「トーシンパートナーズの口コミは良いの?」

「トーシンパートナーズのメリットやデメリットを知りたい」

この記事では、トーシンパートナーズの不動産投資について、上記のような疑問に答えていきます。

トーシンパートナーズは創業30年を超える、投資用のワンルームマンションを提供している不動産投資会社です。

ワンルームマンション投資であるため、少ない自己資金で投資を始めることが出来る魅力的なメリットがあります。

ただし、トーシンパートナーズには他社にない注意点もあるため、注意点を理解しておくことも重要です。

そこで、この記事では、トーシンパートナーズの特徴や注意点について詳しく解説しています。

最後まで読んで、トーシンパートナーズを利用する参考にしてください。

トーシンパートナーズに関する評判・口コミ

トーシンパートナーズについての悪い評判と良い評判を、実際にあった口コミで紹介していきます。

トーシンパートナーズに関する悪い評判・口コミ

最初にトーシンパートナーズの悪い評判を紹介します。

“前々から不動産投資には興味がありましたが、資金的な不安があり、なかなか投資を始められませんでした。

インターネットなどでいろいろ調べた中に少額でも不動産投資が始めることが出来るトーシンパートナーズを見つけました。

そこで、試しに電話で相談をすることに。

最初はすごく丁寧で話を聞いてくれていたのですが、だんだんと強引な営業が始まり、嫌な思いをする方もいるだろうなと思いながら話を聞いていました。

こちらの様子を感じとったのか最初の丁寧な対応に戻ったのですが、不信感が拭えない状態でしたので、投資はやめました。”

“ある程度の貯蓄も出来たので何か資産運用をしたいと考えており、いろいろな投資を勉強している中で不動産投資に強い興味を持ったため、投資セミナーなどに参加していました。

その中でも少ない資金で不動産投資が出来るトーシンパートナーズに興味を持ったので、すぐに電話での無料相談をして話を聞きました。

説明はわかりやすく、丁寧な印象でとてもよかったです。

しかし、無料相談の後から営業の電話が何度かあったのは少し鬱陶しかったので、そこは控えてほしいと思いました。”

他社と比べても、しつこい電話での営業が多いという声が多かったです。

トーシンパートナーズに関する良い評判・口コミ

次に、トーシンパートナーズの良い評判を紹介します。

“夫婦共働きで子どもがいないため老後の資産形成をしたいと思い、不動産投資を考えていました。

そこで、いくつかの不動産投資会社に話を聞きましたが、不動産投資をするにはある程度の自己資金が必要と言われて諦めていました。

そんな折に、トーシンパートナーズが扱っているのはワンルームマンション投資のため、他の不動産投資よりも自己資金が少なくても始められると聞いたので、電話での無料相談をすることに。

担当者の方の話も丁寧で親身になってくれたので、トーシンパートナーズでの投資を決めました。”

“生命保険にも入っていなかったため、定年を迎えて貰った退職金を利用して資産運用をしようと考えていました。

そんなときにマンション投資を行っているトーシンパートナーズと出会ったのです。

担当者の方に資産運用と生命保険の話をしたときに、将来の運用プランの提案と団体信用生命保険へ加入することで生命保険の代わりになると説明を受けて、不動産投資に強く興味を持ちました。

その後、相談を重ねていく中で良い物件が見つかったので、契約して投資を始めました。

トーシンパートナーズで投資を始めて良かったと思っています。”

少額の自己資金でも始められるマンション投資を提供しているからトーシンパートナーズを選んだという声が多くありました。

また、担当者の方が運用プランを具体的に提案してくれるのが非常によかったという声も多かったです。

トーシンパートナーズのメリット・特徴3選

トーシンパートナーズの不動産投資を利用するメリットは以下の3つです。

  • 平均入居率が7%ある
  • オーナー専門の相談窓口サービスがある
  • マネジメントシステムサービスがある

それぞれについて説明します。

平均入居率が99.7%ある

トーシンパートナーズは30年以上に渡るマンション経営のノウハウやネットワークがあるため、99.7%という高い入居率(2019年度)を誇っています。

この入居率を保っている理由は以下の3つです。

  • データと経験を活かしたエリア選定している
  • 流行を追うのではなく、長年愛されるように計算された普遍的な美しさがあるデザインで設計されている
  • 安心と安全を高める最新のホームセキュリティシステムがある

