不動産に投資する新しい方法としてソーシャルレンディングの人気が高まっています。

サービスや運営会社が増えているためどこで投資すればよいのか、何に気を付ければよいのかわからない方もいるかもしれません。

この記事では不動産やその他のファンドにも投資ができる充実したサービス「SAMURAI FUND (サムライファンド)」を紹介します。

是非参考にしてください。

関連記事⇨【令和2年】ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング9選

SAMURAI FUND (サムライファンド)の評判・口コミを紹介

続いてSAMURAI FUND の評判や口コミを、リアルな声が飛び交うTwitterなどから紹介していきます。

随時、新しい口コミや評判も追記していきます。

SAMURAI FUND (サムライファンド)のメリット・特徴5

SAMURAI FUND (サムライファンド)のメリットや特徴を他の運営会社やサービスと比較した上でお伝えいたします。

参考にしてみて下さい。

1. 豊富なファンド数

ソーシャルレンディングの課題は人気故に応募者が多く、投資できるファンドがない状態がほとんどの運営会社で発生していることです。

せっかくよい利回りや条件のファンドが出てもすぐに埋まってしまう。

それに対してサムライファンドでは非常に多くのファンドを扱っており、種類も豊富な点が特徴です。

国内も東京や大阪、海外はインドネシアなどにも投資でき、不動産を超えた事業者支援もできます。

ファンドに応募できず資産運用が止まってしまっている方にもおすすめできます。

2. ファンドごとに分かりやすい保証・担保のスキーム

ファンドごとに図も使いとても分かりやすくスキームが説明されているのも安心できます。

出資者のお金がどんな保証や担保のもとに事業者に貸し付けられるのかが分かり、しっかり理解してから投資ができます。

クラウドファンディングの中でソーシャルレンディングは貸付先が分かりづらいデメリットがありますが、サムライファンドは他社と比べても明瞭でしょう。

きちんと詳細条件まで理解することでリスクを減らすことができます。

3. 日本保証の保証付き

SAMURAI FUND (サムライファンド)の中でも最も人気のファンドが日本保証の保証付きファンドです。

保証が付いているファンドは他のソーシャルレンディングにもありますが、日本保証は数社しかなく、SAMURAI FUND (サムライファンド)の大きな特徴となります。

やはり安全性は上がるため募集は即座に埋まってしまうほど人気です。

4. 半年から2年ほどまで運用期間の幅が広い

運用期間もファンドごとに幅が広く、半年もあれば2年もあります。

短期のみか長期のみに絞っている運営会社もありますがサムライファンドは案件ごとに異なります。

短期で回収したい方にも長期で資産運用したい方にも適したファンドが見つかるでしょう。

5. 証券会社が運営している安全性

ソーシャルレンディングにおいて貸し倒れよりもさらに注意すべきは、運営会社が不正を行うなどの事業者リスクでしょう。

ソーシャルレンディング業界はまだ歴史も長くないため過去には行政処分を受けて消滅した業者や裁判になったケースまであります。

そのため運営会社は必ず確認が必要ですが、SAMURAI FUND (サムライファンド)はSAMURAI証券株式会社という証券会社が運営しています。

多くのソーシャルレンディング業者は第二種金融商品取引業なのですが、証券会社は第一種金融商品取引業の免許を持つことになります。

違いは資本金が5倍以上必要など第一種の方が基準は厳しく、実際にSAMURAI FUND (サムライファンド)は資本金が5億円近くあります。

過去には第二種を持つソーシャルレンディング業者が不正を来ない免許はく奪となる事件もありましたし、運営会社の安全性は重要といえるでしょう。

SAMURAI FUND (サムライファンド)のデメリット・注意点3

SAMURAI FUND (サムライファンド)のデメリットや注意点をご紹介します。

注意点を理解してリスクを減らすことをおすすめします。

1. 保証、担保、返済方法はファンドごとに異なる

多くの運営会社では一律で金利は2か月に1回分配することや、不動産を担保にすることなどを決めています。

一方でサムライファンドはファンドごとに保証や担保の有無、返済方法は一括か分割かなどが分かれています。

ファンドの数や種類が多いためでもありますが、全てに保証が付いているわけではないので注意が必要です。

一覧表で分かりやすく書かれているので確認すれば問題はないでしょう。

2. ソーシャルレンディングは元本保証ではない

ソーシャルレンディングを含めあらゆる投資に言えることですが、元本保証は原則ありません。

サムライファンドの中には保証会社が入っている案件もありますが、他の運営会社と比べても珍しいことであり、元本保証は原則ないと考えましょう。

不動産や一部不動産が担保になることでリスクを減らすこともできますので、ファンドごとに詳細確認が必要です。

3. 途中解約して現金化ができない

ソーシャルレンディング全体に当てはまることですが、一度出資をしたら運用期間が終わるまで途中解約はできません。

急にお金が必要になっても定期預金のように解約して現金に戻すことができないということです。

ソーシャルレンディングの中には金利を毎月や2か月に1回分配するサービスもありますが、SAMURAI FUND (サムライファンド)は満期で一括返済が多く、途中での収入は期待しない方がよいでしょう。

投資は余剰資金で行うことが原則ですので通常は心配要りませんが、きちんと理解すべきポイントです。

SAMURAI FUND (サムライファンド)をおすすめしたい人の特徴

SAMURAI FUND (サムライファンド)はファンドの種類や数が豊富なため初心者から経験者まで広くおすすめできます。

クラウドファンディングは応募できるファンドがない状態が多いため、良質な運営会社に複数登録しておく必要があります。

利回りが低い会社やサービスが発展途上の運営会社もありますが、サムライファンドは総合的にも充実しており登録しておいて損はないでしょう。

SAMURAI FUND (サムライファンド)を始めるステップを紹介

SAMURAI FUND (サムライファンド)を始めるための手順をご紹介します。

1. 同意と適合性確認

先ずはホームページから確認事項への同意と投資家の適合性確認を行います。

投資する資金は借入ではなく余剰資金かなど基本的な確認事項です。

同意事項はPDFを開く必要があります。

2. 個人情報登録

同意と適合性の確認が終わったら個人情報を登録します。

マイページのIDを決定し銀行口座も登録します。

ホームページ上で登録申請まで完了できます。

3. 投資するファンドを選ぶ

登録が完了すればマイページから投資ができます。

応募中のファンドがあれば入金し運用を開始できます。

SAMURAI FUND (サムライファンド)の運営会社情報

SAMURAI FUND (サムライファンド)SAMURAI証券株式会社が運営するサービスです。

2002年設立のクラウドファンディング業界の中では長い会社です。

第一種金融商品取引業であり資本金は他のソーシャルレンディング会社と比べても潤沢にあります。

SAMURAI FUND (サムライファンド)の会社概要

会社名

SAMURAI証券株式会社

設立日

20022

資本金

495,596,016

本社住所

東京都港区虎ノ門1丁目712  虎ノ門ファーストガーデン 10

まとめ

SAMURAI FUND (サムライファンド)はファンドの種類と数が多く、不動産投資を超えて資産運用ができるサービスです。

保証内容や担保有無、貸付スキームも分かりやすく、総合的に充実している運営会社といえるでしょう。

日本保証の保証付きファンドが安心度も高く人気です。

ソーシャルレンディングに投資をしたいけれどファンドが見つからない方は登録することをおすすめします。

投資先も海外まであり豊富なのでぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
【執筆・監修】松本拓也

【執筆・監修】松本拓也

投資家歴10年の個人投資家。ベンチャー企業の役員も務める。慶應義塾大学在学中に株式投資を始め、米国から新興国まで含んだ世界中の株式投資、債券、不動産、コモディティまで幅広く運用中。2014年から不動産中古ワンルームマンション投資、2017年からロボ投資、2018年からソーシャルレンディング、不動産投資クラウドファンディングも開始し、現在も継続中。