「物件確認の電話に追われていて他の業務に手が回らない」

「スタッフの残業や休日出勤が問題になっている」

そんな悩みを抱える不動産会社は多いのではないでしょうか。

今回の記事で紹介する「スマート物確」を導入すれば、上記の問題を解決することができます。

「スマート物確」とは、AIが自動応答する物件確認サービスです。

現在、Good不動産や三菱地所リアルエステートなど大手不動産会社もこのサービスを導入しています。

「スマート物確」を聞いたことがあるけれども、サービスの詳細や評判が気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回は、「スマート物確」のメリット・デメリットとユーザーからの評判をご紹介します。

スマート物確の公式サイトはこちら⇨

「スマート物確」とは?サービスの概要をわかりやすく解説

「スマート物確」とは株式会社ライナフが提供するAIを利用した物件確認の自動応答サービスです。

電話とLINE2つが利用した機能があります。

このサービスを利用すれば、物確確認を依頼される側・する側の双方の業務の効率化が図れます。

また、物件確認をする側はコストカットも可能です。

「スマート物確」の使い方を紹介

まず物件確認を依頼される不動産会社は、自社が保有する物件情報をこのシステムに登録します。

仲介会社(客付け不動産会社)からLINEや電話で物件確認の問い合わせがあると、システムが自動応答して先方に情報を提供します。

このように今まで電話やファックスで対応していた手間が一気に省けるのです。

「スマート物確」導入までの流れをステプップに分けて紹介

「スマート物確」の申し込みからサービス開始までの流れをご説明しましょう。

1.電話またはメールによる問い合わせ

まずは電話やメールで問い合わせをします。

事前に予約して株式会社ライナフの本社(東京都千代田区神田)にて無料で説明や相談が可能です。

遠方などで本社まで行くことが難しい場合は、画面共有システムを利用してサービスの説明が受けられます。

この画面共有システムでは、「スマート物確」の操作方法も体験できます。

公式HPに「スマート物確」の無料体験があるので、問い合わせる前に試すことも可能です。

2.導入決定

株式会社ライナフと利用規約・申込書をお取り交わします。

郵送で手続きが完了するので、煩わしさがありません。

3.管理画面のログインID発行

4.システム導入のレクチャー

サービス導入にあたり、必要事項のレクチャーがあります。

レクチャーは画面共有システムでも受けられるので、本社に出向かなくても受けられます。

5.保有物件の情報をシステムに登録

各自で保有する物件情報を「スマート物確」に登録します。

物件数があまりにも多い、又はパソコン操作が苦手な場合は、株式会社ライナフに登録を頼めます。

この場合は10万円ほど別途料金がかかります。

6.サービス開始

「スマート物確」の導入を仲介会社に周知し、サービスを開始します。

周知期間はおよそ1~2か月程度です。

スマート物確の10のメリット

続いては、スマート物確のメリットを合計10個、紹介していきます。

1.物件特定速度が早い

「スマート物確」は音声案内に従って物件名を伝えることで、該当の物件情報が得られる仕組みです。

スピーディに該当データを探し出せる点が特徴です。

仲介会社を待たせることなく対応できるので、サービスの向上が期待できるでしょう。

2.物件確認精度が高い

「スマート物確」の音声認識による物件特定率は、なんと95%以上です。

他社の似たサービスも多いですが、音声認識精度の高さが「スマート物確」の強みのひとつです。

3.人件費を削減できる

物件確認の自動化で、人件費が削減できます。

それだけでなく、今まで物件確認対応に掛かり切りだったスタッフを他業務に専念させることもできます。

そのため業務の効率化も図れます。

4.仲介会社はいつでも物件確認ができる

スマートフォンひとつで36524時間いつでも物件確認ができます。

これは仲介会社にとっては大きなメリットでしょう。

従来であれば仲介会社は、元付け不動産会社が休みだったり営業時間外であったりした場合、すぐに物件確認ができないことも多かったはずです。

仲介会社にとっては入居者をお待たせさせないサービスが提供できます。

「スマート物確」導入で、仲介会社から選ばれる不動産会社になれるでしょう。

5.スマートロック・スマート内覧と併用できる

スマートロック・スマート内覧は、ウェブ経由で内覧予約や物件の施錠を行う便利なサービスです。

「スマート物確」はこのスマートロック・スマート内覧と併用可能です。

内覧予約から実際の内覧まで全て自動化できます。

内覧予約の受付や物件鍵の受け渡しの手間が一気に省けます。

6.LINE bot機能がある

スマートフォンのLINEアプリでも物件確認ができます。

LINEに建物名や住所を入力すれば、LINE botが自動応答してくれます。

文字入力によって、万一音声認識できない場合でも対応可能です。

LINE bot機能を使えば、公共機関の中など電話が掛けられない場所でも物件確認ができます。

電話でのサービスと違い、いちいちメモを取る必要がない点も良いですね。

