不動産の売買を行っている不動産会社にとって、不動産業者間のネットワークや自社で取り扱っている物件数は、非常に重要な意味をもちます。

より多くの売り物件情報を持っていれば、店舗に訪れた購入希望者に対してより多くの不動産情報を紹介することができます。

また、他社を含めた多くの不動産担当者とつながっていることで、自社で保有している売り物件を少しでも早く成約につなげることができるでしょう。

このような業績拡充におすすめなのがTRG(トラジ)です。

TRGでは、他社の営業担当者とのアポイントや、不動産の販路を効率的に増やすことができます。

2019年7月にリリースされたばかりの最新不動産テックサービスで、既存の不動産売買業務を効率化できることから、注目を集めています。

今回の記事では、TRGについて詳しく解説をしていくので、ぜひ参考にしてください。

TRG(トラジ)の公式サイトはこちら⇨

TRG(トラジ)の6つの特徴・メリット

TRGの主な特徴やメリットは以下の6つ。

  1. 地域や会社名、店舗名で担当者を検索できる
  2. 事前に担当者の顔写真やプロフィールを把握できる
  3. TRGに登録しているユーザーの物件や土地を検索できる
  4. 自分が登録した売却物件を他のユーザーから検索してもらえる
  5. 購入したい不動産の条件を入力すると、自動的に条件に合った物件や土地がマッチングされる
  6. チャットで担当者とやり取りができ、コミュニケーションが円滑になる

それぞれ解説していきます。

①地域や会社名、店舗名で担当者を検索できる

特定の地域を新しく開拓したいと思った時に、エリアを選んで担当者を検索することができます。

他にも具体的な会社名や店舗名を入力する形で担当者を検索することも可能です。

②事前に担当者の顔写真やプロフィールを把握できる

TRG に登録しているユーザーは、事前にプロフィール写真の登録や自己紹介、得意としている案件などを記載しています。

そのため、自分がマッチングしたい担当者を実際にアポイント前の段階で絞り込めます。

結果として、無駄なアポイントや電話のやり取りをする必要がなく、業務の効率化に有効です。

③TRGに登録しているユーザーの物件や土地を検索できる

TRGに登録しているユーザーが抱えている売却物件の情報も、まとめて検索することができます。

自社で紹介できる物件だけでは成約できなかった「購入希望者のニーズ」に応えられる確率もアップします。

④自分が登録した売却物件を他のユーザーから検索してもらえる

自分が抱えている売却物件の情報を登録することで、他のユーザーからも検索可能です。

より多くの物件照会が実現することで、TRGを経由して売買が成立するケースが増え、業績アップにもつながります。

⑤購入したい不動産の条件を入力すると、自動的に条件に合った物件や土地がマッチングされる

自分が抱えている顧客の希望条件を入力すると、条件を満たした物件や土地が自動的にマッチングされる仕組みです。

顧客の求める物件候補が多いほど、成約につながりやすくなります。自社で紹介できる物件だけでは成約に至らなかった顧客でも、満足させる物件が見つかるかもしれません。

⑥チャットで担当者とやり取りができ、コミュニケーションが円滑になる

他社の営業担当者と電話でやり取りするのを面倒に感じている人もいるでしょう。

TRGではチャットを活用してコミュニケーションが図れるため、他社の担当者とも、より効率的にやり取りできます。

チャットは一対一のやり取りだけでなく、複数の担当者とのグループチャットを利用することも可能です。

TRG(トラジ)を利用する際の3つの注意点

続いて、TRGの利用で押さえておきたい3つの注意点を紹介します。

①遅延損害金の発生

1つ目の注意点は、サービス利用料の支払いが遅れると遅延損害金が発生するということです。

もし利用料の支払いが遅れてしまった場合は、年利14.6%の遅延損害金が発生するため気をつけてください。

②実名、宅建番号、顔写真の登録が必須

2つ目の注意点は、TRGを利用する際に、必ず実名、宅建番号、顔写真の登録をする必要がある点です。

これらの情報を登録するのに抵抗がある人には向きません。

③虚偽の登録によるアカウントの停止

3つ目の注意点は、TRGに登録した情報に虚偽が見つかった場合、アカウントを停止される恐れがあることです。

登録した物件が「おとり物件」であったり、虚偽の情報掲載であったりする場合に、アカウント停止を受け、業務にも支障がでてしまいます。

TRG(トラジ)を利用した人の口コミ・評判

ここからは、TRGの口コミについて見ていきましょう。

https://twitter.com/oyachin_daisuki/status/1268417978648817670

TRGは2019年7月16日にリリースしたばかりのサービスで、実際に利用した人の口コミ等はそれほどあがっていないようです。

ただ、PR TIMESでのプレスリリース記事は数多くの人にシェアされており、不動産業界の人達を中心に関心を集めているのがわかります。

新たな評判とともに、今後のサービスに期待が持てそうです

TRG(トラジ)はユーザー1万人突破まで利用料無料のキャンペーンを実施中!

TRGは、2019年7月にリリースしたばかりのサービスです。

リリース直後のキャンペーンとして、「ユーザー1万人突破まで利用料無料のキャンペーン」が実施されています。
(2020年8月現在 公式サイトで掲載中)

本来であれば、個人・法人の区分で下記のような料金設定がなされているので、利用を検討している人はなるべく早く登録することをオススメします。

【TRG(トラジ)の通常時の料金設定】

・個人のユーザー:月額税込み ¥8,800/1ID
・法人のユーザー:月額税込み ¥50,000/1ID

TRG(トラジ)の運営会社情報

最後に、TRGの運営会社情報ついて紹介していきます。

TRGを運営している会社は株式会社トリビュートで、 宅建業免許を取得している不動産会社です。

2009年に設立された会社で、賃貸売買管理、事業開発やコンサルティング業務など幅広い業務を提供しています。

今回リリースされたTRGは、株式会社トリビュートが株式会社サービシンクに委託をして開発されたものです。

株式会社サービシンクは、不動産業を行っている会社に対し、 Web制作やプロダクトの開発等の業務を請け負っています。

株式会社トリビュートの会社概要

会社名株式会社トリビュート
役員代表取締役 田中稔眞
設立年月日2009年4月21日
資本金1600万円
事業内容・不動産賃貸業
・不動産管理業
・不動産仲介業
・事業開発全般、土地建物の有効利用、
 不動産に関する経営管理業務及びコンサルティング業務
免許証番号国土交通大臣(1)第9026号 平成28年7月26日

株式会社サービシンクの会社概要

社名株式会社サービシンク(Servithink co.,ltd.)
代表取締役名村 晋治 (代表ブログはこちらをご覧ください
所在地〒160-0022
東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興(オオタカミコウ)新宿ビル6F(アクセス
電話:03-6380-6022
FAX:03-6380-6621
創業1996年4月1日(個人事業主として創業)
設立/法人化2010年1月12日
資本金3,000,000円
取引銀行みずほ銀行 新宿中央支店

まとめ

今回は、不動産会社の担当者同士がすばやく効率的にマッチングできるサービス「TRG」について紹介しました。

既存の取扱物件数を増やしたり、ネットワーク・販路を増やしたりしていく過程において、TRGのサービスは非常に役に立つでしょう。

先程も紹介した通り、利用者1万人突破まで無料キャンペーンを実施しているので、検討している人は早めの登録をおすすめします。

TRG(トラジ)の公式サイトはこちら⇨

The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。