「しんきんJリートオープンのチャートの見通しは?」

「しんきんJリートオープンはおすすめ?」

投資対象として、しんきんJリートオープンを検討している方の中には、上記のような疑問を抱えている方が少なくありません。

しんきんJリートオープンに限った話ではありませんが、投資する際は特徴やリスク、チャートの見通しを把握しておくことが重要であるためです。

そのため、この記事では、しんきんJリートオープンの特徴やリスクなどについて詳しく解説していきます。

しんきんJリートオープンの購入を検討している方は、この記事を参考にしてください。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトへ

しんきんJリートオープンとは

しんきんJリートオープンは「しんきんアセットマネジメント投信株式会社」が運用しているファンドです。

東証REIT指数との連動を目指してJ-REITに投資しており、安定した収益の確保がされています。

また組入銘柄を財務内容や流動性、価格水準などに着目して選定されているのも特徴です。

ちなみに、2022年6月9日時点の基準価額と純資産総額などは以下になります。

基準価額

純資産総額

直近分配金

基準日

3,452円

269,493.27百万円

50円(2022年5月10日)

2022年6月9日

出典:しんきんJリートオープン

なお、上記のサイトで、今後の基準価格などは確認できるので、参考にするようにしてください。

しんきんJリートオープンの基準価格推移

しんきんJリートオープンが組成された2005年2月1日時点の基準価格は「10,044円」でしたが、2022年6月9時点では「3,452円」まで下落しています。

出典:基準価額・純資産総額チャート しんきんJリートオープン投資法人

推移としては、2015年1月から基準価額が下落し続けており、新型コロナウイルスの影響により2020年3月末にJ-REITの投資口価格が下落したことで、しんきんJリートオープンの基準価格も大幅に下落しました。

したがって、今後新型コロナウイルスの影響が弱くなっていくと、投資口価格が上昇していく可能性が高いため、今が買い時と言えます。

しんきんJリートオープンの分配金の推移

しんきんJリートオープン投資法人が公表している2005年5月から2022年5月までの分配金のデータを確認すると、2005年5月は1口あたりの分配金「30円」でしたが、2007年5月に「60円」になってからは、2014年12月まで「60円」分配されていました。

その後、2015年1月に「75円」まで増えましたが、2019年10月に「50円」に下がってからは、約3年間分配金は変わっていません。

出典:分配金 しんきんJリートオープン投資法人

このように、分配金の多少の増減はあるものの、今後基準価格が上昇していく可能性が高いことを考えると、分配金も増えていく可能性が高いと言えます。

しんきん Jリートオープンのチャート見通し

しんきん Jリートオープンの価格のチャートを確認すると、新型コロナウイルスの影響によって下落した基準価格が現状も続いています。

そのため、今後の見通しとしては、新型コロナウイルスの影響が弱まることで、J-REITの投資価格が上昇し、しんきんJリートオープンの基準価格ももとの水準に戻ってくる可能性が高いです。

しんきんJリートオープンの3つの特徴

しんきんJリートオープンには、以下の3つの特徴があります。

  • 主にJ-REITに投資を行っている
  • マザーファンド方式を採用している
  • 市場分析が徹底している

上記の特徴について詳しく解説していくので、しんきんJリートオープンに投資するか判断する際の参考にしてみてください。

しんきんJリートオープンの特徴1.主にJ-REITに投資を行っている

しんきんJリートオープンは主にJ-REITに投資を行っており、その理由は以下の3つです。

  • 不動産を身近なものにしたいという理念とマッチしている
  • 分配金や利回りが他の投資よりも高い
  • 効率的な分散投資が可能である

J-REITは、利益の90%を投資家に還元することで、税金の優遇が受けられるため、分配金や利回りが他の投資より高いのが魅力です。

しんきんJリートオープンは、そんなJ-REITに投資することで、安定した運用を保っています。

しんきんJリートオープンの特徴2.マザーファンド方式を採用している

しんきんJリートオープンは、マザーファンド方式を採用しています。

ファミリーファンド方式とは、投資家から集めた資金をマザーファンドに投資して、運用をマザーファンドが行う仕組みのことです。

資金をまとめることで手数料が抑えられるうえに、多額の資金を運用できるようになるので、まとめる前の資金では投資できなかった商品にも投資でき、幅広い投資が可能になります。

