「レゾナンス」は、都内一等地(港区浜松町・中央区銀座・渋谷区神宮前)の3店舗で“バーチャルオフィス”を提供する、株式会社ゼニスによるサービスです。

この記事では、レゾナンスの特徴やメリットはもちろん、評判や口コミまで分かりやすくまとめました。

「フリーランスとして、事務所兼自宅以外の住所が欲しい」

「渋谷区or中央区or港区などの人気エリアで登記したい」

上記のような要望を持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

レゾナンスの公式サイトはこちら⇨

レゾナンスの評判と口コミまとめ

 

「住所貸し」「郵便物受け取り代行業務」「転送電話サービス」「電話による応対代行業務」などのさまざまな方法で業務をバックアップしてくれます。

それでは、良い評判と口コミ、悪い評判と口コミの双方をご紹介しましょう。

レゾナンスの良い評判と口コミ

まずはインターネット上にある「レゾナンス」の良い評判をお伝えします。

「郵送物転送などのサービスが充実しているので、2年近く使っています。自社オフィスを借りるコストを削減でき、ありがたいです。」

できるだけ出費を抑えたい起業初期に関しては、初期費用を抑えられる点は大きな魅力ですね。

加えて、「電話転送」「郵便物転送」など、ユーザー視点に立ったオプションが良いという声も多数ありました。

「ネームバリューが高い都心の一等地(銀座、浜松街、渋谷神宮前)にあるバーチャルオフィスなのに、月額使用料が良心的でお得です。」

上記の場所にリアルなオフィスを構えるには、非常に高額な費用がかかります。

良心的な価格で必要な機能をサービスとして使える点は大きな魅力です。

「会社の登記を、大好きな渋谷区神宮前にしたかったので契約しました。」

若者から支持を集める街、「神宮前」での登記は、企業の認知度アップやブランドイメージ向上といった効果も得られるでしょう。

「レゾナンス」の口コミは、好意的なものがほとんどでした。

起業したばかりの会社、自宅で受託開発をするエンジニアなどのフリーランスは要チェックです。

レゾナンスの悪い評判と口コミ

一方で、悪い評判・口コミにはどのようなものがあるでしょうか。

「浜松町本店のビルのオフィスは快適でしたが、外装は古めに感じました。」

調べたところ、本店のある「浜松町ダイヤビル」の竣工は1979年でした。

確かに建物自体は古いですが、レゾナンス浜松町本店は2016年オープンのため、内装は問題ないでしょう。

公式サイトには、清潔感のある白い壁と机、座り心地の良さそうなオフィスチェアがある明るく落ち着いた空間が掲載されています。

さらに、JR浜松町駅、都営大江戸線・浅草線の大門駅まで徒歩2~3分という好立地も考慮すると、ビルの外装までは気にならない方が多いのではないでしょうか。

レゾナンスのTwitterの評判・口コミツイート

ネガティブな意見が飛び交うことのおおいTwitterでも、レゾナンスに対するポジティブな意見が複数見られました。

今後も最新の口コミが見つかり次第こちらに追記をしていきます。

レゾナンスの公式サイトはこちら⇨

レゾナンスのメリットと特徴3選

以上のように「レゾナンス」は、個人事業主やフリーランス、副業をされている方におすすめのサービスです。

具体的なレゾナンスの3つの特徴、

  • 起業して間もない人でも契約可能
  • 都内一等地の「バーチャルオフィス」が格安
  • サービスのプランとオプションが豊富

について、それぞれ紹介していきます。

レゾナンスのメリット・特徴1.「起業して間もない人でも契約可能」

「レゾナンス」は、幅広いユーザーを受け入れています。

フリーランスや個人事業主も契約できるのは大きなメリットです。

77,000円でホームページを作成できるサービスや、「みずほ銀行」への法人口座開設サポート(※審査有り)、法人クレジットカードの紹介(※審査有り)といった心強いサポートも用意されています。

「これからビジネスを大きくしていきたい」「初期費用を安くしたい」という、開業間もない方も安心です。

レゾナンスのメリット・特徴2.都内一等地の「バーチャルオフィス」が格安

月額料金が安い点も見逃せません。

「レゾナンス」は、東京23区の中でも特に人気が高い港区、中央区、渋谷区の住所を月額1,650円(税込・2021年9月現在)で借りられます。

上記は住所貸しのみのプランとなりますが、同業種の中でも、トップレベルに良心的な価格と言えるでしょう。

レゾナンスのメリット・特徴3.サービスのプランとオプションが豊富

下記のように、サービスの内容のプランが多数用意されているところもポイントです。

  • バーチャルオフィス(住所貸し)
  • 転送電話2点セットコース(住所+転送電話)
  • 転送電話3点セットコース(住所+転送電話+転送FAX)
  • 電話秘書代行セットコース(住所+電話秘書代行)

