所有している不動産を売った後に賃貸として使い続けられるリースバックが、持ち家でも使えるサービスが増えてきました。

複数のリースバック業者が似たようなサービスを行っているためどこがよいのか悩む方もいるかもしれません。

非常に金額の大きい契約ですので小さな違いでも全く異なる結果になります。

ここでは知名度や実績が抜群のSBIグループであるSBIエステートサービスの「ずっと住まいる」を紹介します。

参考にしてみてください。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

 

SBIエステートサービス「ずっと住まいる」の評判・口コミ

それでは最初に「ずっと住まいる」の評判や口コミについて紹介をしていきましょう。

ずっと住まいるに依頼をする前に、他のリースバックの会社からも相見積もりを取っていました。
 
SBIエステートサービスさんよりも高値で買い取ってくれる会社もあったのですが、売却後の賃料が安かったので、ずっと住まいるで依頼することをお決めました。
 
担当者の方は説明などもとてもわかりやすく、最後まで安心して任せることができました。
 
他の賃貸であれば、買っているペットと一緒に住むことは難しかったと思うのですが、今の家にそのまま賃貸で住めたので本当によかったです。

これまでサラリーマンとして長年働いてきましたが、年を取ったことで頻繁に体調を崩すようになり、退職せざるを得なくなりました。

住宅ローンもかなり残っていて返済の負担が大きく、しばらく仕事に復帰できる目処がなかったので、リースバックを利用することにしました。

会社をやめている状態でリースバックを利用することは難しいと思い込んでいましたが、SBIエステートサービスさんは親身に対応いただけました。

まとまったお金が手元に残って生活費にもゆとりができ、ずっと住まいるを利用して本当によかったと思っています。

ずっと住まいるが色々なケースで、色々な人を助けているサービスであることがよくわかりますね。
 
口コミや評判は、今後さらに追加していくようにします。
 

SBIエステートサービス「ずっと住まいる」のメリット・特徴3選

「ずっと住まいる」のメリットや特徴を紹介します。

1 売却手数料が無料

リースバックで自宅を売る目的として、売却することでまとまった資金を先に確保できるメリットがあります。

先に売った資金を手に入れておき、そのまま賃貸で住み続けても、新しい住まいを探してもよい。

しかし通常の方法で自宅を売ると不動産会社に相当な手数料が取られますが、「ずっと住まいる」では売却手数料が無料です。

手数料で目減りせずにまとまった現金が先に手に入るのは大事なメリットでしょう。

2 家賃が変わらない(完全固定)

売却によってせっかく資金を得たとしても、家賃が上がっていってしまっては住み続けられるか心配になりますよね。

「ずっと住まいる」では家賃が完全に固定であることを契約書に明記します。

あとから家賃の値上げや更新料でトラブルになることも多いですが契約書に明記されているので安心です。

3 敷金、礼金、更新料がゼロ

持ち家から賃貸に変わることで通常発生するのが敷金や礼金、更新料といった費用です。

家賃は低くても結局諸費用で高くなる場合が多いですよね。

「ずっと住まいる」では家賃の値上げもなく、これらの敷金、礼金、更新料もかかりません。

費用体系が明確なのは安心できるメリットでしょう。

SBIエステートサービス「ずっと住まいる」のデメリット・注意点2選

「ずっと住まいる」のデメリットや注意点も紹介します。

注意点を理解した上で検討しましょう。

1 所有権は手放す

「ずっと住まいる」特有ではなくリースバック共通の注意点ですが、売却によって自宅の所有権は手放すことになります。

買い戻しも可能ですし「ずっと住まいる」では買戻し時の手数料も無料ですが、手放すことで相続に使えず親族とトラブルになるケースなどもあります。

非常に金額の大きい契約になりますので関係者と相談した上で決めるのがよいかもしれません。

2 戸建は定期の契約

賃貸の契約期間について、戸建は3から10年の定期契約になります。

無期限で住めるわけではなく建物を検査した上で個別に期間が設定される点は注意が必要でしょう。

建物自体に問題がなければ再契約をする仕組みのようですが数年の間に何があるかは分からないため事前に理解が必要です。

SBIエステートサービス「ずっと住まいる」でリースバックを依頼する際の手順を解説

実際に「ずっと住まいる」でリースバックを依頼するステップをお伝えします。

1 Webかフリーダイヤルから仮査定

先ずはホームページやフリーダイヤルから相談と仮査定を行います。

仮査定の結果として当日から3日以内に買い取り金額と家賃が伝えられます。

2 専門の検査機関によって建物を診断

次に専門の検査機関によって実際に建物を診断します。

無料で診断ができるため安心です。

3 実際の契約条件の提示

建物の診断が完了した後、実際の買い取り金額と家賃が提示されます。

ここまで無料のため断ったとしても費用はかかりません。

SBIエステートサービス「ずっと住まいる」の運営会社情報

「ずっと住まいる」はSBIグループのSBIスマイル株式会社が運営するリースバックサービスです。

「ずっと住まいる」の会社概要

会社名

SBIスマイル株式会社

資本金

9,500万円

本社住所

〒163-0222 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル22階

まとめ

自宅を売却した後に賃貸として住み続けられるリースバックは、まとまった資金が先に手に入るなどメリットが大きいため人気です。

「ずっと住まいる」では一番気になるお金について、売却手数料がかからず家賃も完全固定に加え、敷金や礼金、更新料もゼロのため明瞭で安心できます。

仮に買い戻したとしても買戻し手数料が無料な点もよいでしょう。

自宅を売るわけですから所有権を手放すことになりますし、無期限で住み続けられるわけではないので注意が必要ですが、検討中の方は確認してみてはいかがでしょうか。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。

家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

 
The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。