「宅建の資格をとったから不動産業界に転職しようと思っている。宅建Jobエージェントというサービスがいいみたいだけど、実際にどうなんだろう?」

「宅建Jobエージェントを実際に使った人の声や感想を知った上で利用を検討したい!」

転職エージェントで転職する人は増えてきましたが、相談するエージェントが転職希望の業界出身者だとより信頼できますよね。

今回の記事では、不動産業界に特化した転職エージェントである「宅建Jobエージェント」を紹介します。

宅建Jobエージェントは毎月600名が登録している人気のサービスで、非公開の求人を含め1,000件以上の求人が募集されています。

今回の記事では、宅建Jobエージェントを実際に利用した人の声や、メリット・デメリットについて人事歴9年の筆者の目線で紹介をしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントとはハイクラスの年収も狙える不動産業界特化の転職支援サービス

宅建Jobエージェントとは、数多くある転職エージェントサービスの中でも珍しい、不動産業界に特化したエージェントです。

転職エージェントにはどんな業界や職種でも幅広く扱う会社もあれば、ITなどに特化した会社、年収800万円以上などのハイクラスに絞った会社などいくつも種類があります。

その中で、宅建Jobエージェントは不動産業界を専門としたエージェントであり、不動産業界でキャリアを積んでいきたい人には非常におすすめできるサービスです。

宅建Jobエージェントの評判・口コミ4選を紹介

宅建Jobエージェントを実際に活用している方々の評判や口コミを見てみましょう。

本音が直接的に書かれているツイッターを確認します。

宅建Jobエージェントの評判・口コミツイート①

宅建Jobエージェントの評判・口コミツイート②

宅建Jobエージェントの評判・口コミツイート③

宅建Jobエージェントの評判・口コミツイート④

宅建Jobエージェントは良い評判が多いですね。

ツイッターではサービスや商品の悪い評判もたくさん見つかりますが、そんなツイッターでも好評な点は安心できます。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントのメリット・特徴5選

続いて宅建Jobエージェントのメリットや特徴を紹介します。

宅建Jobエージェントのメリットと特徴としては、

  • サービス利用料が完全に無料
  • 不動産業界に特化したキャリアアドバイザーに無料相談できる
  • ネットでは見つからない求人情報が豊富にある
  • 不動産業界での経験がなくても利用できる
  • 土日祝でも対応可能

が挙げられるので、具体的に見ていきましょう。

宅建Jobエージェントのメリット・特徴1.サービス利用料が完全に無料

利用料が完全に無料

宅建Jobエージェントは、転職を希望している利用者側には一切費用がかかりません。

世の中には、就職や転職のためのスクールやサポートで稼いでいる会社もたくさんありますが、宅建Jobエージェントは完全無料で使うことができます。

企業を紹介してもらえるだけではなく、履歴書の書き方や転職市場の動向、面談の準備まで無料でサポートしてもらえるのは非常にありがたいですよね。

もちろん、途中で転職をやめても問題ありません。

不動産業界での転職を考えている場合は、登録しない理由はないと思います。

宅建Jobエージェントのメリット・特徴2.不動産業界に特化したキャリアアドバイザーに無料相談できる

不動産業界に特化したキャリアアドバイザーに無料相談できる

転職エージェントを活用する時は、キャリアアドバイザーが現在求人を行っている会社の情報を教えてくれたり、こちらが希望している条件を具体的に落とし込んでくれたりとサポートしてくれます。

特に転職が初めての方にとって、キャリアアドバイザーは重要と言えるでしょう。

宅建Jobエージェントは、そのキャリアアドバイザーが不動産業界に特化しています。

すでにある程度キャリアを積んでいる方で、より専門的に不動産業界の転職を考えている人にとっては、一般的なエージェントよりも具体的なアドバイスが期待できますよね。

宅建Jobエージェントのメリット・特徴3.ネットでは見つからない求人情報が豊富にある

ネットでは見つからない求人情報がある

ネットを活用すればある程度の情報は集まりますが、全ての求人情報がネット上にあるわけではありません。

この点は不動産物件と似ているかもしれません。

キャリアアドバイザーはこちらのキャリアや要望を聞いた上で、非公開求人含む1,000件以上の求人から厳選した情報をいくつも紹介してくれます。

不動産業界におけるキャリアを考えた上で、適切な求人情報を提示してもらえるのは、エージェントを活用する大きなメリットですよね。

宅建Jobエージェントのメリット・特徴4.不動産業界での経験がなくても利用できる

不動産業界での経験がなくても利用可

社会人を経験してきた中で、不動産業界に新しく興味を持つ場合もありますよね。

宅建Jobエージェントは不動産に特化していますが、これまで経験がなくても相談が可能です。

実際に35%が業界未経験者というデータも公表しています。

資格が無い人も募集対象としていますし、初めて不動産に挑戦したい方でも気軽に相談できるのは嬉しいですよね。

宅建Jobエージェントのメリット・特徴5.土日祝でも対応可能

土日祝日でも対応可能である

転職を検討している理由の1つに「忙しすぎること」があるかもしれません。

優秀な方ほど業務が集中するものですよね。

平日は仕事でほぼやり取りできないという方も、宅建Jobエージェントなら土日や祝日も対応しています。

電話、LINE、メールでのやり取りを主にできるため、実際に時間を取って通う必要もないでしょう。

忙しい方の転職にも助けになるサービスではないでしょうか。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントのデメリット・注意点2選

宅建Jobエージェントは、不動産業界において転職を検討している方にはとてもおすすめできるサービスです。

一方で、デメリットや注意点がないかも確認してみましょう。

少ないですが宅建Jobエージェントのデメリットや注意点は下記になります。

  1. 別業界への転職はサポートできない
  2. 1都3県の求人がメイン

ご自身に問題ないか見ていきましょう。

宅建Jobエージェントのデメリット・注意点1.別業界への転職はサポートできない

別業界への転職はサポートできない

宅建Jobエージェントは不動産業界を専門としているため、他の業界への転職はサポートできません。

「不動産会社で数年働いてみたけれど、いまいち合わなくて転職を考えている」という人などは、もしかしたら大きくキャリアを変えた方がよいかもしれませんよね。

不動産でキャリアを積んでいくのか自体を悩んでいる方には情報が足りない可能性もあります。

その場合でも、利用は無料のため、まずは相談してみるのもいいもしれません。

宅建Jobエージェントのデメリット・注意点2. 1都3県の求人がメイン

一都三県の求人がメインである

宅建Jobエージェントは全国1,000件以上の求人を揃えています。

しかし、メインとなるのは1都3県(東京、千葉、神奈川、埼玉)で、その他の地域の方には情報が足りない可能性があります。

どうしても特定の地方で転職をしたい方には、条件が合う案件が見つからないかもしれません。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントは不動産業界への転職を考えている人全般におすすめ

宅建Jobエージェントは、不動産業界での転職を考えている人にはぜひおすすめできるサービスです。

無料でキャリアアドバイザーに相談ができますし、未経験や資格がなくても手厚いサポートが受けられるのは有難いですよね。

不動産業界での転職を考えている人には、一般的なエージェントよりも、専門的な宅建Jobエージェントをおすすめします。

宅建Jobエージェントでの転職は早ければ早いほどよい(全ての転職に共通)

転職は早いほど、若いほど有利ということは覚えておいてください。

年齢を重ねるほど期待されるスキルや経験が高まっていきますので、「年齢に対して有能かどうか」というハードルが高くなっていくわけですよね。

そのため優秀な方でも、年齢に対しては普通レベルとして好条件の転職が少なくなっていく現実があります。

一方で若い方ならば、若さゆえのポテンシャルを買われて、スキルや経験が乏しくてもよい会社に転職できてしまうことが少なくないのです。

これは長期的にはとてつもない差になってきますので、転職を考えている方はできるだけ早く、若いうちに実行することをおすすめします。

このような転職のリアルを知るためにも、エージェントに登録して無料相談することは意味があると言えるでしょう。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントと他の転職エージェントの違いは?

不動産業界で転職を考えている方でも、他の転職エージェントを使う選択肢も当然ありますよね。

ここでは人事経験の長い筆者の観点から、宅建Jobエージェントと他のエージェントの違いをお伝えします。

宅建Jobエージェントでは不要な求人案内が少ない

転職エージェントの中には、どこでもいいから企業を紹介して転職させようとするサービス会社も少なくありません。

転職希望者のメールアドレスや個人情報が社内に共有され、毎日何人も同じ会社のエージェントから求人メールが送りつけられてきて、メールアドレスが使い物にならなくなる事態もありますよね。

当初の希望などお構いなしで、ひたすらメールを送り付けてくる転職エージェントに困っている方も少なくないでしょう。

宅建Jobエージェントならば、良くも悪くも不動産業界以外の求人を紹介されることはありません。

不要な求人を紹介されて時間を無駄にすることは少ないでしょう。

他の転職エージェントでは不動産業界比率は10%前後(宅建Jobエージェントは100%)

大手の転職エージェントでは求人総数が10万件を超えるサービスもいくつかあります。

しかし、その中で不動産企業は数%から多くても10%程度しかなく、次第に不動産業界から離れた求人も送られてくるようになってしまいます。

一方で、宅建Jobエージェントは求人総数においては劣りますが、その100%が不動産業界ですので転職自体にかける時間を減らすことができるでしょう。

すでに不動産キャリアに決心している人には最適なエージェントだと言えます。

宅建Jobエージェントは担当エージェントが不動産業界を熟知(アンマッチが防げる)

宅建Jobエージェントが100%不動産業界に特化しているメリットとして、当然ながら宅建Jobエージェントで担当してくれるエージェントが不動産業界を熟知していることがあります。

転職支援サービスでは担当するエージェントの質がとても重要であり、例えば何でも扱う総合転職サービスの場合、担当エージェントが不動産業界に詳しくないと手当たり次第不動産会社を紹介され、時間を浪費するだけではなくアンマッチの企業に入ってしまうリスクすらありますよね。

未経験でも経験者でもこちらの希望ややってきたことを伝え、それを正しく理解して企業を紹介してもらえないと意味がありません。

この点、専門エージェントでは「担当が分かっていない」という致命的な問題を避けられるため、転職が成功する確率はより上がると言えるでしょう。

不動産と一括りにしても幅広いため、エージェント側のレベルも間違いなく重要と言えます。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントの他にも登録するべき?宅建資格は取るべき?

転職活動をすでに経験した方は同じエージェントを使ってもよいですが、初めて転職をする方や、不動産業界での転職が初めての方もいますよね。

転職エージェントは複数登録すべきという意見もありますし、不動産業界ならば転職活動と並行で宅建の資格勉強をすべきという声もあります。

いろいろな情報がありすぎて混乱しないように、人事歴9年の筆者がアドバイスしたいと思います。

宅建Jobエージェント以外の登録は不要(不動産業界に決めている場合)

多くの転職エージェントに登録をして多くの情報を得ようと書いている人もいますが、情報だけ集めても意味がありません。

大量の会社に応募をしたとしても、経験やスキルが足りなければどこにも採用されませんし、逆にたくさんの会社で選考が進んでしまった場合、複数のエージェントを使っていると日程調整などが非常に厄介になります。

