貯金は重要と言われていますよね。

他の人の貯金も気になりますが、同年代の平均はどれくらいなのでしょうか。

実は金融庁が毎年貯金について調査をしています。

ここでは20代から60代の平均と中央値を紹介しますので、最も信頼性の高いデータを知ることができます。

また貯金を増やす方法も紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトへ

貯金平均は結婚、世帯、年齢、子供によって異なる

重要な前提として、貯金の平均は結婚、世帯、年齢、子供の有無などによって異なります。

一概にいくらないとダメ、いくらなら安心といった議論は意味を成しません。

金融庁が毎年調査結果を公表していますので、正しく読み取り自分自身の状況と合わせて考える必要があります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

年代別の貯金平均の調査結果を紹介

先ずは年代別の平均を見てみます。

平均で気を付けるべきことは、一部のお金持ちが引き上げてしまっている点です。

これが一番多いわけではありません。

貯金平均(20代)113万円

20代で113万円もあるのかと驚いた方も多いでしょう。

実は中央値は8万円となっているため、一部の方が若い時から貯め込んでいるのかもしれません。

貯金平均(30代)327万円

30代で327万円が平均となります。

30代では独身や子供がいない方もまだまだ多いため、一部の方が貯金をしているのでしょう。

一方で若い時から子供がいる方はなかなか貯金が貯まらない現実は、中央値からも読み取れます。

貯金平均(40代)666万円

40代の貯金平均は666万円です。

実は中央値では、40代や50代よりも30代の方が高いのです。

これは40代でも独身や子供がいない方が平均を引き上げていると考えられます。

貯金平均(50代)924万円

平均では50代も順調に増えています。

しかし中央値では40代よりも低い結果となりました。

子供がいる場合大学に行く時期ですし、子供の有無によって非常に差がでる世代と言えます。

貯金平均(60代)1305万円

60代になると平均も中央値も最も高くなります。

子育てが終わることや退職金も大きな影響を与えていますよね。

貯金の平均と中央値は異なる

ここまで平均を見てきました。

また説明もしてきていますが、平均と中央値は異なります。

より実態に近いのは中央値と言えるでしょう。

貯金中央値の調査結果を紹介

平均よりも中央値を見た方が参考になると言えます。

ここでは中央値も年代ごとに見ていきましょう。

貯金中央値(20代)8万円

20代の中央値は8万円とかなり少ないです。

若者はほとんど貯金がないと言えます。

貯金中央値(30代)70万円

30代は20代の8万円に比べて格段に増えました。

実は中央値においては40代や50代よりも高いです。

つまり30代は子供がいない人も多く、貯金をしておくべき時期と言えるでしょう。

貯金中央値(40代)40万円

結婚や子育てを行う40代は、中央値においては30代より低い結果が出ました。

40万円が中央値というのはかなり低い印象ですよね。

貯金中央値(50代)30万円

平均とは異なり、50代の貯金中央値は40代よりも低くなる調査結果となっています。

子供が大学に行くなど最もお金がかかる年代なのでしょう。

差が出やすい時期とも言えます。

貯金中央値(60代)300万円

60代になると貯金は中央値だとしても一気に増えます。

子育てが終わったこと、退職金がもらえることなどが要因ですよね。

中央値においても20代から60代で一番貯金があるのは60代という結果になりました。

貯金を増やすには投資が必要

ここまで貯金の平均と中央値を見てきました。

平均は意外に高く、中央値はかなり低いと感じたのではないでしょうか。

実態に近い中央値を考えると不安になりますよね。

貯金は資産運用とセットで考える

貯金については資産運用とセットで考えることが重要です。

資産運用をするかしないかで大きく結果は変わります。

平均を上げている層は資産運用を当たり前にやっていると考えられます。

筆者も資産運用を継続していますが、やっていなかった場合と比べてすでに大きな差が出ています。

貯金を増やすおすすめ投資

ここからは具体的に貯金を増やすことに繋がる投資を紹介します。

筆者は全てを実践していますので、しっかりと解説します。

  1. 株式投資、投資信託
  2. 不動産投資
  3. 不動産クラウドファンディング

ぜひ参考にしてみて下さい。

貯金を増やすおすすめ投資1.株式投資、投資信託

最も有名で人口が多い投資は株式投資と投資信託ですよね。

株式投資で貯金を増やしている人は無数にいます。

筆者も投資していますが、株式投資の注意点としてハイリスクハイリターン型であり、実際に2022年9月現在は株価がかなり下落しています。

相当な損失を被っている人が存在する状況ですので、実は初心者向きではなく、株式投資や投資信託はしっかりと勉強する必要はあります。

貯金を増やすおすすめ投資2.不動産投資

不動産投資も貯金を増やすことにおすすめで、筆者も投資しています。

オーナーになるということですよね。

不動産投資は不労所得と言われますが、実際にやることは多くないため安定的に家賃収入を得られます。

株式投資よりも放置できるでしょう。

貯金を増やすおすすめ投資3.不動産クラウドファンディング

不動産投資よりもさらにやることがなく、ほったらかしで投資できるのが不動産クラウドファンディングです。

ほったらかしで資金が増えることなどあるのかと疑問に思うかもしれませんが、不動産クラウドファンディングならば誰でも簡単に投資できますし、業界全体でも損失が出ていません。

筆者も2年以上投資をしていますが、最も安定していると考えられます。

どなたにでもおすすめの新しい投資と言えるでしょう。

貯金を増やせる不動産クラウドファンディングとは?

それではなぜ数ある投資の中でも不動産クラウドファンディングがおすすめなのでしょうか。

一つ目の理由として安全性があります。

株式投資は高いリターンが見込める可能性もありますが、ボラティリティが高く損をするリスクも高いのです。

2022年9月現在暴落に近い下げが発生していますよね。

これに対して不動産クラウドファンディングでは、1万円から投資を始められますし、業界全体でも損失が出たサービスがないのです。

絶対に儲かると言い切ることはできませんが、株式投資と比べても間違いなく安全性が高い事実があります。

貯金を増やせる不動産クラウドファンディングの中でのおすすめはCREAL

不動産クラウドファンディングは業界として成長が続いており、サービス会社も50社を超えています。

その中でも筆者のおすすめはCREALです。

CREALはすでに70個以上のファンドを組成し、累計150億円以上の募集総額となる圧倒的な実績があります。

さらに利回りがとても高く、年利にして8%のリターンが狙えるファンドも募集されます。

単にリターンが高いだけではなく、上場企業が運営していて月に何本もファンドを組成するスピードも他社より秀でており、総合力が相当に高いサービスと言えますよね。

ぜひ参考にしてみてください。

CREALの公式サイトを見る

まとめ

貯金は平均と中央値で大きく金額が異なります。

ご自身の状況に合わせて参考値を確認してみてください。

またいずれにしても貯金をそのまま放置するのではなく、投資することが重要です。

実際に筆者が投資しているもののみ紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトへ