顧客とのやり取りを行う際、誰がどのメールに対応したのかを把握することは難しいですよね。

重要な連絡が来ていたにも関わらず、 誰も対応していないこともあれば、そもそもどのメッセージを誰が対応すべきか明確でないケースも多いはずです。

そんな悩みを持つ人たちにオススメしたいサービスがRe:lationです。

Re:lationは、 LINE やメール、チャットなどの複数のコミュニケーションツールを、一つにまとめてクラウドで管理することができるサービスです。

すでに1820社以上の企業が導入しており、そのうちなんと99.9%が継続的に利用しているという驚きの数字を残しています。

利用している企業には、洋服の青山や京セラ、富士薬品や dmm . comなど全国的に展開している大企業も名を連ねています。

今回は、そんな革新的なサービスであるRe:lationについて詳しく解説していきます.

是非参考にしてみてください。

Re:lationの公式サイトはこちら⇨

Re:lationの特徴・メリット

それではここから、Re:lationの特徴やメリットについて解説していきます。

具体的な特徴・メリットは以下の6つ。

  1. すべてのコミュニケーションツールのやり取りを一つにまとめられる
  2. 問い合わせの対応、未対応を明確にすることで対応漏れをなくせる
  3. 複数人が同じメッセージに返信することを防げる
  4. ラベルをつけてメッセージの内容を区分できる
  5. PCやスマホなどすべてのデバイスで利用できる
  6. 事前予約でメールの送信時間を決められる

