近年日本各地で急増、問題視されている空き家の増加。

その問題を「タダで不動産が手に入る」と言う夢のような話に変えるサービスが、みんなの0円物件です。

みんなの0円物件は空き家の管理や処分に困っている譲り手(物件所有者)と、安く不動産を入手したい探し手のニーズを見事にとらえた無料の物件マッチングサイトとして、メディアにも大きく取り上げられました。

空き家問題を解消しながら新たな都市開発のチャンスにつなげる画期的なビジネスですが、世の一般的な評価・評判だけでなく、実際に利用したユーザーはどう感じたのかも気になりますよね。

この記事ではみんなの0円物件に関する口コミや体験談を元に、このサービスの特徴や実際の利用方法に至るまでわかりやすく解説していきます。

みんなの0円物件の公式サイトはこちら⇨

みんなの0円物件の評判と口コミまとめ

Twitterではみんなの0円物件に関する多数のツイートが見つかりました。

他のSNSも含めどのような評判や口コミがあったのか、みんなの0円物件の特徴が分かりやすいものからピックアップしていきます。

みんなの0円物件の良い評判と口コミ

実際にサービスを利用したことがある人・ない人の双方で、ポジティブな意見が数多く見受けられました。

「ネットサーフィンで面白いサイトを見つけた。

みんなの0円物件、サイト見てるだけでも結構面白いな。」

「みんなの0円物件っていうサイト、面白い。

頭の中で『エア引越し』して楽しんじゃう。」

「なるほどな。

全国で空き家が問題化しているから、こうした取り組みは素晴らしい。」

「他の不動産買取サイトや掲示板も利用しましたが、全然買手が見つかりませんでした。

みんなの0円物件では『おまかせプラン』を利用しましたが、厳選された探し手に限定して交渉できるので、非常に楽でした。

支払いが後払いなのも安心です。」

「無事に契約までできるかどうか心配でしたが、司法書士と知り合いの不動産屋さんに相談して進めることができました。

今回は転居により自分が使えなくなった不動産を必要な方にお譲りしました。

解体費用が高い上、更地にすると土地の値段が安くて逆に赤字になってしまうので、すぐに貰い手が見つかるとは思えませんでした。

掲載後すぐに連絡が来て驚きました。」

みんなの0円物件悪い評判と口コミ

実際に利用した人からも高評価を得ているみんなの0円物件ですが、ネガティブな意見はどういうものがあるのでしょうか。

「みんなの0円物件で見つけた土地、欲しかったかも。

やっかいそうな物件も多いけど。」

「利用費がかからないのは嬉しいけど、登記や税金はかかるから意外と大変かもしれない。

不動産は難しいですね。」

「みんなの0円物件で田舎のキャンプ場候補見つかるかな~。

0円だけど山林の物件が多いから、造成とかするだけでそこそこお金かかるかも。」

みんなの0円物件の公式サイトはこちら⇨

みんなの0円物件のメリットと特徴3選

タダで不動産の譲渡ができるという点ですでに特徴的ですが、そのほかに魅力やメリットはあるのでしょうか。

ここではみんなの0円物件がどのようなサービスなのか説明しながら、その特徴を分かりやすく解説していきます。

みんなの0円物件のメリット・特徴1.ほぼ0円で物件の譲渡ができる

みんなの0円物件は、サイトへの物件掲載料が0円で利用できます。

掲載されている物件についても全てが0円、あるいはほぼ0円のため、物件をあげたい人、ほしい人の双方にとって極限まで安い費用で不動産を譲渡することができるのです。

空き家情報を掲載するサイトはいくつかありますが、その中でも掲載料や手数料が必要ないという点が、みんなの0円物件の大きな特徴です。

そもそも余計な手間や費用がかかっているからこそ手放したい空き家なので、その処分のために掲載費用が発生するのは不本意ですよね。

みんなの0円物件なら初期費用をかけずに譲り先を探すことができるので、空き家を持て余している人にとってはこの上ないメリットだと言えます。

みんなの0円物件のメリット・特徴2.無償譲渡に関する豊富なコラム

みんなの0円物件の公式サイトには物件情報だけでなく、無償譲渡に関する様々なコラム、ノウハウ記事が掲載されています。

空き家問題が顕在化している一方、不動産の無償譲渡に関するナレッジはそこまで多く出回っていないのが実情です。

みんなの0円物件を利用すれば、物件探しと同時に無償譲渡に関する情報を簡単に入手できるため、他のサイトで情報収集するより非常に効率的です。

また、自身が相続した土地を無償譲渡した経験がある創業者がこのサイトを運営しているため、掲載されているコラムも信頼できます。

みんなの0円物件ではマッチング後の取引は基本的に売買当事者で行う前提ですが、こういったノウハウが豊富に提供されていることは、サービス自体の安心感にもつながりますよね。

みんなの0円物件のメリット・特徴3.取引のサポートプランが用意されている

みんなの0円物件ではできるだけ安く不動産譲渡の取引を成立させるため、仲介事業を行わず、物件マッチング後の調査や取引全般は当事者で行うことが前提となっています。

しかしいくら0円とはいえ不動産取引。

何かトラブルがあっては心配ですし、そもそも慣れない取引に十分な時間をかけられないという人も多いはずです。

そう言った人に向けた有償の取引サポートサービスが用意されている点が、みんなの0円物件の特徴です。

このサービスを利用すれば、物件掲載費は変わらず無料で、マッチングが成立した後の事務手続きを運営会社にサポートしてもらうことができます。

不動産取引に係る契約書の作成や所有権移転登記など、ほとんどの人にとって初めてのことばかりです。

無償譲渡の経験者にサポートしてもらえるのは、非常にありがたいメリットなのではないでしょうか。

みんなの0円物件の公式サイトはこちら⇨

みんなの0円物件は評判通り?デメリットや注意点はある?

上述しているとおり、みんなの0円物件では仲介業務は行っていません。

そのため、契約書の作成から登記まで物件の譲渡にかかる手続きはすべて当事者で行う必要があります。

また契約や登記にかかる費用はサイト利用費用とは別に発生するため、一切の費用をかけずに不動産が手に入るわけではありません。

物件を入手するまでに必要な費用は自分で調べ、用意する必要があることを念頭に置いてサービスを利用しましょう。

みんなの0円物件を利用する方法をステップで紹介

みんなの0円物件の利用方法については、物件をあげたい場合と物件がほしい場合の2パターンあります。

それぞれの手順をステップごとに解説していきます。

物件をあげたい場合

まず、物件をあげたい(譲りたい)場合の手順がこちらです。

1.物件の掲載を申し込む

物件に関する情報を「掲載申込フォーム」あるいは「LINE公式アカウント」から送ります。

2.原稿確認

送信した情報を元に、サイト掲載用の原稿が作成されます。

作成された原稿について確認が入るので、間違いがないかチェックします。

3.募集開始

掲載内容に問題なければ物件情報を公開して、物件の貰い手の募集を開始します。

情報公開後も掲載内容の修正は何度でも無償対応可能です。

物件がほしい場合

次に、物件がほしい(譲ってほしい)場合の利用手順を解説します。

1.物件を探す

サイトに掲載されている物件の中から、自分がほしい条件に合う物件を探します。

2.問い合わせる

掲載されている物件は、物件ごとに取引条件が異なります。

気になる物件があれば、取引条件を確認した上で、物件情報の最下部にある「お問い合わせ先」をクリックして詳細を問い合わせましょう。

みんなの0円物件は仲介事業ではなくマッチングサイトです。

希望する物件を見つけ問い合わせた後は、自分で不動産の契約・交渉・手続きを進めていきます。

みんなの0円物件の公式サイトはこちら⇨

みんなの0円物件の運営会社情報

みんなの0円物件を運営する0円都市開発合同会社は、2019年に設立した不動産情報サービス会社です。

空き家問題の解決手段として「0円物件」を活用しながら新たな都市開発を目指し、そのための情報発信を事業として手掛けています。

0円都市開発合同会社の会社概要

0円都市開発合同会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名

0円都市開発合同会社(英語表記 Zero Estate,LLC)

所在地

北海道旭川市西神楽2線16号278番地3 西神楽グリーンツーリズムセンター「CAMPxZERO」内

TEL

050-3700-7370

設立

2019年7月30日

事業内容

不動産情報サービス事業/無償譲渡物件の不動産マッチング支援サイト「みんなの0円物件®️」の運営/不動産に関するコンサルティング

まとめ

みんなの0円物件は、相続などで地方の空き家の扱いに困っている人にとってはもちろん、出来るだけコストをかけずに物件を調達したいという人にとっても魅力的なサービスです。

譲り手、探し手ともにWin-Winの関係を築きながら空き家問題も解決していく画期的な仕組みといえるでしょう。

何より初期費用が必要ないという点が両者の背中を後押ししており、「空き家問題をなんとかしたい」という創業者の意志を感じます。

0円でどんな物件が手に入るのかサイトを見てみるだけでも楽しそうですよね。

開業したいけど手元資金があまりない人、別荘に興味はあるけど出来るだけお金をかけたくない人など、ニーズはまだまだありそうです。

みんなの0円物件の公式サイトはこちら⇨