不動産会社に行く必要がなく、オンライン上で家探しから契約までできる革新的なサービス「ietty(イエッティ)」。

独自のAIが物件を提案してくれるだけでなく、不動産のプロとチャットで直接やり取りできるので、直接店舗に行く場合と遜色ないサービスを受けることができます。

使うたびに賢くなるAIが利用者の条件や好みに合った物件を選んで提案、届いた物件情報を空いた時間にチェックして、担当者とチャットでやり取りしながら内見予約までできます。

iettyは、直接店舗に行くよりも時間と手間がかからない未来型のオンラインサービスなのです。

この記事ではそんな最先端の不動産サービスiettyについて、実際に利用してみたという方の口コミを元に、サービスの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。 

ietty(イエッティ)の公式サイトはこちら⇒

ietty(イエッティ)の評判と口コミまとめ

気軽に使えるiettyですが、家を契約するとなると「本当に大丈夫なの?」と少し心配になる方もいるのではないでしょうか。

そういった方へ向けて、iettyを利用して賃貸を探したことがあるユーザーの口コミをまとめてみました。

ietty(イエッティ)の良い評判と口コミ

まず実際にiettyで家を借りた事がある方の体験談から、「ここが良かった」という意見をピックアップしました。

ietty(イエッティ)の悪い評判と口コミ

口コミを見ていると良い評判が多く目立ちますが、ietty を使って「ここが悪かった」という点はあるのでしょうか。

良いサービスなだけに、担当者の対応や、アプリのシステムに不満だという口コミがいくつかありました。

今後は改善されると良いですね。

ietty(イエッティ)の公式サイトはこちら⇒

ietty(イエッティ)のメリットと特徴4選

では次に、ietty を使う4つのメリット

  • 店舗に行かずに内見予約までできる
  • おとり物件がなく信頼性が高い
  • 仲介手数料が最大半額でお得
  • チャットだから非対面で相談できる

について解説していきます。

ietty(イエッティ)のメリットと特徴1.店舗に行かずに内見予約までできる

何と言っても「家を探すのに不動産屋さんに行かなくて良い」というのがiettyの最大の特徴です。

忙しくて時間がないという場合はもちろん、地方から上京するときの家探しにおいても、何度も不動産会社を訪問しなければならないのは非常に手間ですし、お金もかかりますよね。

iettyであれば、事前にチャットで内見の予約をし、気に入った物件が見つかったらそのまま申し込みできるため、何度も不動産会社に足を運ぶ必要がありません。

ietty(イエッティ)のメリットと特徴2.おとり物件がなく信頼性が高い

おとり物件とは「すでに成約しているなど実際には契約できないにも関わらず広告に掲載されている物件」のことです。

来店型の不動産会社の場合、お客さんの来店を促すためにおとり物件を使い「(来店するまでの間に)売れてしまった」などと言って別の物件を紹介するケースがあります。

もし気になっていた物件がおとり物件だった場合、来店する時間だけでなく物件探しに費やした時間もすべて無駄になってしまうので、最初からおとり物件が掲載されていないサイトで物件を探したいところ。

それがまさにiettyなのです。

非来店型のiettyでは物件の紹介はチャットで行い、実際にスタッフと対面するのは物件のため、そもそもおとり物件を紹介することができません。

ありもしない物件に無駄な時間を費やすリスクがないというのは、ietty を利用する大きなメリットでしょう。

ietty(イエッティ)のメリットと特徴3.仲介手数料が最大半額でお得

最近は仲介手数料半額をうたう不動産業者も増えてきましたが、まだまだ「家賃の1ヶ月分」としている会社はたくさんあります。

iettyは、ietty が紹介した物件だけでなく他の不動産サイトで見つけた物件でも持ち込むことができ、持ち込み物件も仲介手数料が最大半額になるため、非常にお得です。

同じ物件を借りるなら、手数料は安いに越したことはないですよね。

さらに、契約するまではどれだけiettyのサービスを利用してもお金はかかりません。

納得のいく物件が見つかるまで、チャットでいろいろな物件を紹介してもらいましょう!

