「少額で不動産投資を始めてみたい」

「不動産投資を始めるならどこがおすすめなの?」

など、不動産投資を新たに始めたいと考える人も、多いのではないでしょうか。

不動産に少額で投資する方法の一つに、不動産投資型クラウドファンディングがあります。

不動産投資型クラウドファンディングは、運営会社が多数の投資家から資金を調達し、不動産の購入や管理をおこない、配当金を投資家へ分配する投資方法です。

そのため、一棟不動産の所有とは異なり、資金の調達や管理の手間が省ける特徴があります。

今回は、一口一万円から始められる、不動産投資型クラウドファンディング「Funvest(ファンベスト)」の評判や口コミを徹底解説します。

不動産投資に関心のある人は、最後までご覧ください。

Funvestの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

Funvestの評判・口コミを紹介

Funvestは、Fintertech株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

Fintertech株式会社の母体は、大和証券グループとクレディセゾングループであり、厳選された質の高い投資先といえるでしょう。

Fintertech株式会社はFunvestのほかにも、投げ銭サービスや担保ローン・デジタルアセットなど、さまざまな金融サービスを提供しているフィンテック企業です。

Funvestの評判は、実際のところ、どうなのでしょうか。

投資家たちの気になる口コミをまとめてみました。

Funvestの良い評判・口コミ

まず、Funvestの良い評判・口コミを紹介します。

avatar
利用者

大企業の大和証券グループとクレディセゾングループが母体であることから、安心して投資できると思います。

倒産や信用力低下のリスクが少ないところが、出資する決め手になりました。

avatar
利用者

投資先が日本だけでなく、海外の取り扱いもあるのがいいと思いました。

海外の投資先であっても、為替ヘッジをつけて為替の影響を受けないよう設定されているのも安心です。

avatar
利用者

利回りは普通だと思いますが、安定していてリスクの低そうな案件が多いので、始めてみることにしました。

今回は日本の案件にしましたが、次は海外の案件にもチャレンジしたいです。

投資家たちは、Funvestに対して、「大手企業による出資で安心」「為替の影響を受けない投資が可能」などの点を評価しているようです。

Funvestの悪い評判・口コミ

次に、Funvestの悪い評判・口コミを紹介します。

avatar
利用者

残念ながら、Funvestの利回りは2%代のものが多く、低いと感じてしまいます。

もう少し利回りが高い案件も作ってほしいです。

avatar
利用者

海外案件のバリエーションを増やしてほしいです。

アメリカやヨーロッパの案件が出たら投資したいと思います。

現在募集中や運用がスタートしている案件の利回りはすべて2~3%となっており、低いとの意見もあげられています。

そのため、大手企業の信用力のある投資先を選びたい人や、為替の影響を受けずに海外資産に投資したい人に人気のサービスといえるでしょう。

また、現在募集中の海外案件はモンゴルであり、その他の国々にも投資したいという声も寄せられました。

Funvestの公式サイトはこちら⇒

Funvestの強み・メリット3選

Funvestに投資するメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

ここでは3点紹介します。

  • 運営会社が大手企業である
  • 国内外の豊富な案件に投資できる
  • 海外案件は為替ヘッジの設定で、為替リスク軽減できる

Funvestの強み・メリット1.運営会社が大手企業である

Funvestの運営会社は、大和証券グループとクレディセゾングループです。

どちらも上場企業であり、信用力が高く、外部監査などもあり適切な運営体制が構築されています。

残念なことに、かつて、他社のソーシャルレンディングサービスで、運営会社による不正行為が発生しました。

しかし、Funvestのような社会的信用の高い企業であれば、不正や詐欺のような案件に巻き込まれる可能性は極めて低いでしょう。

利回りを抑えながらも、安定的に投資家が利回りを得られる運用をおこなっています。

Funvestの強み・メリット2.国内外の豊富な案件に投資できる

Funvestの案件は、国内不動産だけでなく、海外にも投資できます。

もし、国内案件のみに投資した場合、日本国内で政治上の問題や自然災害が発生すると、すべての資産に損失が出るかもしれません。

一方、海外の資産にも分散投資しておくと、投資先の国で問題が発生してもリスクヘッジできる可能性が高いです。

Funvestでは、海外案件もありますので、分散投資の一つとして投資するのもよいでしょう。

Funvestの強み・メリット3.海外案件は為替ヘッジの設定で、為替リスク軽減できる

Funvestの海外案件には、為替ヘッジが設定されており、為替の変動に左右されず、取引可能です。

通常、海外へ投資する場合、為替変動は大きなリスクとなります。