マンション経営で重要な立地条件については長年蓄積してきたデータと周辺地域の情報や将来の予想を徹底的にリサーチすることで、長く高い需要が見込める物件の供給を行っています。

このように、高い入居率があることは不動産投資するうえで、非常に魅力的なポイントです。

オーナー専門の相談窓口サービスがある

トーシンパートナーズは、不動産投資のオーナーが専任の担当者に相談できる専用ダイヤルを設置しています。

例えば、マンション経営に関することや物件についての質問、資産運用に至るまで様々なことに対してアドバイスをもらうことが可能です。

窓口を一本化しているため、迅速な対応をしてくれることも魅力の一つになります。

マネジメントシステムサービスがある

トーシンパートナーズには、「管理代行システム」と「借上システム」の2つのマネジメントシステムサービスがあります。

管理代行システムは、入居者審査から契約、退去までの管理業務を代行してくれるシステムです。

一方で、借上システムはトーシンパートナーズが借上げるため、空室のリスクを回避することが出来るシステムになります。

ただし、査定賃料の90%が借上家賃として支払われるため、管理代行システムよりは家賃収入が少なるので注意が必要です。

借上システムは安定した収入を得たい方に、管理代行システムは高い手取り収入を得たい方におすすめ出来るマネジメントシステムサービスになります。

トーシンパートナーズのデメリット・注意点2選

トーシンパートナーズのデメリットは以下の2つになります。

  • 過去に裁判で訴えられたことがある
  • 営業の電話がくることがある

それぞれについて説明します。

過去に裁判で訴えられたことがある

トーシンパートナーズは2012年にトーシンパートナーズと契約した2つのワンルームマンションについて「適切な価格を反映したものとは言えない取引」として東京地裁に訴えられました。

東京地裁では原告の訴えが認められてトーシンパートナーズが敗訴した形です。

しかし、東京高裁の控訴審に関しては一転してトーシンパートナーズの主張が認められたため、和解が成立しています。

詳細については以下のURLに記載されているので、確認するようにしてください。

URL:https://www.tohshin.co.jp/corporate/event/img/20120907.pdf 

営業の電話がくることがある

電話での無料相談をした場合、営業から電話がくる可能性があります。

実際に、口コミにも営業からのしつこい電話があったという意見が多くありました。

ただし、営業からの電話を防ぎたい場合は、相談の際に電話をやめるように依頼することで防ぐことが可能です。

トーシンパートナーズの電話相談をする手順

トーシンパートナーズは現時点で、定期的なセミナーを実施していません。

しかし、電話での無料相談は実施しています。

また、不定期ですがオンラインでの不動産投資セミナーも実施していることがあるため、気になる方はホームページを調べるようにしてください。

トーシンパートナーズの運営会社情報

株式会社トーシンパートナーズは1989年に設立された会社です。

設立後、バブルが崩壊し中核事業であるワンルームマンション投資事業を開始しました。

その後、売上規模240億を誇る会社に成長しています。

このように、創業から30年以上順調に成長している企業であるため、信頼性が高いです。

株式会社トーシンパートナーズの会社概要

株式会社トーシンパートナーズの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社トーシンパートナーズ

設立日

平成1年2月18日

資本金

10億円

代表者名

千代谷 直之

本社住所

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5

まとめ

トーシンパートナーズは投資用のワンルームマンションを提供している不動産投資会社です。

そのため、他の不動産投資より少ない自己資金で投資が出来ます。

また、99.7%という非常に高い入居率があるため、初めて不動産投資をする方にもおすすめです。

ワンルームマンション投資を検討している方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