不動産をお持ちの方は不動産担保ローンの方が無担保ローンよりも低金利で借りられることが多いですし、審査も通りやすいです。

借りられる額も不動産によって高額にできますし、自分名義や家族の名義でも担保にできる利点もあります。

不動産担保ローンを扱う業者は銀行系からノンバンクまでたくさんありますが、金利の幅や上限、融資額はどこを使うかで大きな違いが出ます。

融資までのスピードも1週間以上差が出る可能性もあり、審査は甘いかなど評判も気になりますよね。

もちろん登録や実績も重要です。

ここでは総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴や評判・口コミを調べた上で、おすすめできるかお伝えします。

総合マネージメントサービスの公式サイトへ⇨

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴5選

総合マネージメントサービスは18年の実績があるノンバンクの業者です。

不動産担保ローンだけではなく不動産の売買やコンサルティングも手掛けています。

総合マネージメントサービス不動産担保ローンの特徴をお伝えします。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴①金利

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの金利は年利3.4%~9.8%となっています。

他社と比較してもかなりの低金利といえます。

実際に借りる時の金利が最低金利になることはあまりないため、上限でも9.8%という点は非常に魅力的でしょう。

低金利が特徴の不動産担保ローンです。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴②融資額

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの大きな特徴は、融資額が30万円~5億円と上限額が非常に高額なことです。

上限でも3000万円など1億円以下の業者が多い中で、5億円という上限は数社だけでしょう。

高額を低金利で借りられるスペックの高いローンといえます。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴③融資スピード

不動産担保ローンは不動産価格の査定もあるため通常無担保ローンよりは時間がかかるものです。

それでも総合マネージメントサービスは最短3日としています。

物件の状況や融資の条件によってそれよりかかる場合もあるそうですが、最短3日が可能な点はとても助かるのではないでしょうか。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴④担保・保証人

総合マネージメントサービスは対象物件に抵当権または根抵当権を設定します。
物件については火災保険に質権を設定しますが、何番順位でも可としています。

また保証人は原則として不要です。

担保・保証人の条件は他社と変わらないでしょう。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴⑤借入期間

総合マネージメントサービスの借入期間は最長35年となっています。

35年は他社と比べても最も長い水準です。

高額のローンを低金利で長期に借りられる、おすすめの業者といえるでしょう。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴一覧

貸付利率(実質年率)

年利3.4%~9.8%

遅延損害金(実質年率)

年20.0%

契約限度額又は貸付金額

30万円~5億円(5億以上要相談)

返済方式、返済期間及び返済回数

・元利均等・自由返済・一括返済・ボーナス併用返済等

・最長35年(1回~420回)

担保

対象物件に抵当権、根抵当権設定。
物件については火災保険に質権を設定。
何番順位でも可。

連帯保証人

原則として不要

融資迄

最短3日(但し物件状況、融資の条件により更に日数を必要とする場合もある)
(所有権・底地・借地・担保提供・共有持分可能) 

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの評判・口コミ

総合マネージメントサービス不動産担保ローンの評判や口コミをご紹介します。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの評判・口コミ①

不動産担保ローンは初めてだったのでとても不安でしたが、総合マネージメントサービスは細かくシミュレーションできるツールが用意されていたので事前に知ることができました。

丁寧に対応してもらい、低金利が決め手になったこともあり不動産担保ローンを利用できてよかったです。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの評判・口コミ②

私は青森県在住なのですが、総合マネージメントサービスは全国対応とはいえこんな離れた地域であってもしっかりと対応してくれたので本当に感謝しています。

ローンはお互いの信頼関係がとても重要だと思うので信頼をした上で助けてもらうことができました。

総合マネージメントサービスの公式サイトへ⇨

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンをおすすめの人

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは他社と比べても上限が10%未満という低金利で、融資額も最大5億円、融資期間は最長35年と、スペックとしてとても高いローンだといえます。

融資までのスピードも最短3日であり、総合力が高く、どなたにでもおすすめできる不動産担保ローンでしょう。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンを申し込む手順

実際に総合マネージメントサービスにて不動産担保ローンを申し込む手順をお伝えします。

1 メール、無料電話、ファックスから相談

先ずはメールかフリーダイヤル、ファックスからでも申し込み相談ができます。

手軽に無料査定ができることもメリットです。

2 審査

総合マネージメントサービス側で審査を行います。

必要書類を送付するなど準備が必要です。

3 審査通過後に契約と融資金額の振り込み

無事審査を通過すれば契約となり融資金額が振り込まれます。

総合マネージメントサービスの公式サイトへ⇨

総合マネージメントサービスの会社概要

株式会社総合マネージメントサービスは18年の実績があるノンバンクの業者です。

不動産担保ローンだけではなく不動産の売買やコンサルティングなども幅広く手掛けている不動産の専門会社です。

2002年から社歴があり資本金も8400万円ある、信頼性の高い企業だと思います。

株式会社総合マネージメントサービスの会社概要

社名

株式会社総合マネージメントサービス

設立

2002年2月

所在地

103-0027
東京都中央区日本橋3-6-13 アベビルディング3F

資本金

8,400万

許可番号

日本貸金業協会会員第003672号
東京都知事(7)第25131号
(社)東京都宅地建物取引業協会 東京都知事(4)第81043号

業務内容

不動産担保ローンの貸付業務
不動産の総合ファインナンス
不動産の売買・仲介
不動産のコンサルティング業務
不動産投資信託
建設・内装業務

まとめ

総合マネージメントサービスは他の不動産担保ローンを扱う企業と比べても低金利、融資額、融資期間、融資までのスピードと総合的に優れた不動産担保ローンといえます。

銀行系に比べれば審査は甘いという評判もあり、ローンが借りられずに困っている方は先ずは総合マネージメントサービスに相談してみてはいかがでしょうか。

参考にしてもらえたら幸いです。

総合マネージメントサービスの公式サイトへ⇨

The following two tabs change content below.
【執筆・監修】松本拓也

【執筆・監修】松本拓也

投資家歴10年の個人投資家。ベンチャー企業の役員も務める。慶應義塾大学在学中に株式投資を始め、米国から新興国まで含んだ世界中の株式投資、債券、不動産、コモディティまで幅広く運用中。2014年から不動産中古ワンルームマンション投資、2017年からロボ投資、2018年からソーシャルレンディング、不動産投資クラウドファンディングも開始し、現在も継続中。