将来の資産形成に向けて、過去最低の低金利を推移している今、不動産投資が再び注目を集めています。

従来、不動産業界はアナログな側面が多く残っており、様々な点で非効率性がたびたび指摘されてきました。

そんな中、AIを積極的に活用した不動産投資サービスを提供しているのが、GA technologiesが運営する「RENOSY ASSET」です。

↑RENOSY ASSETの不動産投資の特徴がわかりやすく解説されています

RENOSY ASSETの特徴を一言で説明するなら、「アナログで非効率だった不動産投資を、ITの力で徹底的に効率化し、収益性をUPさせたサービス」と言えるでしょう。

今回は、そんな魅力的なRENOSY ASSETの特徴やメリット・デメリット、評判などを紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

RENOSY ASSETの公式サイトはこちら⇨

RENOSY ASSET(リノシーアセット)のマンション投資の5つのメリット

RENOSY ASSETのマンション投資には大きく下記の5つの強みがあります。

  1.  ITを駆使した徹底的な効率化
  2. 人間の経験ではなくデータに基づいた確実な不動産投資ができる
  3. 長期的な需要が見込めるエリアの中古ワンルームマンション特化
  4. アプリで不動産を一元管理
  5. 賃貸管理サービスが1,080円で受けられる

それぞれ具体的に解説していきましょう

1. ITを駆使した徹底的な効率化

RENOSY ASSETは、不動産テックと呼ばれる業界の中でも急成長を遂げている「GA technologies」が運営しています。

300人以上の従業員のうち、3分の1がエンジニアを占めており、従来の不動産会社と大きくことなることがわかるはずです。

自社で便利なツールやシステムを開発しているため、本来不動産投資にかかっていた無駄なコストを削減することに成功しています。

結果として、RENOSY ASSETの利用者はより良い利回りで不動産投資を行うことができるのです。

2.人間の経験ではなくデータに基づいた確実な不動産投資ができる

RNEOSY ASSETは、人間の感覚や経験ではなく、独自のデータベースをもとに物件の収益性や将来性を見極めています。

同じ物件の過去の成約価格を調べることで、再販時に値下がりしづらい不動産を抽出でき、結果として売却時に利益が見込める物件に投資ができるのです。

これまで不動産の物件選定は、過去の経験によるところが大きかったため、初心者が収益性の高い投資物件を見極めるのは至難の技でした。

RNEOSY ASSETの物件は、属人的なずれを取り除きデータを元に物件の選定を行なっているため、初心者でも収益化しやすいのです。

3.長期的な需要が見込めるエリアの中古ワンルームマンション特化

RNEOSY ASSETが投資の対象としているのは、「都市部の中古ワンルームマンション」です。

今後、日本全体の人口は減少していくものの、高齢者や独身の人が増えているため、単身者世帯はむしろ増えていきます。

そのため、ワンルームマンションは長期的に需要が見込めますし、人口が集中する都市部に位置していることからも、安定的な需要が期待できます。

また中古マンションであるため、販売業者の利益が多く乗っている新築と異なり、資産価値の下落も緩やかですし、何より購入時に必要な費用が大きく下がります。

普通のサラリーマンやOL の人であっても、融資の条件さえクリアしていれば、不動産投資を始められるのが特徴です。

4.アプリで不動産投資を一元管理

RNEOSY ASSETの専用アプリ「OWNR by RENOSY」を使用すれば、物件の購入申し込みから、管理・運用まで一元管理できます。

不動産投資は物件を購入して終わりではなく、購入してからも継続的な維持・管理が必要です。

OWNR by RENOSYを使えば、

  • 所有物件の情報を確認
  • 契約書類をデータとして閲覧
  • キャッシュフローの管理
  • 他の優良物件の情報の閲覧

などがアプリでまとめて実施できるので、投資初心者でも安心して利用可能です。

5.賃貸管理サービスが1,080円で受けられらる

RNEOSY ASSETでマンション投資をする一番の目玉と言ってもいいのが、「賃貸管理のサービスを一律1,080円で受けられること」です。

本来数千円〜数万円かかる賃貸管理費用が削減できることによって、長期的なキャッシュフローが大幅に改善されます。

「1,080円だからサービス内容が不十分なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、

  • 入居管理
  • 入居審査
  • 賃貸借契約
  • 家賃集金・送金
  • 解約精算

など、一般的な管理サービスと遜色のない充実した内容です。

出典:かんたんスマートなマンション経営を実現|中古マンション投資ならRENOSY ASSET(リノシーアセット)

不動産投資成功の可否は、どれだけ収益性の高い物件を見極め、維持コストを押さえられるかで決まります。

毎月数千円でもコストが削減できれば、10年、20年と運用して行くにつれて膨大なコストカットに繋がり、結果として不動産投資の成功を左右するほどの影響があります。

将来的に需要があり、資産価値が下がりにくい「都市部の中古ワンルームマンション」をデータを元に選び、IT化による効率化・経費削減ができる。

RENOSY ASSETが、ここ数年で急成長しているのも納得です。

RENOSY ASSETの公式サイトはこちら⇨

RNEOSY ASSET(リノシーアセット)のデメリットや注意点

AIを積極的に導入した不動産サービスを提供しているRNEOSY ASSETですが、もちろんデメリットや注意点も存在します。

ここでは、RNEOSY ASSETを利用する際の2つの注意点について解説をしていきます。

RNEOSY ASSETが扱っているのは中古マンションのみ

RNEOSY ASSETで紹介されるマンションは、全て中古マンションのみです。

最初から中古マンションのみを検討している人にとってはデメリットではありませんが、新築も視野に入れている人にとっては、比較材料が少なくなってしまうとも言えるでしょう。