たとえ案件の運用はうまくいったとしても、円高ドル安などの状況では、損失が出ることもあります。

Funvestの案件では、為替相場の影響を受けないため、安定的なリターンが期待できるでしょう。

Funvestの公式サイトはこちら⇒

Funvestの注意点・デメリット2選

Funvestは安定的で、海外案件にも投資できる魅力的なサービスですが、注意すべき点もあります。

ここでは、2つの注意点を確認しておきましょう。

  • 利回りが2~3%と平均的である
  • 振込手数料がかかる

Funvestの注意点・デメリット1.利回りが2~3%と平均的である

Funvestの利回りは、一般的なソーシャルレンディングサービスと同様、年間2~3%です。

銀行の預金の利息と比較すると、100倍の利回りですが、他社と比較すると物足りないと感じる人もいるでしょう。

他社の案件では、利回りが5~8%と高いものもあります。

しかし、利回りが高い投資先はその分、物件が古いなどさまざまなリスクを伴います。

そのため、Funvestはリスクを抑えながら安定的な資産運用をおこないたい人におすすめの投資先といえるでしょう。

Funvestの注意点・デメリット2.振込手数料がかかる

Funvestの案件だけではありませんが、入金・出金時の振込手数料は投資家負担です。

数百円といっても、毎回振込手数料を払うのはもったいないでしょう。

インターネットバンキングを活用し手数料を抑えたり、条件をクリアしたりすると一定回数の振込手数料が無料となる金融機関もありますので、活用しましょう。

Funvestのキャンペーン情報

現在、Funvestでは「春の投資デビュー応援キャンペーン」を実施しています。(2022年3月時点)

2022年3月1日から2022年5月10日までの期間に、新規会員登録でAmazonギフト券1,000円分プレゼント、さらに期間中の初投資で1,000円分もらうことができます。

キャンペーン対象の投資案件は、現在募集中の案件のうち、「ファミリーコーポレーション 未来への翼ファンド1号」と「ハウスくん収益不動産ファンド3号」の2つです。

Funvestの運用に興味がある人は、応援キャンペーンを活用し、少額からスタートしてみるとよいでしょう。

なお、キャンペーンでAmazonギフト券を2,000円分もらうためには、会員登録だけでなく、初投資の両方の条件達成が必要ですので、ご注意ください。

Funvestの公式サイトはこちら⇒

Funvestを利用するまでの流れ

Funvestの新規会員登録はホームページ上でおこなうことができます。

利用するまでの流れは以下の通りです。

  1. 新規会員登録
  2. 案件に申込する
  3. 指定口座に入金
  4. 運用開始
  5. 分配金を受け取る

まずは、ホームページ上の「会員登録」をクリックし、Funvest IDを登録しましょう。

その後、気になる案件があれば、投資申込することができます。

案件によって、投資先はもちろん、利回りや投資期間なども異なりますので、マイページでしっかりと確認しましょう。

案件の確定と資金の入金後に、運用が開始します。

Funvestは安定的に運用したい人におすすめ!

Funvestは、上場企業が運営するソーシャルレンディングサービスであり、投資先や管理体制に安心感があるでしょう。

また、融資時に借り手に対し、厳正な審査がおこなわれ、海外案件には為替ヘッジを設定するなど、投資家のリスクを減らす工夫がされています。

そのため、リスクを極力抑えながら、安定的に資産を増やしていきたい人におすすめの投資先といえます。

Funvestの公式サイトはこちら⇒

Funvestの運営会社情報

Funvestの運営会社は、大和証券グループとクレディセゾングループが設立した「Fintertech株式会社」です。

日本には多数のソーシャルレンディングサービスを提供する会社がありますが、大和証券グループのような大手証券会社が手掛けるサービスは他にはありません。

大手金融機関のグループ力を活かし、新たな投資のあり方を提供する、ユニークな企業です。

Fintertech株式会社の会社概要

Fintertech株式会社の詳細情報は以下の通りです。

社名

Fintertech株式会社

代表者

武田 誠

株主

株式会社大和証券グループ本社 80%

株式会社クレディセゾン 20%

本社

東京都千代田区一番町5 アトラスビル6階

問い合わせ先

会社ウェブサイト(https://fintertech.jp/)の「コンタクト」から可能。

登録免許

第二種金融商品取引業 [関東財務局長(金商) 第3249号]

貸金業 [東京都知事(1)第 31772 号]

まとめ

Funvestは大手金融機関、大和証券グループとクレディセゾングループが運営するソーシャルレンディングサービスです。

大手の信用力と安定的な利回りが期待できるサービスといえるでしょう。

まだまだ案件は少ないですが、今後国内外問わず、多数の案件が登場することが予想されます。

興味がある人は、まず口座開設し、案件の情報収集を始めてみましょう。

Funvestの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る