何も経験が無く、できるだけ多くの会社を見ようとする新卒採用とは根本から異なりますよね。

すでに不動産業界でキャリアを積んでいこう、不動産業界に挑戦しようと決めているのならば、下手にエージェントを増やしても時間の浪費になります。

転職先は不動産業界と決めている場合は、宅建Jobエージェント以外の登録は不要でしょう。

宅建資格の有無は宅建Jobエージェントに聞いてみる

宅建資格が必要かどうか、取っていると有利なのかについては会社ごとに異なります。

宅建資格を持っている従業員が大半の会社もあれば、ほとんどの従業員が持っていなくても業務が遂行できている会社もありますよね。

また、会社や業務によっては貸金業取引主任者など別の資格受験を必須にしているところもあります。

資格の有無などの詳細な情報を聞くためにも、まずは宅建Jobエージェントに登録することをおすすめします。

宅建Jobエージェントでは「宅建手当あり」が分かる

すでに宅建を持っている人は、その分手当があれば嬉しいですよね。

宅建Jobエージェントは「宅建手当」という切り口でも求人を探せます。

資格を持っているだけで手当が増えるのはとても有難いですし、担当者の方に伝えてみてはいかがでしょうか。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントは給料交渉もしてくれる?転職で給料は交渉すべき?

転職理由にはいろいろありますが、給料を上げたいと考える方も多いですよね。

スキルアップして給料を上げていくのがサラリーマンですから当然の目的です。

一方で、転職の理由は給料だと正直に言いにくいところもあります。

ここでは、給料交渉はすべきなのか、宅建Jobエージェントは給料面でのサポートもあるのか、人事歴の長い筆者がお伝えいたします。

転職で希望の給料は伝えてよい

転職をする際に希望の給料を伝えることは決して悪いことではありません。

給料はいくらでもよい、とにかく働ければよいという低姿勢の方もいますが、すぐにでも転職しなければいけない理由があるのかな?と不思議に思われてしまうこともあります。

転職では現在の給料を伝えることが一般的ですので、こちらの希望を伝えることは問題ないでしょう。

宅建Jobエージェントは給料交渉も対応してくれる

希望の給料を伝えるのはどうしても気まずいという方は、エージェントを通して給料交渉することもおすすめします。

宅建Jobエージェントは給料交渉も対応してくれるようです。

もちろん隣にいて交渉してくれるのではなく、面接を受けたアフターフォローや入社を迷っている時に、エージェントからも会社側に連絡してくれます。

自分がいないところで給料交渉をしてくれるのは頼もしいですよね。

転職で後悔しないためにも、希望はしっかりと伝えましょう。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントを使う3つのステップ・流れを解説

実際に宅建Jobエージェントを使う方法をお伝えします。

ステップ1.無料転職支援サービスに登録

まずはホームページから、登録フォームを入力します。

年齢や地域などを選んでいくだけで、30秒から1分で登録完了です。

ステップ2.希望のヒアリングと求人紹介

登録が完了すると、キャリアアドバイザーからのヒアリングがあります。

条件面などの希望を聞いてもらえるのはもちろん、自分一人では気づけないような情報や考え方を教えてもらうこともできますよ。

ステップ3.転職面接

応募したい企業が見つかったら、キャリアアドバイザーが面接を設定してくれます。

履歴書の修正や面接対策までサポートしてもらえるのは心強いですね。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る

宅建Jobエージェントの運営会社情報

宅建Jobエージェントは、株式会社ヘイフィールドが運営している転職エージェントサービスです。

人材紹介事業の他にも、不動産Webメディアの運営や集客支援事業も手掛けています。

株式会社ヘイフィールドの会社概要

会社名

株式会社 ヘイフィールド

所在地

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-6 松田ビル6階

資本金

399万9999円

事業内容

人材サービス事業
インターネットメディア事業

許可番号

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-311453

まとめ

宅建Jobエージェントは不動産業界を専門とする転職エージェントです。

完全無料でキャリアアドバイザーからアドバイスを受けられますし、不動産業界未経験者の転職実績も多く、信頼できるサービスでしょう。

不動産業界でキャリアを積んでいきたい方には強くおすすめします。

一般の転職エージェントでなかなか希望の会社が見つからない方は、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

宅建Jobエージェントの公式サイトを見る