物件については火災保険に質権を設定。
何番順位でも可。

連帯保証人

原則として不要

融資迄

最短3日(但し物件状況、融資の条件により更に日数を必要とする場合もある)
(所有権・底地・借地・担保提供・共有持分可能) 

総合マネージメントサービスも金利の低さ、借りられる金額の大きさ、最短3日のスピードと、欠点のないおすすめ不動産担保ローンです。

特に契約金額が最大5億円やそれ以上も相談可としている業者はほぼないでしょう。

まとまった資金を借りたい事業者の方におすすめの、総合力の高い不動産担保ローンです。

株式会社総合マネージメントサービスの会社概要

社名

株式会社総合マネージメントサービス

設立

2002年2月

所在地

103-0027
東京都中央区日本橋3-6-13 アベビルディング3F

資本金

8,400万

許可番号

日本貸金業協会会員第003672号
東京都知事(7)第25131号
(社)東京都宅地建物取引業協会 東京都知事(4)第81043号

業務内容

不動産担保ローンの貸付業務
不動産の総合ファインナンス
不動産の売買・仲介
不動産のコンサルティング業務
不動産投資信託
建設・内装業務

総合マネージメントサービスの公式サイトはこちら⇒

まとめ

不動産担保ローンは無担保のローンよりも金利が低く、借りられる金額が大きい特徴があります。

資金の使い道は原則自由で、まとまった資金を低い金利で借りたい事業者に適していると言えるでしょう。

振込までに時間がかかる傾向がありますが、最短即日から数日で実行可としている業者も複数あります。

評判まで調べて審査が甘い数社をご紹介していますので参考にしてみてください。