「スピリタスの口コミは良いの?」

「スピリタスのメリットやデメリットを知りたい」

この記事では、スピリタスの不動産投資について、上記のような疑問に答えていきます。

スピリタスは「QUQURI(ククリ)」という狭小アパートの販売と管理をしている不動産投資会社になります。

都内の人気エリアに厳選して建築されているため、高い入居率があることが特徴です。

ただし、スピリタスには他社にない注意点もあるため、投資を検討するなら注意点を理解しておかなければいけません。

そのため、この記事では、スピリタスの特徴や注意点について詳しく解説しています。

最後まで読んで、スピリタスを利用する参考にしてください。

スピリタスに関する評判・口コミ

スピリタスについての悪い評判と良い評判を実際にあった口コミを紹介していきます。

スピリタスに関する悪い評判・口コミ

最初にスピリタスの悪い評判を紹介します。

“将来的に年金だけでは老後が不安だと感じていました。

そこで定年後も何か収入源がほしいと思っており、資産形成の方法の一つして不動産投資に興味を持つように。

しかし、不動産投資は高額な場合が多いうえ、失敗すると借金を抱えるリスクもあるので、不動産投資を始めるのを躊躇っていました。

様々な会社の説明や不動産投資に詳しい方に相談していたときに紹介してもらったのがスピリタスです。

スピリタスのコンセプトが面白いと感じて投資を検討していたのですが、担当者の方がデメリットやリスクの説明をあまりしてくれなかったので、少し残念ですが投資を断念しました。”

“独身で住宅ローンの支払いも終わり、余裕のある資金を利用して不動産投資を始めようと不動産投資セミナーに参加しました。

そのセミナーで紹介してもらったのがスピリタスです。

立地が最高の狭小のアパートというコンセプトで、高い入居率を誇っている「QUQURI(ククリ)」に対する投資は魅力的だったのですが、担当者の対応が少し強引だったため、不信感を持ちました。

物件のコンセプトは非常に良いと感じているので、担当者を変えてもらうよう依頼しようと思っています。”

投資物件のコンセプトは面白いという意見が多くありました。

一方で、説明不足など担当者に対する不満を感じている方も多いようです。

スピリタスに関する良い評判・口コミ

次に、スピリタスの良い評判を紹介します。

“結婚してから少しずつ資産形成を進めてきました。

不動産投資を始められる頭金が溜まったので、不動産投資会社のセミナーに参加するようになり、様々な会社の話を聞くことに。

しかし、あまり良い感触の会社がなく悩んでいたときに、友人から教えてもらったのがスピリタスです。

ククリというアパートは「最高の立地にある代わりに狭小」というコンセプトを持っており、高い入居率であることから前向きに投資を考えるようになりました。

担当者からのレスポンスも早く、金融機関との交渉もしてくれたことも、投資を決めた理由のひとつです。”

“10年以上前から不動産投資には興味を持っていたのですが、仕事が忙しく勉強する時間が取れなかったため、3年前から本格的に勉強を始めました。

並行して不動産投資会社の面談などでも話を聞きましたが、信頼できる会社と巡り会うことが出来ないのが悩みでした。

しかし、2年ほど前に人づてにスピリタスのことを教えてもらったのが、きっかけで投資に至っています。

新宿の雑居ビルに会社があったので不安を感じながら担当者の方から話を聞くと、しっかりとしたコンセプトを持った不動産を扱っており、金融機関とのコネクションもしっかりとあったので、安心して投資を始めることができました。“

