新しい資産運用の手段として非常に人気を集めているソーシャルレンディング。

不動産投資として活用する人も多いですが、ソーシャルレンディングとは何か、なぜ高金利が可能なのかなど、仕組みやスキームをきちんと理解している人はまだ少ないでしょう。

この記事ではソーシャルレンディングとは何かを初心者でも簡単にわかるように説明します。

市場規模の推移も紹介することで本当にソーシャルレンディングに資金が集まっているのかも検証しましょう。

関連記事⇨ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る

ソーシャルレンディングとは?仕組みやスキームをわかりやすく解説

ソーシャルレンディングとは何かをわかりやすく解説します。

ソーシャルレンディングとは法人融資

ソーシャルレンディングとは、貸付型や融資型クラウドファンディングとも呼ばれます。

ソーシャルレンディング運営会社が融資先企業を見つけて、私たち投資家は運営会社を通して事業者に融資をします。

貸付する事業者は中小企業やベンチャー企業で、一般の金融機関からの融資が受けにくいためソーシャルレンディングを活用します。

そのため融資する投資家も高金利で貸すことができるスキームです。

ソーシャルレンディング運営会社が仲介

融資を仲介する運営会社が事業者の募集や調査を行い、保証会社や担保を設定したファンドを作るため、投資家の手間がほとんどないことがメリットです。

注意点としては貸付する事業者の配当遅延や貸し倒れリスクがあるためハイリスクハイリターン型の投資になるでしょう。

それ故の高金利ですが、実際は保証や担保が付いたファンドも多く、運営会社も過去実績を詳細に公開しており、貸し倒れなどが起きる確率はかなり低いことが分かります。

あらゆる投資商品と同様に元本保証ではありませんが、個人が法人に融資することで高金利を実現するのがソーシャルレンディングの仕組みです。

ソーシャルレンディングの市場規模の推移を紹介

ソーシャルレンディングの市場規模を他の不動産指標とも比較しながら見てみましょう。

様々な調査がありますがフィンテックの調査を専門で行う矢野経済研究所のデータと、最大手の1つNRI(野村総合研究所)のデータを参照します。

ソーシャルレンディングは5年間で8.5倍以上の市場規模拡大の後横ばい

矢野経済研究所の調査によれば、クラウドファンディング全体の市場規模は2014年から2018年の5年間で約200億円から約1,834億円と急速に拡大していました。

しかし、2019年以降の横ばいかやや低下傾向です。

2021年12月発表されている過去5年間のクラウドファンディング事業規模をまとめました。

  • 2016年:716億2,500万円
  • 2017年:1,744億9,700万円
  • 2018年:1,834億4,450万円
  • 2019年:1,566億円2,500万円
  • 2020年:1,841億7,700万円

また、2021年は1,500億5,000万円が予想数値として出されています。

ソーシャルレンディングに関しては2017年〜2018年に複数の貸付型クラウドファンディング運営企業が行政処分を受けた影響で減少傾向になり、その時の影響が続いている模様です。

2020年は新型コロナウィルス関連のプロジェクトが増え、前年より増加したものの、2021年の予想は減少傾向。

市場規模がだんだん拡大してきたソーシャルレンディングですが、現状は過渡期を迎えていると言っていいでしょう。

「証券化対象不動産」は減少

NRI(野村総合研究所)が国土交通省の不動産証券化の実態調査をもとに作成した証券化対象不動産の取得実績については2015年から2018年にかけて3年連続の減少となっています。

2019年以降の不動産証券化の市場規模は国土交通省の公式サイトから確認することができ、2019年以降も減少傾向です。

  • 2016年:4.8兆円
  • 2017年:4.8兆円
  • 2018年:4.7兆円
  • 2019年:4.1兆円
  • 2020年:3.9兆円

証券化対象不動産とは特定目的会社やJ-REITを含みます。

不動産価格の上昇で不動産の取得は難しくなる中で、不動産投資を柱の1つとするソーシャルレンディング市場は拡大してきましたが、前述のように2018年を境にソーシャルレンディング自体が減少傾向です。

まとめ

ソーシャルレンディングとは運営会社を仲介することで投資家が中小規模の法人に融資できるサービスです。

貸付する事業者の性質上ハイリスクハイリターン型となり高金利が実現できます。

それぞれの運営会社が過去の実績を公開しており、ファンドごとに保証や担保が付いていることも多く、実際には貸し倒れなどのリスクは低いことはわかるでしょう。

高金利や手軽さによる人気のため、ソーシャルレンディングが含まれる融資型クラウドファンディングの市場規模は数年で何倍にも拡大してきました。

新しい資産運用の手段として検討してみるのはいかがでしょうか。

投資のプロがおすすめする「TECROWD」(平均利回り8%)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気ですよね。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、平均想定利回りは8.0%以上を維持しています。

またTECROWDは今まで元本割れゼロですので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

少額から高利回りの不動産投資を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

TECROWDの詳細記事を見る

TECROWDの公式サイトを見る