今回は、所有する物件の賃料を運用し「不動産小口化商品」として安定した収入を見込める「トモタク」の評判と口コミ、メリットと特徴をまとめました。

「不動産投資に興味があるけれど、物件を購入する勇気がない」「景気の動向に影響されにくい投資がしたい」という方は、ぜひお読みください。

トモタクの公式サイトはこちら⇨

トモタクの評判と口コミまとめ

「トモタク(TOMOTAQU)」は、2020年10月にローンチされた、株式会社イーダブルジーが運営する、都内人気エリアにある不動産の所有権を分割した「不動産小口化商品」です。

「REIT(不動産投資信託)と似たようなもの?」

と思った方がいるかもしれませんが、運用の仕組みは大きく異なります。

中でも大きいメリットは、価格が景気の動向に大きく左右されにくいという点かと思います。

それではトモタクの良い評判と口コミ、悪い評判と口コミ、特徴などを、順を追ってご紹介していきましょう。

トモタクの良い評判と口コミ

“1号ファンドに投資しました。

何をせずとも分配金が入っていいですね!”

不動産物件のオーナーとなり、賃料から収益を得る「不動産投資」はハードルが高いものです。

「大家さん」に憧れても銀行への融資手続きや、購入してからの店子とのトラブルを考えると踏み切れない方が多いのでは。

一方で、不動産物件の権利を分割して販売する「トモタク」での分配金は、そういった手間がかかりません。

不動産投資にかかるわずらわしさと、運用の手数料を考えてみてはいかがでしょう。

“目黒区にあるトモタク1号ファンド完売!

早いですね”

この口コミは、1号ファンドがローンチされた2020年10月1日の1ヶ月ほど後でした。

トモタクは証券会社などで営業が販売するものではなく、投資したいと考える方が運営会社に問い合わせて申し込むものです。

それを踏まえると、完売までのペースが早く思えます。

それだけ注目されているということですね。

“定年退職後の年金や退職金を考えるとちょっと心配。

「トモタク」を調べてみようかな…”

巷間には「日本人が老後で暮らすには2,000万円が必要」という試算があります。

銀行の普通預金・定期貯金の利率が低く抑えられている時代、積極的な資産運用を検討されている方が多いのではないでしょうか。

ポートフォリオを設計するときには、株式の信用取引や仮想通貨といったハイリスク・ハイリターンな金融商品ばかりではなく、リスクが控えめなものも組み入れたいものです。

資産形成の選択肢に、都内人気エリアの不動産物件に投資する「トモタク」を検討してみてもいいのでは。

トモタクの悪い評判と口コミ

「トモタク」に関し、具体的な悪い口コミはあまり見つけられませんでした。

2020年10月にローンチされてから、まだそれほど日数が経っていないことも理由の一つかと思います。

代わりに、運営する「株式会社イーダブルジー」を調べてみたところ

“対応があまり良くない部分があります。”

という書き込みが一つありました。

しかしこのような書き込みに対して会社として誠実な言葉でお詫びをされています。

厳しい意見も、しっかりと対応されている点に会社としての真摯な姿勢を感じられ、好印象を持ちました。

トモタクの公式サイトはこちら⇨

トモタクのメリットと特徴3選

国土交通省が3月に発表した公示地価の平均(全国の全ての用途)は、6年ぶりに下落しました。

しかし「トモタクファンド」の不動産物件がある下記地域の公示地価は、前年と大きな変化がありませんでした。

  • (1号ファンド)東京都目黒区上目黒5丁目
  • (2号ファンド)神奈川県横浜市南区真金町2丁目
  • (3号ファンド)東京都練馬区豊玉北5丁目

都心へのアクセスが便利で、かつ住環境が良好な土地に物件を所有するのは、大きなメリットです。

さらに、ユーザー目線からのメリットを解説しましょう。

「トモタク」のメリット・特徴➀「運用管理の手間がかからない」

株式や投資信託は、価格に関する頻繁なチェックが必要です。

購入した翌日などに大幅に値下がりしてしまうことや、「数日前は高値だったのに、もう安くなっている!売り時を逃してしまった」といったことは珍しくありません。

一方で「トモタク」は、「都心人気エリアにある不動産物件の賃料」という手堅い原資をプロフェッショナルが運用しています。

手数料はかかりますが、騰落リスクをユーザーが抱えてしまう金融商品よりも心理的負担が軽減されるのは大きなメリットです。

「トモタク」のメリット・特徴➁「ローリスク・ミドルリターン実現の仕組みがある」

トモタクは、ユーザーのリスクを抑えるための仕組みを2点採用しています。

「優先劣後システム」を取り入れ、出資者のリスクを軽減

トモタクは、申込者の「優先出資」を80%以下、劣後出資を20%以上に設定しています。

不動産の評価額が下落しても、それが「劣後出資」分である20%以内であれば、申込者(優先出資者)の元本には影響がありません。

資産運用会社と「サブリース契約」を結び、「空室リスク」を保全

「対象となる不動産物件に空室が生じると、原資が入ってこないのでは?」という点が心配な方もいらっしゃるでしょう。

トモタクは、そんな場合を想定し、資産管理会社(株式会社イーズレーベル)と、「サブリース契約」を締結しています。

この仕組みで、空室ができたときも賃料を補償できます。

「トモタク」のメリット・特徴➂「1口10万円からでも投資できる」

購入しやすい点もポイントで「トモタクファンド」は、1口10万円です。

目黒区上目黒の「1号ファンドは、2口以上、神奈川県横浜市南区「2号ファンド」は、5口以上、練馬区豊玉北「「3号ファンド」は、1口以上から購入できます。

トモタクは評判通り?デメリットや注意点はある?

