不動産投資をオンラインだけで行える「不動産投資型クラウドファンディング」が活況です。

不動産投資型クラウドファンディングは、スマホがあれば簡単に投資ができる手軽さが魅力的です。

また1万円から投資できるファンドもあり、従来の不動産投資のようにまとまった資金やローンを組む必要はありません。

不動産投資型クラウドファンディングに参入する企業は次々に増えていますが、この記事では「TSON FUNDING(ティーソンファンディング)」という新サービスをご紹介します。

筆者は投資家歴10年で、10社以上の不動産投資型クラウドファンディングに投資しています。

現役投資家の目線で分かりやすく解説をしていきますので、ぜひ参考にしてください。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

 

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨

 

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)に関するTwitterの評判・口コミ10選を紹介

まず最初に、TSON FUNDINGについてのリアルな声をSNS(ツイッター)から紹介していきましょう。

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート①

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート②

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート③

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート④

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート⑤

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート⑥

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート⑦

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート⑧

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート⑨

TSON FUNDINGに関する評判・口コミツイート⑩

TSON FUNDINGは2020年からオンライン対応してリニューアルしたサービスです。

不動産投資型クラウドファンディングを以前から活用している投資家も含めて、注目されています。

業界全体がとても盛り上がっている影響もあるでしょう。

最新情報はメールでも送られてくるため、ファンドを見逃す心配がありません。

筆者も2021年6月時点ですでに2ファンド出資しています。

ツイッターの評判でもあるとおり、当初は当選確率が高くてありがたかったのですが、最近は人気も出てきて当選が難しくなってきました。

ただ、それだけ他の投資家もTSON FUNDINGを認めているということですので、安心はできますよね。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)のメリット・特徴5選

次に、TSON FUNDINGの5つのメリットと特徴をお伝えしましょう。

TSON FUNDINGのメリット・特徴は

  • オンライン対応でリニューアル
  • 金利は高めの6.0%~6.7%
  • 上場企業が運営している安心感(TOKYO PRO Market)
  • 途中解約が可能
  • 長期にも短期にも対応

となっています。

それぞれ詳しく説明していきましょう。

TSON FUNDINGのメリット・特徴1.オンライン対応でリニューアル

メリット1.オンライン対応でリニューアルしたサービス

TSON FUNDINGはオンラインで申し込みできる不動産投資型クラウドファンディングとして、2020年にリニューアルしたサービスです。

それ以前にも、不動産小口化商品のサービスは行っていました。

ただし、出資手続きが郵送必須であったり、出資は1口50万円からだったりと、投資を行うハードルは高めでした。

今回、他の不動産投資型クラウドファンディングと同様に、少額からオンライン完結できるサービスにリニューアルした形になります。

TSON FUNDINGのメリット・特徴2.金利は高めの6.0%~6.7%

メリット2.金利が高めの設定になっている

TSON FUNDINGのファンドは、金利6.0%~6.7%と高めの設定です。

不動産投資型クラウドファンディング業界では全体的に金利が下がり気味で、現時点の平均は4%ほどだと思われます。

6%でも高金利に分類される中で、6.7%のファンドも多数募集しているTSON FUNDINGは、金利の高いサービスだと言えるでしょう。

TSON FUNDINGの金利は今後どうなっていくのか、目が離せません。

TSON FUNDINGのメリット・特徴3.上場企業が運営している安心感(TOKYO PRO Market)