コンセプトを持って運営している点や入居率を魅力に感じる人が多いようです。

また、金融機関とのコネクションもしっかりと持っているので、安心して投資したという意見もよく見かけました。

スピリタスのメリット・特徴3選

スピリタスの不動産投資を利用するメリットは以下の3つです。

  • 1部屋9平米という狭小アパートである
  • 人気エリアから徒歩10分圏内の立地のアパートを取り扱っている
  • 金融機関との融資交渉を一緒に行ってくれる

それぞれについて説明します。

1部屋9平米という狭小アパートである

スピリタスが提供している「QUQURI(ククリ)」は1部屋9平米という狭小アパートです。

一般的な部屋の場合は20平米程度の広さになるので、極狭といえます。

このため、一般的なアパートよりも総戸数が約2倍になるため、賃料が多少安くても全体の家賃収入は増加するという仕組みです。

また、通常のワンルームよりも家賃が2〜3万円安いため、入居率が高くなるメリットもあります。

人気エリアの駅から徒歩10分圏内の立地のアパートを取り扱っている

スピリタスが提供している「QUQURI(ククリ)」は狭小で家賃が安いかわりに人気の駅から徒歩10分圏内に建てるようにしています。

例えば、恵比寿や中目黒、新宿といった東京23区内で人気の高いエリアに建築しているのです。

そのため、セカンドハウスとして利用する人も多く高い入居率を誇っており、多くの物件で常に満室状態になっています。

このように、立地にこだわることで空室のリスクを低くしていることが「QUQURI(ククリ)」の特徴です。

金融機関との融資交渉を一緒に行ってくれる

スピリタスは金融機関とのコネクションがしっかりとしているため、金融機関との融資交渉を手伝ってくれます。

前述したようにスピリタスが提供している「QUQURI(ククリ)」はコンセプトがしっかりしており、収益性が見込めると判断してくれているため、融資の実績も豊富です。

不動産投資において不安な金融機関から融資対応を一緒に行ってくれるのは頼もしいと言えます。

スピリタスのデメリット・注意点2選

スピリタスのデメリットは以下の2つになります。

  • 2020年に不正融資問題が報じられている
  • 東京23区以外の地域への投資ができない

それぞれについて説明します。

2020年に不正融資問題が報じられている

2020年に朝日新聞がネットバンキングの預金を改ざんして、不正に融資を引き出し投資家に物件を買わせたとの報道がされています。

しかし、第三者委員会を設置し、調査をしていましたが詳しい調査結果は公表されていません。

また、2021年5月の朝日新聞のニュース記事に調査結果については公表しないと回答しています。

このような報道はありますが、行政指導などを受けたわけではありませんので、事実かどうかは不明です。

参考URL:https://spilytus.co.jp/news/ 

東京23区以外の地域への投資ができない

スピリタスの提供しているアパートは、立地を厳選しているため、東京23区内にしか投資用不動産がありません。

そのため、地方の方が自身で管理しながら投資するのは難しい可能性があります。

ただし、スピリタスは不動産の管理もしているため、すべての業務を委託すれば投資は可能です。

任せっきりの投資を考えているのなら、問い合わせをするようにしてください。

スピリタスのセミナーに参加する手順

スピリタスは現在セミナーや面談は実施していません。

しかし、過去には投資セミナーの参加企業の一つとして、参加したことがあるようです。

ホームページの口コミでもセミナーで紹介されたというものがあったので、今後開催される可能性はあります。

現時点では、スピリタスの話を聞きたい場合には、ホームページから問い合わせるようにしてください。

スピリタスの運営会社情報

株式会社スピリタスは2012年に設立された不動産会社です。

主な事業内容は都心の狭小アパートをコンセプトとした「ククリ」を収益不動産として、販売しています。

2017年には売上31億円を超えており、著しく成長している会社です。

雑誌やテレビなどもでも紹介されており、大きく伸長している会社になります。

株式会社スピリタスの会社概要

株式会社スピリタスの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社スピリタス

設立日

2012年1月23日

代表者名

仲摩 恵祐

本社住所

〒107-6012
東京都港区赤坂1丁目12番32号 アーク森ビル12階

まとめ

スピリタスは狭小アパートの「QUQURI(ククリ)」を販売している不動産投資会社です。

設立5年で70棟以上の展開をしており、勢いのある会社になります。

また、狭小アパートではあるものの家賃も安く、立地にこだわっているので入居率が高いことも特徴です。

都内でアパート投資を検討している方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