IT重説とは、テレビ会議などオンラインで賃貸借契約においての重要事項を説明することを指します。

これまで賃貸借契約における重要事項説明は、 宅地建物取引士の有資格者が必ず対面で説明をする必要がありました。

しかし、2017年からオンラインサービスを活用した非対面の環境でも、重要事項の説明ができるようになりました。

ただし対面の際と同様に、重要事項説明書を事前に賃借人に対して渡しておかなければいけないという義務があります。