それぞれ紹介していきます。

①すべてのコミュニケーションツールのやり取りを一つにまとめられる

Re:lationの一番の特徴は、メールや LINE 電話や Twitter チャットなど複数のコミュニケーションツールのやり取りを一つにまとめられる点です。

ただやり取りを一括で管理できるだけでなく、問い合わせデータの集計や分析等に活かすこともできます。

②対応、未対応をわけることで対応漏れをなくす

Re:lationは、「未対応」や「対応完了」、「対応不要」などのフォルダが用意されています。

メッセージに返信をするまでは「未対応」のフォルダに残り続けるので、返信忘れのミスが無くなります。

③複数人が同じメッセージに返信することを防げる

Re:lationは、メッセージに返答した人のアイコンをつけることができる機能があります。

どのメッセージを、誰が対応したのかということが一目でわかるようになっているので、メンバー間の意思共有が円滑になります。

④ラベルをつけてメッセージの内容を区分

それぞれのメッセージのやりとりにラベルを付けることができるため、どのメッセージが何に関するやり取りなのかが一目でわかるようになります。

また一つのメッセージにつき複数のラベルをつけることができるため、より細かく区分できるのもメリットです。

⑤PCやスマホなどすべてのデバイスで登録できる

Re:lationのもう一つの良い点が、 PC や iPad でもやり取りを確認できる点です。

クラウドで情報を共有しているため、インターネットに接続できる環境さえあればメッセージの確認をすることも出来ますし、こちらから送信することも可能です。

特に複雑な設定等もない点がうれしいですね。

⑥事前予約でメールの送信時間を決められる

Re:lationを活用すると、特定のお客様に連絡を送りたい時間を事前に決めておくことで予約送信を行うことも可能です。

今すぐにメッセージを送ってしまうのが失礼にあたる時間帯であっても、適切な時間にメッセージが自動で送信されるような設定ができます。

Re:lationの注意点・デメリット

続いては、Re:lationを利用する場合のデメリット・注意点いついても話をしておきます。

①最低の契約期間が3か月であること

Re:lationの最低の契約期間は3ヶ月です。

3ヶ月以降であればいつでも解約することができ、 解約は書面で通知を出して、Re:lationが解約届を受け取った月の末に解約される形になります。

②解約時のデータはテキストのみ

Re:lationを解約する際、それまでのやり取りの履歴をテキストベースであれば残すことができます。

ただしやり取りの中で添付されていた資料については取得できません。

解約の前段階で、事前に必要な添付資料をダウンロードして、手元に置いておくようにしましょう。

Re:lationの料金プラン

Re:lationは、大きく分けて下記の2つの料金プランがあります。

  1. フリープラン
  2. 有料プラン

完全に無料で使い続けることができるフリープランは、Re:lationを共有できるユーザーが3名まで、送信権限があるのはそのうちの一人のユーザーのみです。

有料プランは、最初の20日間無料でお試しすることができます。

また有料プランは、「Re:lationを利用する人数」と「受信したいメールアドレス」の数によって、金額が変動します。

公式サイトには、利用人数とメールアドレスを入れるだけで、自動で料金が計算される仕組みになっています。

有料プランの中には大きく三つのプランに分かれており、

  • ライト
  • スタンダード
  • プレミアム

3種類から選ぶことができます.

最初の20日間無料お試しキャンペーンを使ってみるのが一番分かりやすいのですが、実際に使う前により詳しい情報を知りたいと思った人は、一度資料請求をしてみると良いでしょう。

公式サイトからアクセスし、会社の情報等を入力することで、簡単に資料の請求がすることができます。

Re:lationの資料請求はこちら⇨

Re:lationの口コミ・評判

それではここから、Re:lationを使った人達の実際の口コミや評判について紹介していきます。

弊社のユーザー様から添付ファイルで資料を送付されることが多々あります。ただ、送られた添付ファイルが直接代表である私の方に届いてしまうことがよくありました。受け取った添付ファイルを適切なメンバーに送り直したり、逆にメンバーの方に届いた資料を私が受け取らないといけなかったりと管理が複雑でしたRe:lationを導入したことによって、メンバー間で誰がどういったファイルを受け取っているかが一目でわかるようになった点が非常に便利でした。
2017年からRe:lationを使うようになったのですが、日々ユーザー様から寄せられる問い合わせに関して、これまでは抜け漏れが多々発生していました。Re:lationを使うことによって、誰がメッセージに対応したのかそしてそれが結果どうなったのかという進捗までチェックすることができるようになった点が非常に良かったです。管理だけではなくメンバーの業務を可視化したりユーザーからの反響をチェックすることができるようになった点も大きなメリットです。
弊社では非常に数多くの問い合わせをユーザー様から頂いています。Re:lationを導入した際は100万通以上のメールを移行する形で使い始めたのですが、移行するメールの数が大変多いため、問題なく運用が始められるか不安でした。しかし結果として非常にスムーズに運用を開始することができ、今でも問題なく利用できているので本当に助かっています。

口コミや評判をいくつか紹介しました。

Re:lationのすごい点は、導入社数が2000社近くであることはもちろん、導入している会社の中に、日本を代表するような企業が複数存在していることです。

大企業でも多数導入されているということは、それだけ信頼性や活用するメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

Re:lationの会社情報

最後に、Re:lationの会社情報について解説をしていきます。

Re:lationを開発・提供しているのは、株式会社インゲージ (INGAGE Inc.)です。

2014年に設立された比較的新しい会社で、大阪に拠点を構えています。

代表の和田 哲也さんはアメリカで10年勤務した経験をもっており、コナミやノーリツ鋼機などの大手で21年間務めたのち、2014年にインゲージを創業しました。

Re:lationの会社概要

会社名株式会社インゲージ (INGAGE Inc.)
主な事業内容クラウドサービスの開発・提供
ひとりひとりのお客様と向き合えるコミュニケーション
プラットホーム「Re:lation(Re:lation)」の開発と提供
設立2014年1月11日
代表取締役和田 哲也
資本金72,500,000円 (資本準備金を含む)

まとめ

Re:lationについて詳しく話をしてきました。

これまでメンバー間の共有がきちんと図られていなかったケースであっても、どのメンバーがどのメッセージに対応し、そして結果どうなったのかの一連の流れを共有することができます。

全てのコミュニケーションを一つにまとめることで、業務上発生しやすい抜け漏れを防ぐことができ、円滑なコミュニケーションを図ることができる。

これがRe:lationの最大の魅力ではないでしょうか。

日常的なコミュニケーションで問題を抱えている方は、ぜひ導入を検討してみてください。

Re:lationの公式サイトはこちら⇨