「ワークスの口コミは良いの?」

「ワークスのメリットやデメリットを知りたい」

この記事では、ワークスの不動産投資について、上記のような疑問に答えていきます。

ワークスは投資用マンションの開発や販売、管理業務を行っている不動産投資会社です。

設立してから24年で東京23区に100棟以上のマンションの販売と管理をしています。

そのため、実績が豊富で信頼性の高いことが特徴です。

ただし、ワークスは他社にはない注意点もあるため、投資を検討するなら注意点を理解しておかなければいけません。

そこで、この記事では、ワークスの特徴や注意点について詳しく解説しています。

最後まで読んで、ワークスを利用する参考にしてください。

ワークスに関する評判・口コミ

ワークスについての悪い評判と良い評判を実際にあった口コミを紹介していきます。

口コミをもとに、信頼できる会社なのか見極めてください。

ワークスに関する悪い評判・口コミ

最初にワークスの悪い評判を紹介します。

“将来十分な年金がもらえるかどうかわからない中で、20年後や30年後の生活を見据えると、年金以外の収入源を確保する必要があると感じていました。

いろいろな資産形成の方法を調べていく中で不動産投資が自分に向いていると思い決意。

私は不動産投資の知識がそこまで豊富ではなかったので、長い付き合いになる担当者が信頼できるかどうかで、購入を決めようと考えていました。

ワークスのセミナーに参加をしたときに担当してくれた方は、非常に熱意のある方で好感を持っていましたが、少し強引なところが気になりました。

しかし、好感を持てた部分も多かったので、もう一度話を聞いてみたいと思っています。”

“ずっと自営業をしている中で、別の収入源の必要性を強く感じていました。

そこに57歳になり老後の資金の確保が必要だと感じるように。

外資系の保険会社に勤める友人にそのことを相談して紹介してもらったのがワークスです。

不動産投資の知識が乏しく不安を感じている状態で話を聞いた私も悪いのですが、専門用語も多く少しわかりにくい部分が多かったです。

私自身の知識不足とは言え、初心者であることは説明していたので、専門用語などは使わないようにする配慮がほしかったと思います。”

強引な営業が多いという意見が多くありました。

特に、すぐにアポイントを取って面談しようとすることが多いようです。

また、説明に専門用語を使うなど配慮が足りない部分を指摘する声は少なくありませんでした。

ワークスに関する良い評判・口コミ

次に、ワークスの良い評判を紹介します。

“不動産投資の勉強をしている際に一括で資料請求を行った中にワークスさんがありました。

ワークス以外にも6社ほど営業の方と会って物件の紹介を受けたのですが、ワークスさんが最も私の話を聞いたうえで、私の立場に立って考えてくれていました。

提案してくれたプランも具体的で、丁寧な対応をしてくれたのが本当に嬉しかったです。

今後、20年や30年の付き合いになるなら信頼できる担当者さんがいるワークスで投資を始めたいと思ったため契約。

管理している不動産がすべて高い入居率があり、空室のリスクが低いことも投資をする決め手になりました。”

“不動産投資に興味を持って勉強していたところ、信頼している保険代理店のプランナーさんからワークスの営業の方を紹介してもらいました。

どの不動産会社に相談すればいいのかわからず悩んでいたところだったので本当に良いタイミングだったと思います。

初めての不動産投資だったので、初歩的な質問も多くぶつけさせてもらいました。

担当してくれている営業の方はレスポンスも早く、わかりやすく説明してくれたので、非常に良かったです。

ワークスの物件は厳選した立地に建てられたワンルームのため、長期的な視点でも需要があると感じ、迷いなく始めることができました。”

長い付き合いになる担当者の方が信頼できたからワークスを選んだという意見は非常に多くありました。

また、高い入居率が維持できていることもワークスが選ばれる理由のひとつです。

ワークスのメリット・特徴3選

ワークスの不動産投資を利用するメリットは以下の3つです。

  • 都内の将来性の高いエリアに厳選して建築している
  • 居心地の良さにこだわって部屋を設計している
  • 充実した購入後のアフターフォローがある

それぞれについて説明します。

都内の将来性の高いエリアに厳選して建築している

よくある人気エリアではなく、その立地の将来性を加味した立地に不動産を建築しています。

人気のエリアというのは高い賃料が見込めますが、景気に左右されることが多く、一気に価値が下がってしまうことがあるためです。

長期的な運用を考えるとリスクがある人気エリアではなく、独自の基準で選択されています。

ワークスが厳選しているエリアは、24年以上東京23区を中心に不動産を販売し続けているデータと最新の立地情報を基に選んでいるので、価値が下がりにくいのが特徴です。

このように、不動産投資に最適なエリアを厳選して選んでくれるのは、魅力的なポイントと言えます。

居心地の良さにこだわって部屋を設計している

ワークスの部屋の開発は数名〜数十人規模で行っています。

「快適に暮らせること」を最重視して、開発チーム全員が納得するまで追求しているので、設備が充実しているのが特徴です。

例えば、デッドスペースを活用したウォールキャビネットや機能性の高いキッチン、天井の高さも2.4メートルを確保しており、ゆとりある空間を演出しています。

このように、常に居心地の良さや快適性にこだわることで、流行を追うのではなく長く求められるマンションを目指して開発されています。

充実した購入後のアフターフォローがある

ワークスは購入後のアフターフォローが非常に充実しています。

例えば、リノベーションの提案や確定申告の書類作成、募集や家賃回収などの管理業務代行、退去後の原状回復などをオーナーの代わりに行ってもらうことが可能です。

さらに、入居者が退去したときの原状回復費用はすべてワークスが負担してくれることも、特徴の一つになります。

こういったアフターフォローがあるため、サラリーマンをしながらでも不動産投資が可能です。

ワークスのデメリット・注意点2選

ワークスのデメリットは以下の2つになります。

  • 営業の連絡がしつこいケースがある
  • エリアが東京に限定されている

それぞれについて説明します。

営業の連絡がしつこいケースがある

インターネット上で、ワークスのことを調べると「営業の電話がしつこい」というネガティブな情報が多くあります。

調べたところ、実際に上記のようなことは多いようです。

しかし、一度会って相談を始めると強引な営業はなく、丁寧に説明してくれます。

不動産投資に興味がある方は一度、話を聞いてみることをおすすめします。

エリアが東京に限定されている

ワークスは東京23区内の立地にこだわって建築しています。

そのため、東京エリア周辺以外には、物件がありません。

物件の管理業務などはワークスが行ってくれるため地方在住の方でも投資は可能ですが、実際に物件を見に行くことが出来ないため、仕事ぶりの確認などが難しいです。

そのため、地方の方が投資するには少しハードルがあります。

ワークスのオンライン相談をする手順

ワークスは現在セミナーや面談を実施していません。

しかし、以前は不動産投資セミナーを実施していたので、今後開催される可能性は高いです。

また、セミナーや面談がない代わりにZOOMでのオンライン相談を随時実施しています。

オンライン相談を申し込む手順は以下の通りです。

  1. ホームページからオンライン相談をクリック
  2. 個人情報を入力
  3. 担当者から連絡があり、日時を決定

このような手順で申し込むことが出来るので、興味がある方は一度申し込んでみてください。

ワークスの運営会社情報

ワークス株式会社は1996年に設立された収益不動産の開発・販売、管理業務事業を中核事業として行っており、平成29年はグループ合計の売上が190億円を超えている企業になります。

東京23区を中心に100棟以上のマンションを分譲しており、豊富な実績がある会社です。

都内で信頼のおける不動産投資会社を探している方は、ぜひ問い合わせてみてください。

株式会社日本ワークスの会社概要

株式会社日本ワークスの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社日本ワークス

設立日

1996年7月

資本金

1億円

代表者名

鎌田 勇人

本社住所

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー7階

まとめ

ワークスは投資用マンションを東京23区で販売してきた不動産投資会社です。

設立から24年の間に100棟以上のマンションを販売しており、高い入居率を誇っている実績があります。

また、アフターフォローが充実しており、確定申告の書類なども作成してくれることが特徴です。

東京で不動産投資を検討しているなら、ぜひ利用を検討してみてください。

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