投資にはいろいろな種類がありますが、不動産クラウドファンディングという新しい投資が人気ですよね。

一万円から不動産投資ができる仕組みとなります。

その中でも現在非常に勢いのあるサービスがCOZUCHIでしょう。

COZUCHIについて、新しい種類の投資ですので買い方が分からないといった方や、換金や解約はどうなっているのか不安な方もいるでしょう。

ここでは実際にCOZUCHIに投資している筆者が、COZUCHIの買い方や解約、換金まで紹介します。

また、COZUCHIではサイト限定最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえる豪華なキャンペーンです。

公式サイト上でもキャンペーンは行われていますが、当サイト経由よりも500円分もらえる金額が少なくなってしまいますので気をつけてください。

4月30日までのキャンペーンですが、登録には時間がかかる場合もあるので、早めの登録をおすすめします。

最大50,500円分もらえるCOZUCHI公式サイト

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)[ad]

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中でトップクラスの462億円を調達している実績がある
3.4.0%~5.5%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている

4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している

6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、弊社サイト経由限定で、初めて投資をする人に最大50,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

直接公式サイトから登録してしまうと、上記のキャンペーンは適用されませんので必ず下記のリンクから申し込みをしてみてください。

CREALで無料登録する⇨

「CREALに興味をもったけど、具体的にどんなサービスなのか詳しく知りたい。」

と感じる人は、下記の解説記事もあわせて参考にしてみてください。

CREALについての解説記事はこちら⇨

COZUCHI(コヅチ)は換金できるメリット

不動産クラウドファンディングは100社近くのサービス会社がありますが、実は途中で換金できるサービスは少ないです。

そのため運用中に不測の事態が起きて現金が必要になったとしても、換金できないリスクがありました。

一方でCOZUCHIについては、事務手数料はかかりますが運用中でも換金することができます。

これは他社と比べても嬉しいメリットと言えるでしょう。

COZUCHI(コヅチ)の買い方3ステップ

COZUCHIをどう買えばよいか分からない方は多いと思います。

しかし結論としてCOZUCHIは簡単に買うことができます。

  1. 口座開設
  2. 募集中のファンドに応募
  3. 当選すれば出資

簡単に3ステップで買うことができますので、どなたでも投資を始められるでしょう。

それぞれ説明します。

COZUCHI(コヅチ)の買い方1.口座開設

最初はCOZUCHIに口座開設をする必要があります。

口座開設にはメールアドレスと電話番号が必要です。

口座開設の申し込み自体は30分もかかりませんし、申し込みから開設まで数日で完了します。

比較的すぐにでも始めることができますよね。

COZUCHI(コヅチ)の買い方2.募集中のファンドに応募

口座開設が完了してからは簡単です。

募集中のファンドがあれば応募をします。

とてもわかりやすいWebページですのですぐに見つけられるでしょう。

応募自体もWebで完結するためとても分かりやすいですよね。

COZUCHI(コヅチ)の買い方3.当選すれば出資

COZUCHIのファンドは先着順と抽選の二種類があります。

抽選ファンドの場合、当選すれば出資ができます。

当選連絡がくるため、後は指定された口座に入金するだけです。

出資さえ終われば何もやることがないため、非常に簡単な投資と言えますよね。

COZUCHI(コヅチ)は解約も可能

COZUCHIについては出資の解約もできます。

これは一般的なクーリングオフの意味合いで、解約も可能となっています。

契約成立時書面の交付を受けた日から起算して8日間ですので、運用中に現金が必要となった場合は換金の方になります。

どちらにしてもCOZUCHIは現金に戻しやすい不動産クラウドファンディングといったメリットがあります。

途中解約可能は他社にはなかなか無いため、この点からもおすすめできるでしょう。

まとめ

COZUCHIは他社の不動産クラウドファンディングと比べて、換金できるというメリットがあります。

どうしても現金が必要になってしまった場合は助かりますよね。

買い方も簡単ですので、興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

COZUCHI公式サイト

投資のプロがおすすめする「CREAL」(東証上場企業運営)[ad]

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのが、東証グロース市場に上場している「クリアル株式会社」が運営するCREALです。

CREALの特徴は主に下記の7つです。

1. 東証グロース市場上場企業が運営している安心感がある
2.不動産クラウドファンディングサービスの中でトップクラスの462億円を調達している実績がある
3.4.0%~5.5%の堅実なファンドから高利回りファンドまで扱っている

4.過去の元本割れ0件
5.月2〜3件の高頻度でファンドを募集している

6.1万円の少額から始められる
7.運⽤物件の空室リスクに対する対策として、マスターリース契約を⾏っている

最も総合点が高いといえるサービスなので、不動産クラウドファンディングに興味がある人は、まずはCREALから始めてみることをおすすめします。

またCREALは、弊社サイト経由限定で、初めて投資をする人に最大50,000円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています!

直接公式サイトから登録してしまうと、上記のキャンペーンは適用されませんので必ず下記のリンクから申し込みをしてみてください。

CREALで無料登録する⇨

「CREALに興味をもったけど、具体的にどんなサービスなのか詳しく知りたい。」

と感じる人は、下記の解説記事もあわせて参考にしてみてください。

CREALについての解説記事はこちら⇨

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。