利用者の多いLINEを使用したサービスなので、誰でもスムーズに利用できそうです。

7.必要に応じて自由にカスタイマイズできる

応答内容を店舗ごとにカスタイマイズができます。

たとえば、時間や曜日によって応答メッセージを変えてみても良いでしょう。

キャンペーン案内や敷金礼金の有無など自由に項目を追加することもできます。

スマート物確を導入すれば、このような柔軟性のあるサービスの提供が可能です。

対応する営業所の数を増やしたい場合でも、同一のシステムに回線の本数を増やすだけなので、非常に効率的かつコストダウンができます。

8.データの見える化ができる

問い合わせ状況を「見える化」が可能です。

見える化したデータをマーケティングに活用できます。

問い合わせ状況をオーナーと共有すれば、双方の信頼関係の構築にもつながるでしょう。

オーナーは常に保有物件の反響を気にしています。

このような細やかな対応は「オーナーに選ばれる不動産会社」に繋がるはずです。

9.コストパフォーマンスが良い

他の物件確認自動化サービスと比べて、「スマート物確」はコストパフォーマンスが非常に良いです。

たとえば、同様のサービスと比べてみましょう。

音声による物件確認サービスの「ぶっかくん」の利用料金は月々39,800円からです。

一方「スマート物確」の利用料金は月々5,000円からです。

「ぶっかくん」のほぼ1/8の値段で利用できます。

手ごろな値段で利用できる点が「スマート物確」の魅力です。

10.FAXや申込書などの画像ファイルを自動で仲介会社に送れる

「スマート物確」は物件ごとに画像ファイルを登録できます。

物件情報に図面や申込書を登録しておけば、仲介会社は音声案内に従ってこれらを自動で入手できます。

スマート物確のデメリット

続いては、スマート物確のデメリットについて、解説をしていきます。

1.基本情報以外は確認できない

物件確認をする時、基本情報以外を知りたい場合もあります。

たとえば、日当たりや近所の治安などです。

「スマート物確」では、敷金礼金や内覧可能日など基本情報以外は確認できません。

従来のようにスタッフによる対応であれば、気になる点は何でも質問できますが、自動応答では難しいのです。

問い合わせる側としては、改めて担当者に確認しなければならないので二度手間になってしまいます。

2.リピート機能がない

電話で物件確認をする場合、情報は一度しか再生されない点が若干不便です。

そのため、もう一度聞きたい時は改めて物件名を言わなくてはなりません。

聞き逃してしまったり、手元にメモがなかったりする場合は二度手間になってしまいます。

今後改善を期待したい点です。

「スマート物確」の評判・口コミは?

株式会社マーケティングリサーチ機構の調査では、「スマート物確」は「不動産会社が利用したい業務効率化サービス」部門において1位を獲得しています。

多くの不動産会社から注目を集めている「スマート物確」ですが、サービス利用後も継続して使いたいユーザーが多いようです。

ユーザーの利用継続度はなんと94.7%と言う調査結果もあります。

そこで今回、「スマート物確」のユーザーの声を集めてみました。

物件確認以外の業務に注力できた

ある不動産会社では「スマート物確」の導入で、オーナーへの物件の反響報告や営業活動など物件確認以外の業務を充実されることができました。

物件確認の自動化で、オーナーや仲介会社により付加価値の高いサービスが可能になりました。

この会社では以前は月7,000件ほどあった物件確認の問い合わせが、サービス導入後はゼロになりました。

問い合わせ件数が多い不動産会社こそ効果を実感できそうです。

手軽さとスピード感が仲介会社から好評価だった

LINE botを導入した不動産会社は、仲介会社から好評だと言います。

LINE botを使えば、スマホで簡単かつ迅速に物件確認ができます。

この特徴がスピードを求める仲介会社のニーズに合っていました。

このようにスタッフの業務軽減だけでなく、仲介会社に充実したサービスを提供できる点も「スマート物確」の魅力です。

価格がお手頃なのに性能が良かった

「スマート物確」は他社の似たサービスと比較して値段が低めですが、決して「安かろう悪かろう」ではありません。

その品質の高さに驚きの声があがっています。

「AIの自動応答が肉声よりも聞き取りやすかった」

「騒音のある屋外でもこちらの音声が正確に認識された」

高品質・低価格が保証のサービスと言っても良いでしょう。

まとめ

今まで物件確認の対応は人力に頼っていました。

忙しい不動産会社の業務を圧迫する作業のひとつであると言えます。

そんな煩わしい業務を一手に引き受けてくれる「スマート物確」は、大手を含む多くの不動産会社に指示されています。

類似サービスと比較して品質とコストパフォーマンスの良さが「スマート物確」の強みです。

業務の効率化やコスト削減以外にもユーザーに指示される理由があります。

それは働き方が見直されている今の時代にマッチしたサービスだからでしょう。

たとえば、今まで退社後や休日も物件確認に追われていたスタッフの負担軽減ができます。

「スマート物確」の導入で、仲介会社やオーナーだけでなく、スタッフにも支持される会社になることも期待できそうです。