メリット3.上場企業が運営している安心感がある

TSON FUNDINGを運営しているのは、東京証券取引所の「TOKYO PRO Market」に上場している「株式会社TSON」です。

TOKYO PRO Marketはプロの投資家専門のマーケットであり、ここから東証グロースなどに上場する企業が生まれることもあります。

東証プライムなど他の上場企業と比べると少し見劣りはするものの、監視の目が複数あることや成長企業であることに変わりはなく、信頼性が高まる材料ではないでしょうか。

さらに株式会社TSONでは不動産AIを活用し、WEBから日本全国の300万件以上の不動産データを分析しています。

住所や希望価格、希望販売期間を入力するだけで市場の販売動向を把握できるシステムを保有しており、市場価格を的確に判断しています。

そのため、リスクの少ないファンドが実現できているのです。

TSON FUNDINGのメリット・特徴4.途中解約が可能

メリット4.途中解約が可能である

TSON FUNDINGには、運用中であっても途中解約できるメリットがあります。

不動産投資型クラウドファンディングでは途中解約は原則できないサービスがほとんどです。

また、類似した投資商品であるソーシャルレンディングでも原則として、途中解約はできません。

投資は余剰資金で行うことが前提ですが、万が一、現金に戻せるのは安心材料になりますよね。

ただし、途中解約をすると出資額の3%と消費税の手数料がかかります。

また解約事由によっては解約を断られる場合もあるため、できるだけ途中解約はしない方がよいでしょう。

TSON FUNDINGのメリット・特徴5.長期にも短期にも対応

TSON FUNDINGのメリット・特徴5.長期にも短期にも対応

TSON FUNDINGは基本的に1年程度の短期のファンドが中心ですが、3年以上運用する長期のファンドもあります。

短期ファンドは匿名組合型ファンドと呼ばれています。

対象商品は

  • 森林再生シリーズ
  • SMART FUNDシリーズ

です。

1口1万円(最低出資5口)から投資ができ、6か月〜1年ほどの運用期間に設定されています。

一方で長期ファンドは任意組合型ファンドと呼ばれています。

対象商品は

  • SONAEシリーズ

です。

投資金額は短期ファンドよりも高く、1口10万円から投資ができます。

運用期間は3年からです。

自分の投資スタイルや資金量に合わせて投資できるため、多くの投資家にとって利用しやすいでしょう。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)のデメリット・注意点3選

TSON FUNDINGはメリットがいくつもあり筆者も投資していますが、デメリットや注意点も確認した上で投資を検討しましょう。

TSON FUNDINGのデメリットや注意点としては

  • 最低投資額は5万円
  • オンラインでの実績はこれから
  • 少額に限られていない

が挙げられます。

順番に説明していきましょう。

TSON FUNDINGのデメリット・注意点1.最低投資額は5万円

注意点1.最低投資額が5万円必要

デメリットというほど大きくはありませんが、TSON FUNDINGの最低投資額は5万円です。

元々は50万円でしたが、オンライン化に伴って5万円に下がりました。

最低10万円からのサービスも複数ありますが、最低1万円から投資できるサービスも増えているため「5万円は高い」と感じる方もいるかもしれません。

資金に余裕がある方には問題ないでしょう。

TSON FUNDINGのデメリット・注意点2.オンラインでの実績はこれから

注意点2.オンラインでの実績はこれから

TSON FUNDINGはすでに不動産小口化商品として実績はありますが、少額でオンライン完結型としては再スタートとなります。

2020年12月に1号ファンドが募集されたばかりのため、しっかりと運営が対応できるか、予定どおり償還されるかなどは未知数の部分があります。

2022年9月時点では月に1件~2件ほどのペースで募集されており、募集件数はだんだん増えてきていていますので、今後の発展に期待しましょう。

TSON FUNDINGのデメリット・注意点3.少額に限られていない

TSON FUNDINGのデメリット・注意点3.少額に限られていない

TSON FUNDINGでは最低1万円(5口)からとなっていますが、すべてのファンドが少額となっているわけではありません。

1口10万円からとなっているものあり、「少額なら試してみたい」と思っている方は、募集事項によってはなかなか手が出ないかもしれません。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)は優先劣後システムで投資家のリスクを低減

TSON FUNDINGは「優先劣後システム」という投資家の資金を守る方法を導入しています。

優先劣後システムとは、投資をする物件に対して、投資家だけではなく運営会社の「株式会社TSON」も出資する仕組みです。

TSON FUNDINGも投資家と同様にリスクを負うため、投資先の物件選定にはより専門性を発揮して力を入れるのではないでしょうか。

投資家としても、安心材料のひとつになりますね。

対照的な例が証券会社です。

証券会社の収入源は手数料であるため、投資家が儲けようが損をしようが証券会社は儲かってしまいます。

したがって、証券会社が推奨している株式を信用しすぎることは、あまりおすすめできません。

一方で、TSON FUNDINGは投資家と同じリスクを負うため、利害が一致していて信頼性が高まると言えます。

TSON FUNDINGの優先劣後システムは投資家の元本と利回りまで守られる

TSON FUNDINGの優先劣後システムは投資家の元本と利回りまで守られる

優先劣後システムでは投資家を優先出資者、株式会社TSONを劣後出資者として、配当や償還を優先出資者から優先的に支払います。

万が一収益が減少しても、劣後出資者の配当金を減らすため、一定割合の損失ならば投資家の配当や元本に影響はありません。

優先劣後システムは、投資家にとって非常に大きなメリットになりますね。

またTSON FUNDINGのファンドに投資をすれば、物件の選定から運用管理、投資のリスク対策まで任せられます。

さらに株式のように日々の値動きを気にせずに、ほったらかしで投資ができるため、好条件がそろっていると言えるでしょう。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)をおすすめしたい人の特徴

TSON FUNDINGはすでに不動産小口化商品事業を行っていた企業が、オンラインに対応してリニューアルしたサービスです。

不動産投資型クラウドファンディングは人気がありすぎて、魅力的なファンドが見つかってもすぐに満額達成してしまい、投資ができないケースは珍しくありません。

「投資先を広げたい」と思っている方には、安心度も高くおすすめできるサービスでしょう。

また「一つのサービスやファンドに集中投資するのは不安」と考えている方の、分散投資先としてもおすすめです。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)に実際に投資している筆者が感じている魅力は?

筆者は、2021年6月の時点で2つのファンドに投資済みです。

メールで最新情報が送られて来ると、原則毎回投資を試みます。

利回りは他社の不動産投資型クラウドファンディングと比べても2%~3%高いため、新規ファンドの募集がかかれば積極的に出資応募をしている状況です。

ここからはファンドに投資している筆者の目線で、TSON FUNDINGについての魅力を解説します。

TSON FUNDINGは高い利回りと上場企業運営が魅力的

TSON FUNDINGは高い利回りと上場企業運営が魅力的

TSON FUNDINGでは上場企業グループが運営していることも安心材料ですよね。

TOKYO PRO Marketではありますが、運営会社が未上場企業も多い不動産投資型クラウドファンディングの中で相対的にも、安定度は高いと言えるでしょう。

どなたにでもおすすめできる、総合力の高い不動産投資型クラウドファンディングサービスとなっています。

TSON FUNDINGは良心的(振込日まで日割りで分配金が計算される)

TSON FUNDINGは良心的(振込日まで日割りで分配金が計算される)

筆者が投資したファンドのうち、ひとつのファンドはすでに償還もされています。

償還については先に償還予定のメールが来ますが、そこでは振込日まで日割りで分配金が計算される旨も書かれていました。

つまり、予定利回りを超えて振込日まで利息が付くわけですので、「他サービスでは見たことのない良心的な対応だな」と感じました。

他の不動産投資型クラウドファンディングの中には、運用が終わっても1か月以上や2か月ほど経ってようやく元本が返って来るサービスもあります。

正直なところ、「その分利回りは低くなるのではないか」「投資効率が低くなるな」と不満に思っていたのですが、TSON FUNDINGならばむしろ遅れるほどお得になりますよね。

この点からも、TSON FUNDINGは投資家に有利な条件をそろえてくれている会社といえます。

また信頼できるサービスなので筆者のお気に入りですし、皆様にもおすすめしたいです。

TSON FUNDINGを実際にやってみた結果

筆者が実際にTSON FUNDINGをやってみた結果となります。

これまで10万円を投資していますが、高いリターンを得ていることが分かりますよね。

出資した後は何もやることがなく、問題なく運用されて分配金を振り込んでもらえました。

本当に簡単で儲かる結果となりました。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)で会員登録を行う手続きを写真付きで解説