融資の基準に見たなければ物件は購入できない

RENOSY ASSETに限ったことではありませんが、銀行からの融資を受けて不動産を購入する以上、融資の条件をクリアしなければいけません。

年収や勤続年数、勤務先の安定性など総合的な信頼性を加味して、融資の可否は決定します。

とはいえ、新築ワンルームマンションと比べると、必要な金額は大幅に下がりますし、それだけ融資もおりやすくなるのも事実です。

RNEOSY ASSET(リノシーアセット)の評判・口コミ

続いて、RNEOSY ASSETを利用した人たちの口コミや評判を調べてみました。

実際にRNEOSY ASSETを活用しようとしている人は参考にしてみてください。

ツイッターの評判・口コミ

RNEOSY ASSETのネット上の評判

続いては、ネット上のRNEOSY ASSETに関する評判や口コミについて紹介していきます。

最初は生命保険を活用して、将来の不安に備えようと考えていました。

ただ、生命保険だけではカバーしきれない側面もあることに気づき、別の資産活用方法を探していたところ、RNEOSY ASSETの不動産投資に出会ったのです。

保険の役割を持たせながらも、将来的に資産を作ることができる点に魅力を感じましたね。

貯蓄や投資の意識も高まり、真剣に資産運用について考えられるようになった点がよかったです。

私は株式や投資信託などもすでに行っており、不動産投資にも興味を持っていました。

ただ、不動産投資会社は自社の利益ばかり考えている会社も多いので、信頼できると判断できた会社にお願いしたいと考えていたのです。

RNEOSY ASSETの担当者は、こちらの考えや意図を汲み取った上で話を持ちかけてくれ、スピーディに対応いただけたので、利用することに決めました。

リターンだけでなく、リスク面の説明をしっかりしてくれた点も、安心できた材料の一つです。

株式を日頃から運用しているのですが、日々の変化を観察する手間が億劫だと感じていました。

RNEOSY ASSETの不動産投資は、時間や手間をかけずに資産を運用できるので、プライベートな時間を大切にできる点もよかったです。

RENOSY ASSETの公式サイトはこちら⇨

RENOSY ASSET(リノシーアセット)は30秒で申し込める無料の資料請求ができます

ここまで記事を読み進めて、RENOSY ASSETの不動産投資に興味を持った方も多いでしょう。

しかし不動産投資は、数百万、数千万円のお金が動く投資ですから、しっかりと情報を集めた上で判断したいですよね?

RENOSY ASSETについてより詳しい情報を知りたい人は、無料の資料請求から始めてみてください。

本当に30秒もあれば入力フォームに記入できるので、通勤時間などのちょっとした隙間時間でも実施できますよ。

資料請求をしたからといって、しつこい営業があるわけではないので、気になった方は気軽に下記の公式サイトから申し込みをして見てください。

RENOSY ASSETの無料資料請求をしてみる⇨

RENOSY ASSET(リノシーアセット)の他のサービス

RENOSY ASSETは、マンション投資以外にも

  • RENOSY ASSET MAGAZINE
  • 不動産投資クラウドファンディング

という、2つのサービスを提供しています。

それぞれ、簡単に説明しておきましょう。

不動産に関する知識が詰まったRENOSY ASSET MAGAZINE

RNEOSY ASSET MAGAZINEには、不動産投資にまつわる役に立つ知識や情報が掲載されています。

不動産投資の専門用語や税金、登記に関する情報や体験レポートなど、初心者の不動産投資家必見の情報が満載です。

クラウドファンディング

RNEOSY ASSETの不動産クラウドファンディングは、一般の投資家から出資を募り、集まった資金で不動産を購入・運営して、その運用益を出資者に返す形の不動産投資です。

自分で投資用マンション購入をする場合とクラウドファンディングでの投資を比較すると、

  • 一口1万円からの少額資本で投資が可能
  • 物件の取得から管理まですべて業者が行ってくれる

などのメリットがあり、投資初心者でも取り組みやすいです。

RNEOSY ASSETのクラウドファンディングは、これまで10億円以上の出資金を集めた実績があり、利用者から高い人気を誇っています。 

RENOSY ASSET(リノシーアセット)の運営会社情報

最後に、RNEOSY ASSETを運営している株式会社GA technologiesについて紹介をしておきましょう。

GA technologiesは、2013年に創業された比較的新しい会社です。

代表の「樋口 龍」さんは、もともとプロのサッカー選手を目指していたものの挫折し、ビジネスの世界へと舵を切りました。

創業時は3人でスタートした会社も、現在では300名超の会社になり、東証マザーズにも上場しているほど、急成長を遂げている会社です。

GA technologiesの会社概要

会社名株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)
代表取締役社長樋口 龍
設立2013年3月12日
資本金1億円
従業員数300名(2019年2月時点、グループ会社を含む)

参考:会社概要 | COMPANY | GA technologies

まとめ

以上、不動産サービスのRNEOSY ASSETについて紹介しました。

IT技術を駆使して、収益性・資産性が高い物件を選定し、効率化された管理ツールでコストを削減できる。

初心者でも安心して始められ、高い利回りが見込めるのが、RENOSY ASSETの不動産投資のメリットです。

将来に不安を感じていて動き出せていない人には、ぜひおすすめです。

RENOSY ASSETの公式サイトはこちら⇨