共有名義の不動産は共有者全員の同意がなければ売れない、と思っている人は多いのではないでしょうか。

実は共有名義の不動産でも自分が持つ持分だけであれば、同意どころか共有者に知られることすらなく売却することができるのです。

最近は相続や離婚により共有名義で不動産を所有するケースが増えていますが、実際に住んでいないのに管理の手間やコストがかかり、空き家の場合はトラブルにも発展するため、とにかく手放したいという人が少なくありません。

そういった人にとって便利なのが、不動産の買取です。

買取とは、不動産会社が買主となり物件や持分を直接買い取ってもらうことです。

仲介による売却と違って買主を探す手間と時間がかからないため、物件をすぐに現金化したい人や一般的に売却しにくい物件、また共有持分のみの売却の場合に適しています。

今回解説するwakegai(ワケガイ)は、その共有持分の買取に特化した数少ない不動産会社です。

この記事では口コミや評判をもとに、wakegai(ワケガイ)のサービスやメリット、特徴について詳しく解説していきます。

wakegai(ワケガイ)の公式サイトはこちら⇨

wakegai(ワケガイ)の評判と口コミまとめ

wakegai(ワケガイ)を利用した人はどのような感想を持っているのでしょうか。

口コミや評判を探してみました。

wakegai(ワケガイ)の良い評判と口コミ

まず、良い評判と口コミからご紹介します。

「親族同士で保有していた田舎の祖父の家ですが、最寄駅も車でなければいけないほど遠く、長い間空き家になっていました。

毎年固定資産税だけを支払っていましたがそれも負担でした。

解体して売却しようにも、持分を持つ親戚がすでに疎遠となっていたため所在が分からず、動くこともできませんでした。

藁をもつかむ気持ちでwakegai(ワケガイ)さんに相談したところ、すぐに調査して買取まで進めていただけました。」

「ただただ負担に思っていた空き家が思わぬ収入になり、とても助かりました!」

「母、私、姉の3人の共有名義となっていた土地があったのですが、遠い親戚がその土地に建物を建てて住んでしまっており、かといって賃借料も支払ってもらえず困っていました。

売却について何社か不動産会社にも相談したのですが、持分のみの売却は難しいこと、さらに他人名義の建物が建っていることから、なかなか受け付けてもらえませんでした。

そこでwakegai(ワケガイ)を見つけ問い合わせしてみたところ、トントン拍子に話が進み、私の持分を買い取っていただけました。

その後母と姉の分も同様に買い取ってもらえたので、家族で喜んでいます。」

「私の実家に親戚が住んでいたのですが、その家の名義は亡くなった父のままでした。

親戚とはすでに疎遠となっていましたが、wakegai(ワケガイ)さんに土地の相続登記をサポート頂き、私と親戚の共有名義にしてもらいました。

その後私の持分を買取いただけたので、ずっと悩んでいたことから解放されてホッとしています。」

※これらの感想は実例を元に筆者の主観を含んだものです。

wakegai(ワケガイ)の悪い評判と口コミ

サービスが新しいこともあり、実際にwakegai(ワケガイ)を利用した人からの悪い評判や口コミは見当たりませんでした。

共有持分の売却に関連するものをピックアップします。

「トラブルのもとになる共有持分なら売れるだけマシだけど、買い叩かれそう。」

wakegai(ワケガイ)の公式サイトはこちら⇨

wakegai(ワケガイ)のメリットと特徴3選

wakegai(ワケガイ)は業界の中でも数少ない共有持分の買取業者ですが、そのサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、いわゆる「町の不動産会社」とは異なるwakegai(ワケガイ)の強みを解説していきます。

wakegai(ワケガイ)のメリット・特徴①他の共有者に知られずに売却できる

wakegai(ワケガイ)には、他の共有者に知られずに自分の持分を売却できるという特徴があります。

「共有者が疎遠でありそもそも連絡がつかない」といったケースはもちろん「売却することを知られたくない」といった事情にも配慮してもらえるのは非常に嬉しいサービです。

共有名義の売却には、共有者への相談や同意が必要だと思われがちですが、実はそうではありません。

夫婦や兄弟、親戚と共有している不動産は、共有者全員の同意がなくても「自身が所有している持分」のみであれば売却することができるのです。

一例として兄弟2人の共有名義で不動産を相続した場合、自分が持つ1/2の持分だけであれば、共有者である兄弟の同意なしに売却できます。

持分売却に伴う共有者とのトラブルを避けられることが、wakegai(ワケガイ)の買取を利用する大きなメリットだと言えます。

wakegai(ワケガイ)のメリット・特徴②買取から弁護士相談までワンストップで対応

wakegai(ワケガイ)の特徴として、専門の弁護士や司法書士との連携により買取以外の法的手続きについてもワンストップで提供していることが挙げられます。

共有持分の買取を専門に行う会社は、不動産業界の中でも数少ない存在です。

そこで蓄積された豊富な経験とノウハウにより、他社では難しいと断られた物件でもwakegai(ワケガイ)なら100%に近い確率で買取ってもらうことができます。

また物件や個々の事情によっては、買取がベストとは言えない場合もあります。

wakegai(ワケガイ)ではそのような場合でも、パートナー契約している弁護士や司法書士、さらには税理士や土地家屋調査士といった専門家を間に入れ、別の解決方法を見つけるところまでサポートしています。

買取だけでなくそれ以外の手段についてもワンストップで提供し、満足できる取引をサポートしてもらえることが、wakegai(ワケガイ)を利用するメリットだといえるでしょう。

wakegai(ワケガイ)のメリット・特徴③共有持分以外の買取にも対応

wakegai(ワケガイ)では共有持分だけでなく、訳あり不動産の買取にも対応しています。

訳あり不動産とは、未接道などの再建築不可物件、極端な不整形地や狭小地、事故物件や違法建築など、一般では買い手がつきにくい不動産のことです。

そういった物件の売却を仲介するのは困難なため、断る不動産会社がほとんどです。

しかしwakegai(ワケガイ)は訳あり不動産に関する豊富な経験とノウハウを持っているため、そのような物件でも再び市場に流通させることができます。

現在問題となっている空き家や、契約条件不明な借地(底地)、今にも壊れそうなのに再建築できない古家など、他の不動産会社では対応できない案件も買取できるというのが、wakegai(ワケガイ)の大きな強みです。

wakegai(ワケガイ)の公式サイトはこちら⇨

wakegai(ワケガイ)は評判通り?デメリットや注意点はある?

wakegai(ワケガイ)は比較的新しいサービスのため、インターネット上にも利用者からの口コミはほとんどなく、事前に調べられる情報に限りがあります。

悪い評判があればすぐに広まるため、心配する必要はないとも考えられますが、現時点で情報が少ないことも事実なので、そのことは念頭に置いておきましょう。

wakegai(ワケガイ)を利用する方法をステップで紹介

実際にwakegai(ワケガイ)を利用したい場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

ここではその利用方法をステップごとに紹介します。

ステップ1:ご相談・査定

公式サイトの問い合わせフォーム(https://wakegai.jp/contact/)に必要事項を入力し送信しましょう。

担当者から折り返し連絡があり詳細を確認した上で、物件の査定を行います。

ステップ2:物件調査

売却する上でトラブルが発生しないよう、物件調査を行います。

ステップ3:提案

共有持分の売却方法と金額について提案を受けます。

売却以外の方法を希望する場合や、弁護士や司法書士に相談したいことなどあれば話しておきましょう。

ステップ4:買取

契約内容に問題なければ、買取を進めます。

至急現金が必要な場合、最短3日で現金化することも可能です。

参考:https://wakegai.jp/

wakegai(ワケガイ)の運営会社情報

株式会社ネクスウィルは、2019年に設立された不動産関連事業を行う会社です。

wakegai(ワケガイ)をはじめとした不動産関連事業だけでなく、人生をより豊かに暮らして行くために必要な「お金の知識」をテーマとしたマネーセミナーやシミュレーションサービスも運営しています。

株式会社ネクスウィルの会社概要

株式会社ネクスウィルの詳細情報は以下の通りです。

会社名

株式会社ネクスウィル

所在地

〒105-0004
東京都港区新橋6丁目11-8 1F

TEL/FAX

03-6452-8248/03-6452-8249

設立

2019年 1月29日

事業内容

マネープロデュース事業/studyFIRE運営/訳あり不動産買取事業/不動産売買・仲介・管理・不動産投資事業

まとめ

訳あり不動産や共有持分の売却は、できるだけ穏便に済ませたいという人が多いはずです。

そんな人にとって、共有者に知られることなく、どんな物件でもほぼ買い取ってもらえるwakegai(ワケガイ)は非常に心強い存在だと言えます。

まさに今、相続した不動産が負の遺産となって困っている人は、一度wakegai(ワケガイ)に相談してみてはいかがでしょうか。

wakegai(ワケガイ)の公式サイトはこちら⇨