「現在保有している不動産を所有すべきか。」

「売却したいけれど損をしそうで、タイミングを逃している。」

不動産投資を行う目的は、もちろん収益のためですよね。

しかし、必ずしも今の不動産投資が将来的に利益を生むかはわかりません。

常に不安をもちながら、売却すべきかどうか悩む方も増えています。

たとえ不動産のプロに相談したとしても、相手も人間ですから未来を予測することは決して簡単ではありません。

実際のところ5年後、10年後の未来を確実に予測するのは難しいのです。

そこで参考にしてもらいたいのが、VALUE AIです。

こちらでは業界初の投資用不動産AI診断サービス、VALUE AIについて簡単に利用方法や特徴、評判などもご紹介していきましょう。

不動産投資のプロに無料で相談ができるサービス「セカオピ」とは?!

セカオピの評判・口コミ記事はこちら⇨

VALUE AIの利用方法を紹介

不動産投資診断と聞くと、あまり詳しくない人には小難しく感じてしまうかもしれません。

しかし、現在持っている投資用の不動産利益が先々どのように変化していくのかを知るためには必要なもの。

例えば10年後に価値が下がってしまう投資用不動産は、売却する方が良い場合もあるのです。

今所有している不動産は、本当に自分が思っている価値通りですか?

こちらでは簡単にその診断ができるように、利用方法を解説します。

アカウント&物件登録だけの簡単さ

VALUE AIはアカウントを作り、物件を登録するだけという簡単さが魅力です。

物件の登録は住所・家賃・価格といった情報を登録するだけなので、初心者でも簡単。

登録するとすぐに、不動産価値を認識できるのも嬉しいポイントです。

あくまで推定資産価値ではありますが、現在・5年後・10年後の3段階に分けて円グラフにより比較。

その表を使い、現在所有している不動産を所有すべきか、手放すべきかなどを検討する材料になるのです。

登録は無料

VALUE AIはクオリティーの高い不動産価値診断を提供しますが、無料で利用できます。

登録は3ステップのみで、誰でもすぐに可能なのが魅力。

  1. https://value-ai.jp/でメールアドレス登録
  2. VALUE AIの返信を確認
  3. パスワードを設定

という作業だけです。

難しく考える必要はないので、気軽にアカウントを登録してみましょう。

物件は複数登録可能

VALUE AI、同時に複数の不動産を登録できます。

しかも現在所有している物だけではなく、これから購入予定、検討したい、気になっているだけ、という段階の物も登録できるのです。

VALUE AIの凄さとは?特徴とメリット

VALUE AIは不動産価値を推測できることが、最大のメリットです。

これから先どうなるかわからない不動産を保有するべきかなど、あらゆる面から投資不動産物件を見極められるのが嬉しいですね。

こちらでは、具体的な特徴とメリットをまとめていきます。

業界初のAI採用

実は株式会社コスモイニシアでは、業界初のAIを採用した不動産診断が可能になりました。

AIだからこそ冷静で的確なデータベースをもとに、的確な判断ができるのです。

6,000万件の豊富なデータサービス

不動産投資のプロに意見を聞くもの大事ですが、やはりでデータベースをもとした診断結果は重要。

今まで行ってきた不動産投資のベースがあるからこそ、登録した物件が先々どのような利益を生むのかを推測できるのです。

一棟オーナーには全期間の利回りを推測

VALUE AIは現在保有している投資用不動産において、全期間利回りを推測できます。

決して今だけの利回りを計算するという、一過性のものだけではありません。

  • 現在の賃料からどのくらい変動するか
  • 最終的な売却益はどのくらいか

という2点に重点をおいて、診断できるのです。

現在検討しているものや気になる物件などをトータル的に比較し、将来的にどの物件を投資用不動産として所有すべきかということがわかるようになります。

一棟ビル・マンションオーナーには空室リスク&売却タイミングを推測

ビルやマンションのオーナーにとって、空室リスクはつきもの。

現在所有しているビルに店舗が入るのか、マンションの将来的な空室リスクはどのくらいあるのかを知れば、売却タイミングを逃しにくくなります。