しんきん Jリートオープンも、マザーファンド方式を採用しているため、安定した運用が見込めて、おすすめのファンドです。

しんきんJリートオープンの特徴3.市場分析が徹底している

しんきんJリートオープンの最大の特徴が「市場分析が徹底している」ことです。

半月に一回「J-REIT市場の現状と見通し」という分析を発表しており、市場分析や銘柄分析を徹底しています。

しかも、J-REIT市場だけでなく、以下の3つの見通しも公表しており、分析に定評があるファンドです。

  • 日本経済の現状と見通し
  • 海外経済の現状と見通し
  • アジア経済の現状と見通し

このように、日本経済だけでなく、海外の経済についても公表しているほど、分析には自信を持っているので、リスクの少ないファンドと言えます。

しんきんJリートオープンの3つのリスク

しんきんJリートオープンには、以下の3つのリスクがあります。

  • 価格変動トのリスク
  • 信用のリスク
  • 流動性のリスク

それぞれのリスクについて解説します。

しんきんJリートオープンのリスク1.価格変動のリスク

価格変動のリスクとは、国内や海外の政治・経済情勢などさまざまな要因によって、J-REITの価格が変動するリスクのことです。

例えば、J-REITの発行体の業績によってJ-REITの価格が下落すれば、しんきんJリートオープンの価格も悪影響を受けます。

このように、さまざまな要因によってしんきん Jリートオープンの価格が下落する可能性があることを覚えておかなくてはいけません。

ただし、前述したようにしんきん Jリートオープンは、徹底した分析をしてリスクを軽減しているので過度な心配は不要です。

しんきんJリートオープンのリスク2.不動産投資信託のリスク

不動産投資信託のリスクとは、現物不動産に投資していることで起こりうるリスクのことです。

例えば、地震などの自然災害によって物件が損壊してしまい、家賃収入が減ってしまったり、家賃収入自体がなくなってしまったりすることが考えられます。

さらに、そういった事態により、不動産評価自体が減少してしまうことも考えておかなくてはいけません。

とはいえ、自然災害は頻繫に起きるわけではないうえに、投資法人も耐震性の高い物件に投資したり、対策を行ったりしているので、気に留める程度で十分です。

しんきんJリートオープンのリスク3.流動性のリスク

J-REIT市場は他の投資市場などと比較すると、需給動向により希望する時期や価格で売買できない可能性があります。

しかも、取引規制があった場合、流動性が悪化してJ-REITの取引価格が下落する可能性もあるので、注意が必要なリスクです。

とはいえ、J-REIT市場の取引量が大幅に低下することはあまり考えられないので、リスクがあることを覚えておく必要はありますが、それほど気にする必要はありません。

しんきん Jリートオープンの会社概要

しんきん Jリートオープンの運営会社概要は以下になります。

会社名

しんきんアセットマネジメント投信株式会社

(英文名:Shinkin Asset Management Co., Ltd.)

設立日

1990年12月14日

代表取締役

花岡 隆司

資本金

2億円

本社住所

〒104-0031
東京都中央区京橋3丁目8番1号

まとめ

しんきんJリートオープンは、徹底した市場分析などの分析を行って、投資するJ-REITを決めるため、リスクの低いおすすめのファンドです。

とはいえ、価格変動のリスクなどはどうしてもあるので、リスクをしっかりと把握しておくことが重要になります。

そこで、この記事では、しんきんJリートオープンの特徴やリスクについて解説していきました。

しんきんJリートオープンの購入を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトへ