「不特法クラウドの利用を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?」

「サービスの内容を理解した上で、利用するか判断したい!」

など、不特法クラウドを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

編集部が不特法クラウドのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

不特法クラウドの公式サイトはこちら⇒

業界シェアNO.1の不動産クラウドファンディングシステム「BLITZ CFS」がおすすめ!

新しく不動産クラウドファンディングサービスを立ち上げたい企業にとって、0からシステムを開発し、許認可を取得していくのは大変な手間がかかります。

立ち上げの手間を大幅に削減できるツールとして、不動産クラウドファンディングシステムをパッケージ化して提供しているサービスが複数存在します。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングシステムを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、株式会社ダイムラーコーポレーションが運営している「BLITZ CFS」です。

BLITZ CFSの特徴は以下の通り。

1.不動産クラウドファンディング立ち上げのために必要な機能が全てオールインワンで入っている
2.不動産特定共同事業の申請実績豊富な行政書士と連携していて、低価格で許認可申請サポートを受けられる
3.業界最安値の価格でスタートできる
4.運営会社が実際に不動産クラウドファンディングを運営しているため、運営開始後の相談も可能
5.業界NO.1シェアの契約実績あり

不動産クラウドファンディングのシステムを提供している会社で、自社で不動産クラウドファンディングを運営しているのはBLITZ CFSのみです。

不業界シェアNo.1の実績もあって、最安値帯でサービスを開始できるは嬉しいですよね。

まだ具体的な取り組み内容が何も決まっていない段階からでも、社内体制やおすすめの進め方などをサポートしてくれるので、興味を持たれた方は是非公式サイトから問い合わせてみてください。

BLITZ CFSの公式サイトを見てみる

不特法クラウドを不動産会社が導入する5つのメリット

不動産会社が不特法クラウドを導入するメリットを探っていきましょう。

不特法クラウドを導入する主なメリットとして、以下の5点にまとめました。

  • 不特法事業の運営をトータルでカバーするシステム
  • SNSの運用をサポート
  • インターネット広告の運用をサポート
  • ポータルサイトが充実
  • サポートが手厚い

不特法クラウドを不動産会社が導入するメリット1.不特法事業の運営をトータルでカバーするシステム

不特法クラウドでは、不特法事業の運営をトータルでサポートするシステムがあります。

不特法クラウドは、不動産投資型のクラウドファンディングに特化したシステムが作られています。

そのため、不動産に関する慣習に合わせたサイト設計を行うことが可能です。

不動産投資型のクラウドファンディングサイトを構築したい場合は、希望に近いものを作れるのではないでしょうか。

不特法クラウドを不動産会社が導入するメリット2.SNSの運用をサポート

不特法クラウドは、SNSの運用をサポートしています。

具体的には、SNSの運用をサポートすることでクラウドファンディングサイトを保有する事業者やサイトの認知を高めて顧客を増やして、サイトの安定した運用につなげることが目的です。

サポートの方法として、不特法クラウドのスタッフからSNSの運用について育成してもらえることとなっています。

また自社でSNSの運用をできるように育成しつつ、SNSの運用におけるリスクマネジメントやフォロワーや認知度拡大のためにキャンペーンを行っています。

今や広告や訴求を行う手段として欠かせないSNSの運用をサポートしてもらえることは、クラウドファンディングサイトの利用を拡大するために有効でしょう。

事実、不特法クラウドがSNSの運用をサポートした企業のSNSフォロワーが1年間で1.4万人を突破し、SNS経由でのクラウドファンディング出資累計金額が1億円を突破するという実績を上げています。

不特法クラウドを不動産会社が導入するメリット3.インターネット広告の運用をサポート

不特法クラウドを導入するメリットとしては、インターネット広告の運用をサポートしてもらえることも挙げられます。

これはインターネット広告を充実させることで、会員を増やすことを目的としたサポートです。

検索エンジンの広告枠やWebサイトやSNS、動画などのメディアの広告枠にクラウドファンディングのファンド広告を掲載することで、サイトの認知拡大などの効果を促す目的です。

なお活用しているインターネット広告の種類としては、リスティング広告やアフィリエイト広告、SNS広告やその他あらゆる広告です。

あらゆるインターネット広告を上手に活用することで、認知拡大や利用者拡大につなげられるでしょう。

不特法クラウドを不動産会社が導入するメリット4.ポータルサイトが充実

不特法クラウドには「FINDING FUNS」というポータルサイトがあります。

ポータルサイトは会員専用の外部メディアであるため、ポータルサイトを元々知っている人からの信頼を得やすいでしょう。

その外部メディアを通してクラウドファンディングサイトの認知拡大につなげることも期待できる、有効な手段です。

不特法クラウドを不動産会社が導入するメリット5.サポートが手厚い

不特法クラウドを導入すると、導入後も手厚いサポートを受けられるというメリットもあります。

具体的には導入後の保守サポートはもちろん、サイト名やロゴ作成に加えてパンフレット作成、戦略ミーティングへの参加など継続的なサポートを受けることができます。

クラウドファンディングサイトの構築や運用にあたり、不安を感じる事業者が多いのではないでしょうか。

その点において、導入後も色々とフォローしてもらえることは、安心できる材料となりますね。

不特法クラウドの公式サイトはこちら⇒

不特法クラウドに関する2つのポイント・注意点

メリットがある一方で、不特法クラウドを導入する前に知っておきたいポイントや注意点もあります。

不特法クラウドの主なポイント・注意点は、以下の2点です。

不特法クラウドに関する2つのポイント・注意点1.電話での問い合わせ窓口はない

不特法クラウドには、電話の問い合わせ窓口はありません。

公式サイトを見ても、問い合わせ先として確認できるのは公式サイト所定の問い合わせフォームのみです。

そのため不特法クラウドの導入を検討した後で不明点が出てきても、電話ですぐに問い合わせることはできません。

問い合わせフォームから何か質問を投げかけても、電話のようにすぐ解決できない場合や、問い合わせが立て込んでいる場合には回答を受け取るまでに時間がかかることもあり得るでしょう。

問い合わせを行う際には専ら電話を活用したいと考える人や、疑問点をすぐに解決したいという場合には、不便に感じるでしょう。

不特法クラウドに関する2つのポイント・注意点2.外部での口コミや評判が少ない

公式サイト以外で不特法クラウドの口コミや評判を探してみても、見つけることが困難です。

そのため、第三者による不特法クラウドの評価を見て導入を検討することが難しいでしょう。

もちろん口コミや評判はそれらを書いた人の主観であり、中には真実とはかけ離れたものが書かれている場合もあるでしょう。

それでも、事前に口コミや評判を見て不特法クラウドに対するイメージを高めて、導入の是非について検討したいと考える人には不便に思うのではないでしょうか。

不特法クラウドを導入することで実装できるシステム一覧

不特法クラウドを導入することで実装できるシステムについて、紹介します。

実装できるシステムの詳細を、以下にまとめました。

公式サイト

トップページ

サービス紹介

 

 

お知らせ

 

 

FAQ

 

 

問い合わせ

 

 

自社紹介

会員サイト

ログイン

新規会員登録

 

マイページ

投資申し込み

 

 

口コミ掲載

 

 

規約掲載

サービス

預託機能

 

 

再組成機能

 

 

投資家管理

 

 

本人認証&本人確認代行サービス、反社チェック

 

 

無償アップデート

 

不特法クラウドを運営する株式会社レプスの実績は?

不特法クラウドを運営しているのは「株式会社レプス」という会社です。

以下、株式会社レプスの実績を紹介します。

株式会社レプスは、2017年2月に設立された会社です。

不特法クラウドの運営から想像できる通り、多くの企業の不動産クラウドファンディングサイトの構築・運営に携わっています。

他にもWebシステムの開発、SNS&Webマーケティング、グラフィック&WebデザインなどITの分野で活動する会社です。

なお不特法クラウドのサービスにおいてはSNSやWeb広告の運営・サポートも担っていますが、これは株式会社レプスの事業で培われた強みを活かしている証拠でしょう。

不特法クラウドの公式サイトはこちら⇒

不特法クラウドの運営会社情報

最後に、不特法クラウドの運営会社情報を紹介します。

前述の通り、不特法クラウドを運営している会社は「株式会社レプス」です。

株式会社レプスは、京都府に本社を構える会社です。

また海外拠点として、タイのバンコクにも関連会社があります。

事業内容としては、不特法クラウドの運営など、IT関連の事業を手掛けているという特徴があります。

なお在籍する従業員数は関連会社も含めて9名と、少数精鋭の組織と言えるでしょう。

株式会社レプスの会社概要

株式会社レプスの概要にも、触れておきます。

株式会社レプスの会社概要について、以下にまとめました。

会社名

株式会社レプス

本社所在地

〒600-8815
京都市下京区中堂寺粟田町90 KRP8号館307

設立日

2017年2月

代表者

掘 公亮

社員の人数

9名

まとめ

今回紹介した不特法クラウドについて、重要なポイントを3つにまとめました。

  • 不特法クラウドファンディングに特化したサイトを開発
  • SNSやインターネット広告の運用をサポート
  • 導入後も手厚いフォローを受けられる

ITの可能性を掛け合わせた不動産クラウドファンディングシステムに興味を持たれた方は、不特法クラウドの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

不特法クラウドの公式サイトはこちら⇒

業界シェアNO.1の不動産クラウドファンディングシステム「BLITZ CFS」がおすすめ!

新しく不動産クラウドファンディングサービスを立ち上げたい企業にとって、0からシステムを開発し、許認可を取得していくのは大変な手間がかかります。

立ち上げの手間を大幅に削減できるツールとして、不動産クラウドファンディングシステムをパッケージ化して提供しているサービスが複数存在します。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングシステムを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、株式会社ダイムラーコーポレーションが運営している「BLITZ CFS」です。

BLITZ CFSの特徴は以下の通り。

1.不動産クラウドファンディング立ち上げのために必要な機能が全てオールインワンで入っている
2.不動産特定共同事業の申請実績豊富な行政書士と連携していて、低価格で許認可申請サポートを受けられる
3.業界最安値の価格でスタートできる
4.運営会社が実際に不動産クラウドファンディングを運営しているため、運営開始後の相談も可能
5.業界NO.1シェアの契約実績あり

不動産クラウドファンディングのシステムを提供している会社で、自社で不動産クラウドファンディングを運営しているのはBLITZ CFSのみです。

不業界シェアNo.1の実績もあって、最安値帯でサービスを開始できるは嬉しいですよね。

まだ具体的な取り組み内容が何も決まっていない段階からでも、社内体制やおすすめの進め方などをサポートしてくれるので、興味を持たれた方は是非公式サイトから問い合わせてみてください。

BLITZ CFSの公式サイトを見てみる