診断は95,02%という正確性

いくらAIに賃料の診断を任せたとはいっても、間違いもあるのでは?そう考える方も多いことでしょう。

実はVALUE AI 診断は、4,98%の誤差率のみというがわかっています。

つまり95,02%は正確なので、ほぼ推測通りとして検討材料に使えるでしょう。

投資目標&資金計画が立てやすい

AI診断と聞くと不動産投資に詳しい人だけが利用するもの、というイメージがあります。

しかし、これから投資を始めたい方にも、どのくらいの利益がでるかなどを簡単に認識しやすいのがメリット。

今後の資金計画などが立てやすくなり、将来設計にも見通した立てやすくなります。

現在の不動産投資は正しいかを見直せる

今所有している不動産も、段々と価値は変動しています。

今の時点でこのまま所有して良いのかどうかを、すぐに見直すことが可能なのです。

自分の理想と現実の相場の違いを把握

いくら不動産を見る目に自信があったとしても、事情は色々と変わります。

「こうであってほしい、こうに違いない」という理想と、実際の相場を客観的&正確に認識できます。

VALUE AIのデメリット・注意点は?

個人投資者や不動産投資ビギナーの方でも、AIの診断により簡単に利用ができるVALUE AI

5年後、10年後の将来的な価値を診断できる反面、大きなデメリットが存在するのも事実です。

住民情報と環境は対象外

現在のVALUE AIでは、診断に投資不動産周辺における住民情報&環境は診断の対象外となっています。

つまり診断される価値は、あくまでデータベース上での価値。

生活をする人にとっては客観的な情報も大事ですが、実際に暮らした感想が大事でもあります。

ただし今後はこの住民情報と環境問題をさらに明確にすることで、より診断の正確性が高くなることも多いに考えられます。

絶対的な診断ではない

上記した通り、やはり診断を絶対だと思いすぎるのは危険です。

現在は緑多い立地でも突然の開発などもありますし、住民の増減によりデータだけでは分析できない住み心地があるのも事実なのです。

AIの診断も参考にしつつ、自分で気になる物件の周辺を調査することも大事なポイントでしょう。

気になるVALUE AIの評判・口コミは?

確かに説明を読むとVALUE AIはとても精度が高く、便利なサービスであることがわかります。

しかし、実際に利用している方の評判はどうなのでしょうか?

やはり口コミなどは参考になるので、気にしたいですね。

そこでいくつかピックアップしてみました。

不動産テックとしては最高

人間同士のやり取りや、個人の目利きが大事だとされてきた不動産投資。

それをAIが数あるデータベースを参考に診断することで、より客観的な判断ができるようになっています。

従来のアナログな検討方法に上手に組み込むことで、不動産投資の間口が広がるに違いありません。

ビギナーでも手を出しやすい

不動産投資に興味はあるが、どうしてよいかわからない

そんな方でも簡単に投資ができる、簡単なグラフ制の結果が魅力。

「これなら自分でもできそうだ」と思わせてくれるところが嬉しいですね。

売却タイミングがつかめる

今現在所有している物件はこのままで良いのか、という不安を解消しやすいのがポイント。

今まで調べるすべがなく、知り合いの情報などに頼っていた人も多いのが投資不動産の特徴でもあります。

売却タイミングを知ることで、損をしにくくなるのではと期待。

どこまで正確か様子見

AIの技術が凄いのはわかりますが、「物件」とは人間が暮らす住処です。

「どのくらの正確性があるのか」という不安が多少ある方は、ゆっくり調べていきましょう。

客観的な情報として参考にするのがおすすめです。

まとめ

こちらでは業界初のAI診断VALUE AIについて、簡単な利用方法や特徴メリット、評判などをまとめました。

投資不動産に興味のある方はもちろん、現在所有している不動産の価値、将来的な収益などを知りたい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

自分の理想とAI診断は、どのくらい重なっていますか?

不動産投資の目を試すという意味でも、早速試してみてくださいね。