「トモタク」は、ユーザーのリスクを抑えて設計された商品ですが、自然災害などにより地価が著しく低下したときには、元本を割り込む「元本割れ」のリスクがあります。

とはいえ、他の金融商品、例えば株式や投資信託などにも、元本割れのリスクはあるものです。

一例を挙げると、値動きの激しいベンチャー企業の新規公開株などに比較すると、都内に所有する不動産物件の家賃を元に運用する「トモタク」のリスクは限定的であるとも言えるでしょう。

トモタクの公式サイトはこちら⇨

トモタクを利用する方法をステップで紹介

「トモタク」の申し込みは、インターネットで行えるため便利です。

流れを簡単に解説しましょう。

1.運営会社(株式会社イーダブルジー)へ資料請求

はじめに、公式サイトからの申し込みか電話で運営会社へ依頼し資料を請求しましょう。

よくわからない点があったときは運営会社へ相談してください。

2.出資申し込み

資料の不明点がクリアになったら、必要事項を記入して申込書を返送します。

本人確認のため、運転免許証・保険証などの身分証明書の写しと、マイナンバーが必要となる点もご留意ください。

3.契約の準備

重要事項説明書をはじめとする書類にはしっかり目を通し、メリット・デメリットを充分に理解しましょう。

申込書類に不備等をチェックし、問題が無ければ契約の準備です。

4.契約手続き

契約書類にサイン・捺印の上、運営会社へ返送後、期日までに「出資金」を指定の口座へ振り込めば、運用スタートです。

5.運用開始

運用後は、年4回、「分配金」を受領できます。

詳細は以下、公式サイトをご確認ください。

トモタクご利用ガイド|株式会社イーダブルジー

トモタクの運営会社情報

トモタクを運営するのは、2009年に設立された「株式会社イーダブルジー」です。

収益不動産、区分マンション、中古戸建、土地、仲介、開発物件といった多岐にわたる不動産売買や賃貸物件の管理を業としています。

株式会社イーダブルジーの会社概要

株式会社イーダブルジーの詳細情報は以下の通りです。     

会社名          

株式会社イーダブルジー E.W.G Co.Ltd.

代表取締役社長

田中克尚

本社住所

〒106-0032
東京都港区六本木7-4-1 スマイリービル6F・7F

資本金

1億円

事業内容

  • 不動産事業(売買・仲介・賃貸管理)
  • 不動産コンサルティング業
  • 不動産特定共同事業
  • 損害保険代理業

公式サイト

https://www.ewg.co.jp/

株式会社イーダブルジーの公式サイトには、同社が手掛けてきた不動産物件が紹介されています。

今後の事業拡大にも大きな期待が持てるでしょう。

まとめ

「トモタク」は、さまざまな不動産を見てきたプロフェッショナルが、厳しい視線で市場価値のある土地・物件を選択して作り上げた商品です。

公式サイトで紹介されている目黒区上目黒、横浜市南区、練馬区豊玉北5丁目で運用している物件情報を見れば、堅実さが感じられるのではと思います。

都内不動産物件と「不動産小口化商品」に興味がある方は、ぜひ公式サイトで詳細をご確認ください。

トモタクの公式サイトはこちら⇨

 

編集部イチオシの投資サービス「Funds(ファンズ)」

投資には企業の株式を売買する株式投資以外にも、企業に間接的に貸し付ける方法もあります。 

Funds(ファンズ)という投資サービスでは、ファンドへの投資を通企業に間接的にお金を貸し付けて資産運用することができます。

Funds(ファンズ)において、投資されたお金の借り手となるのは上場企業グループの企業が中心です。 

お金の借り手となった企業は、私たちが間接的に貸し付けした資金で事業を行います。

弁済期がきたら借り入れた資金に金利を付けて返済行うため、投資家は投資元本に加えて金利を受け取ることができます。

Funds(ファンズ)のメリットとしては株式投資のように日々値動きがなく、投資する段階から予定利回りが定められています。 

株式投資であれば投資した企業の業績が良かったとしても、他の要因で株価が下がってしまい損をすることありますよね。 

Funds(ファンズ)ならば貸付先が倒産などしない限りきちんと元本と利息が受け取れますので、比較的損失を被るリスク社債のような投資が可能となります。 

※2021年5月12日現在

予定利回りは1-3%(年率税引前とファンドごとに異なりますが、株式投資の配当率の平均と同じくらいです。 

投資は1円からできることもメリットで、株式投資のように最初から数十万円という資金は必要なく、この点でも始めやすいですよね。 

ボラティリティの高い株式投資と併用でリスクの低いFunds(ファンズ)を使うことで、より投資ポートフォリオを安定化させることもできるでしょう。 

ぜひFunds(ファンズ)による投資を検討してみてはいかがでしょうか。 

Fundsの公式サイトを見てみる⇨