不動産クラウドファンディング投資が大人気ですよね。

その中でも非常に勢いのあるCOZUCHIですが、大型ファンドが募集されました。

筆者は思い切って30万円を投資応募しています。

ぜひ一緒にチェックしてみましょう。

COZUCHIの公式サイトを見る

COZUCHI全ファンド投資応募中の筆者が自由が丘一棟ビルファンドに出資

筆者は2022年9月現在23万円をCOZUCHIに投資しています。

今回は最新ファンドである自由が丘一棟ビルファンドを見ていきましょう。

COZUCHI自由が丘一棟ビルファンドの内容

COZUCHI自由が丘一棟ビルファンドの内容について確認します。

募集額

1,047,410,000円

利回り

5.00 %

運用期間

18ヶ月

立地

東急東横線 自由が丘駅から徒歩5分にある土地および建物一棟の所有権

応募期間

09/01 19:00-09/05 13:00

応募方法(抽選か先着)

抽選

COZUCHI自由が丘一棟ビルファンドに筆者は30万円応募

筆者はCOZUCHI自由が丘一棟ビルファンドに30万円を出資応募中です。

これまでで最大の投資額となります。

なぜ30万円投資をしたのかお伝えしますね。

総額30万円以上出資で特別優先権がもらえる

今回自由が丘ファンドに30万円投資をしたのは、もちろん単体で見ても魅力的ですが、さらに特別優先権を狙っています。

自由が丘ファンドの後に募集予定の渋谷開発プロジェクトでは、利回り9%で渋谷駅前という好立地に投資できます。

間違いなく大人気となるでしょう。

そのため特別優先権を使いたく、今回の自由が丘に30万円投資をしました。

COZUCHI自由が丘一棟ビルファンドは大丈夫?筆者が徹底分析

それではファンドの内容を分析していきましょう。

先ず立地はCOZUCHIならではと言える好立地の自由が丘です。

COZUCHIではこれまでも都心や高級住宅街が主要でしたが、自由が丘も紛れもなく申し分ない立地ですよね。

リーシングおよびリースアップにてバリューアップを行う

COZUCHIの特徴として、割安物件を仕入れて価値を上げて利益を得ることを狙っていますよね。

当然と言えば当然ですが、仕入れ力や権利関係に強いのがCOZUCHIのメリットだと考えています。

今回も相場を下回る賃料設定の物件を仕入れたようです。

インカムゲインを得ながら最終的に収益物件として売却

COZUCHIのファンドではインカムゲイン重視かキャピタルゲイン重視か割と分かれる傾向にありますが、今回はキャピタルゲイン2%、インカムゲイン3%とバランスが取れています。

期間も18か月と他のファンドと比べると少し長いですよね。

安定性重視の方にも適していると言えます。

約170坪のまとまった土地

COZUCHIでは珍しくないですが、かなりの大型ファンドですよね。

約170坪のまとまった土地と建物一棟の所有権が投資対象です。

希少性が高いため売却益も十分に狙えると考えられます。

まとめ

COZUCHIならではと言える好立地ファンドが募集されました。

筆者は特別優先権も狙い、思い切って30万円を投資応募しています。

引き続きCOZUCHIで資産運用していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

<関連記事>COZUCHIの評判は怪しい?投資歴10年の私が当たらないと噂の不動産クラウドファンディングを真剣評価!

COZUCHIの公式サイトを見る