オプションの「郵便物都度転送」「専用FAX」「プライベートロッカー」等を契約すれば、さらに便利なバーチャルオフィスが実現できるでしょう。

レゾナンスの公式サイトはこちら⇨

レゾナンスは評判通り?デメリットや注意点はある?

「レゾナンス」はご紹介したように低価格で、各種オプションも充実しています。

目立って悪い評判も見当たりませんでした。

レゾナンスそのもののデメリットではありませんが、バーチャルオフィスであることで、通常のオフィスほど信頼は得られないことは少なからずあるでしょう。

とはいえ、日常的に業務をする上でバーチャルオフィスにしていることでデメリットを感じることはほとんどないでしょう。

レゾナンスを利用する方法を5ステップで紹介

「レゾナンスを利用したい」という方に、申し込み方法を簡単に解説しましょう。

1.申し込みフォームまたは来店にて申し込み

申し込みは、公式サイトの申し込みフォームを入力する方法と、直接来店する方法の2種類から選べます。

こちらでは、オンラインでほぼ完結できる申し込みフォームについて詳しく説明します。

申込み店舗

浜松町本店(港区)、銀座店(中央区)、渋谷店(渋谷区)のいずれかを選択します。

区分

個人、法人を選べます。

契約者の個人情報

氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどを記入します。

証明書(運転免許証、パスポート等)も画像で送付できて便利です。

取引を行なう目的

新規企業、事務所移転、その他から選択できます。

事業内容

どのような業態なのかも記載しましょう。

支払方法

銀行振込、クレジットカード、来店払いから選択できます。

ご利用コース情報・オプション

利用するコースやオプションなど、必要な情報を細かく入力していきます。

先に見積もりを取っておくのも良いかもしれません。

最後に、同ページにある「利用規約」に同意すれば申し込み完了です。

2.審査

申し込み内容をもとに審査が行われます。

所要時間は最短30分というスピード感もうれしいですね。

3.入金

審査完了後、クレジットカード決済または銀行振込で入金します。

入金の確認がとれ次第、利用可能住所・電話番号がすぐにメールで送られて来るので、この時点で登記や名刺の準備が始められます。

4.本人確認

申し込みフォームに添付した身分証の住所に、本人確認のための簡易書留が送られて来るので必ず受け取ってください。

来店で申し込みをする場合は、その場で身分証明書(原本)を提出すればこのステップは不要です。

本人確認だけはオンラインで完結できないので、しっかりと確認しておきましょう。

5.サービス開始

以上の簡単なステップで手続きは完了です。

レゾナンスの公式サイトはこちら⇨

レゾナンスの運営会社情報

「レゾナンス」の運営会社は、「株式会社ゼニス」です。

2016年、東京都港区浜松町にバーチャルオフィス第一号店となる浜松町本店をオープンさせました。

利用者数は年々増加し、2020月の時点では3店舗で5,099社が登録しています。

株式会社ゼニスの会社概要

株式会社ゼニスの詳細情報は以下の通りです。     

会社名       

株式会社ゼニス

代表取締役社長

鳥本時彦

本社住所

〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ダイヤビル2階

資本金

500万円(2021年3月24日時点)

事業内容

  1. バーチャルオフィス
  2. 郵便物受け取り代行業務
  3. 転送電話サービス
  4. 電話による応対代行業務
  5. WI-FIレンタル
  6. WEBサイト制作

今後の店舗増加や、サービス拡充にも期待大です。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で、自宅などで仕事をする「リモート」「テレワーク」というスタイルが注目されました。

バーチャルオフィス「レゾナンス」は、そういった新しい生活様式と働き方の変革を、きめ細やかにサポートしてくれます。

起業して間もない方はもちろんのこと、「副業の会社を興したい」「固定費削減のため、オフィスを縮小したい」という方も、一度「レゾナンス」を調べてみてはいかがでしょうか。

レゾナンスの公式サイトはこちら⇨