ietty(イエッティ)のメリットと特徴4.チャットだから非対面で相談できる

LINEのような感覚で気軽に不動産会社に物件の相談ができるのも、iettyの魅力です。

しかも相談可能時間は10:00〜22:00と、仕事帰りの電車の中でも連絡できるので、忙しいビジネスパーソンにもうれしいですよね。

定休日は水曜日、年末年始となっており、土日でも対応してもらえます。

また紹介された物件についても ietty上で評価を入力できるので、担当とのコミュニケーションも非常にスムーズです。

物件に対する評価は、「興味なし」「お気に入り」「内見する」をポチッと押すだけ。

どこが気に入らなかったのかなどコメントを残すと、紹介される物件の精度が上がっていくので、より早く&簡単に希望の物件に出会うことができます。

ietty(イエッティ)は評判どおり?デメリットや注意点はある?

iettyは店舗を持たないため、内見の際は物件の前で待ち合わせとなります。

複数の物件を見て回る場合、車で各物件を案内してもらえる不動産会社もありますが、iettyの場合は徒歩あるいは自費で公共交通機関を利用して移動することになる点は注意が必要です。

実際に街の雰囲気を確認できるというメリットがある一方、「車で回ったほうが早いし楽」という方にはデメリットに感じられるでしょう。

ietty(イエッティ)の公式サイトはこちら⇒

ietty(イエッティ)の登録から利用方法まで紹介

では、実際にiettyを利用する場合はどのようにしたら良いのでしょうか。

使い方は非常に簡単で、手元のスマートフォンで会員登録すればすぐに物件探しを始められます。

それでは、その手順をご説明しましょう。

1.iettyに会員登録

「ietty」の公式サイトにアクセスして会員登録し、予算や広さ、築年数などの希望条件を入力します。

2.物件選びから内見予約へ

チャットで希望条件に沿ったおすすめ物件が送られてきます。

気に入った物件があれば内見予約をし、実際にお部屋を見学します。

遠方に住んでいるなど、現地に見学が行けない場合でも契約は可能です。

場合によってはビデオ通話などで物件の様子をよりリアルに確認することができるため、チャットか電話でスタッフに相談してみましょう。

3.お部屋を内見

スタッフと一緒に実際に物件を見学します。

スタッフとは現地で待ち合わせし、見学後はその場で解散です。

4.契約の申し込み

物件を内見して「ここにしよう!」と決まったら、物件の申し込みをします。

申し込み後には審査があり、約1週間程度かかります。

審査に通ればそのまま契約に進みますが、万が一審査に落ちてしまった場合でも別の物件を紹介してもらえるため、落ち込む必要はありません。

5.不動産会社で契約の手続き

審査に通れば、いよいよ物件の契約手続きです。

契約時には必要書類と契約金(初期費用)を用意する必要がありますので、詳しくはスタッフに確認しましょう。

契約の前にiettyの宅地建物取引士による重要事項説明があります。

物件について気になることがあれば、すべてこの場で質問して解決しましょう。

説明を聞き、不安や疑問がすべて解消されていれば、契約書と重要事項説明書に署名・捺印をして契約完了です。

その後家の鍵を受け取り、引越しの日取りを決めて入居となります。

ietty(イエッティ)の公式サイトはこちら⇒

ietty(イエッティ)の運営会社情報

株式会社iettyは、自社開発のAIとチャットボットを活用した最先端の不動産サービス「ietty(イエッティ)」を運営しています。

また、そのiettyを仲介手数料90%OFFで利用することができる法人向け福利厚生サービスとして「 iettyBIZ 」の運営や、チャットソリューションのコンサルティング事業も行っています。

株式会社iettyの会社概要

会社名

株式会社ietty

所在地

東京都渋谷区恵比寿1-11-2 アサヒビル6F

資本金

575,805,000円(資本準備金含む)

設立

2012年2月2日

事業内容

  • チャット型不動産仲介サービスiettyの運営
  • アプリ開発
  • お部屋探しの福利厚生サービスiettyBIZの運営
  • 会話型接客コマース導入に関するコンサルティング

まとめ

 

自分で物件を探すのって、実は結構大変なんですよね。

違う会社が同じ物件についていくつも広告を出していたりすると「またこれか」とがっかりすることもしばしば。

ietty(イエッティ)を使えば、自分では何もしなくても自動的に希望に沿った物件を選んで、スマートフォンに情報を送ってくれるので、空いた時間にチェックして似た物件をリクエストできたり、内見の予約ができたりと本当に便利です。

仲介手数料も半額で済む上、おとり広告に無駄な時間を費やすこともありません。

家探しにかける時間とお金を節約したいなら、ietty を利用しない手はないでしょう。

ietty(イエッティ)の公式サイトはこちら⇒