それでは、実際にTSON FUNDINGでクラウドファンディング投資を始めるステップをお伝えしましょう。

1.TSON FUNDINGの公式サイトにアクセスし「無料会員登録」をクリックします

2.メールアドレスとパスワードを入力し「登録する」をクリックします

3.下記の画面になったら、先ほど入力したメールアドレスの受信箱をチェックしましょう

下記のようなメールが届くので、URLをクリックしましょう

4.会員情報を入力し「投資適合性の入力へ進む」をクリックします

5.投資適合性を入力し「口座情報の入力へ進む」をクリックします

6.口座情報を入力し「本人確認方法の選択へ進む」をクリックします

7.ハガキで本人確認にチェックし「選択」をクリックします

8.本人確認書類をアップロードし「確認画面へ進む」をクリックします

9.入力内容を確認し「同意して送信する」をクリックします

10.下記の画面になったら登録申請の完了です

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)にキャンペーンはある?2022年最新情報

ティーソンファンディングは筆者も投資をしている不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

不動産投資型クラウドファンディングでは投資額に応じたキャンペーンなどもありますが、TSON FUNDINGではどうなのでしょうか?

投資と登録している方にのみ届くメールも含めて確認します。

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)は4月にキャンペーンを実施

TSON FUNDINGは2022年4月にキャンペーンを実施していました。

出資額の1%を商品券で還元するというキャンペーンです。

運用期間にもよりますが、利回りが1%高くなると考えれば嬉しいですよね。

このように特定のファンドに投資をすると還元がもらえることがあります。

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)はポイントサイトでお得?

TSON FUNDINGはポイントサイトでお得なのでしょうか。

筆者が調べた限り、公式サイトから登録してもお得なキャンペーンを実施していることがあります。

登録した後にメールでキャンペーン情報が届く点も、TSON FUNDINGの特徴と言えるでしょう。

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)に元本割れはある?

TSON FUNDINGにこれまで元本割れはあるのでしょうか?

結論として元本割れはありません。

公式サイトでも公表していますし、筆者が投資したファンドも全て償還されています。

今までの元本割れについてはゼロですよね。

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)の評価は高い?

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)の評価は高い?

TSON FUNDINGの総合評価は高いのでしょうか。

利回りの高さや安全性、良心的な部分も含めて、筆者のTSON FUNDINGに対する評価はとても高いです。

ぜひおすすめできる不動産投資型クラウドファンディングと言えるでしょう。

株式会社TSONは上場している?株価は?

株式会社TSONは上場している?株価は?

TSON FUNDINGを運営している「株式会社TSON」は上場をしています。

しかし一般投資家が日々売買できるマーケットではありませんので、皆様が株を買うことはまだできないでしょう。

それでも上場には変わりませんので、安定性や資金面でもプラスであることは間違いないですよね。

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)の運営会社情報

TSON FUNDINGは「株式会社TSON」が運営している不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

設立から10年以上経っている愛知県の企業で、東京証券取引所のTOKYO PRO Marketに上場しているため安定性も高いと言えます。

すでに不動産小口化商品を豊富に扱ってきているため、実績も申し分ないでしょう。

株式会社TSONの会社概要

会社名

株式会社TSON

設立日

平成20年8月20日

資本金

1億円

本社所在地

愛知県名古屋市中村区名駅三丁目22-8 大東海ビル2F

登録免許

宅地建物取引業免許:愛知県知事(3)第21490号
愛知県知事免許(般-31)第107176号
愛知県知事第6号

事業内容

企業の販売促進活動の企画業務、広告代理店業、土地活用、
資産活用のコンサルティング
不動産売買仲介業務
建設工事、土木工事の請負及び設計施工
商品開発及び販売に関するマーケティング業務
賃貸住宅の設計、施工管理

まとめ

TSON FUNDINGは、不動産小口化商品に実績のある株式会社TSONが新たに始めた不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

最低投資額が下がったりオンラインで完結できたりと、投資家にとって使いやすくなりました。

運営会社は上場しており、不動産実績も豊富なため、信頼性の高いサービスではないでしょうか。

TSON FUNDINGの公式サイトを見る

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中で、最高額の150億円を調達している実績がある
3.3~8%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている
4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している
6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、初めて投資をする人限定で最大10,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

CREALでも過去最大規模のキャンペーンですが、キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

CREALの公式サイトを見る⇨