「リースバックで生活保護の申請ができる?」

「リースバックで生活保護を申請したときの注意点って、何?」

家を所有していて、生活保護の受給を考えている人は上記のような疑問を持ったことがあると思います。

結論をいうと、リースバックを実施すると生活保護の申請は可能です。

ただし、生活保護は受給条件があり、その条件を満たす必要があります。

では、生活保護の条件とは、どのようなものなのでしょうか?

生活保護の条件は貯金や資産がないことが挙げられます。

このような条件を満たすために、リースバックは非常に有効な手段です。

ただし、リースバックをしたうえで、生活保護を受けるにはさまざまな注意点があります。

そのため、リースバックと生活保護の関係について詳しく理解することが重要です。

そこで、この記事では、リースバックをしたうえで生活保護を受ける方法について、詳しく解説していきます。

あなたが、家を所有していて、生活保護を検討しているのなら、この記事を参考にしてみてください。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。


家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

そもそも生活保護の条件とは

生活保護の条件とは、どういったものなのでしょうか?

それは、以下の5つの条件になります。

  • 働けない人
  • 預貯金がない人
  • 換金できるものをすべて換金している人
  • 生活の援助を行える親戚がいない、または援助額が最低の生活費に足りていない人
  • 生活保護以外の法律にもとづく手当をすべて利用している人

それぞれについて説明します。

働けない人

働くことが可能な人は、働く必要があります。

働いたうえで、最低限の生活費に足りていない場合に生活保護の受給がされるのです。

貯金がない人

貯金があるなら、貯金を使用して生活する必要があります。

換金できるものを換金している人

生命保険を解約し、車も換金する必要があります。

また、土地や家も売却して生活費にあてなければなりません。

生活の援助を行える親戚がいない、または援助額が最低の生活費に足りていない

親族から援助がうけられるなら、援助を受ける必要があります。

そのうえで、国が設定している生活費を比較して収入が最低生活費より少ない場合に、生活保護が利用できます。

生活保護以外の法律にもとづく手当をすべて利用している

年金や手当など他の制度で給付を受けられる場合は、まずそれらを活用することが必要です。

受けられる給付は、人によって違うので、以下のURLを参考にしてみてください。

参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

(厚生労働省ホームページ)

不動産リースバックとはどういう制度?

生活保護が利用できる不動産リースバックとは、どういう制度なのでしょうか?

それでは、説明していきます。

所持物件を売却して賃貸契約して住み続ける

リースバックは物件を不動産会社などの第三者に売って、現金化したうえで、賃貸契約を交わして住み続けられる仕組みです。

特に、すぐに現金がほしい人に、おすすめの方法になります。

名義は変わるけど同じ家に住み続けられる

リースバックを行うと自宅を売り渡すため、所有権が購入者に移ります。

しかし、購入者と賃貸契約を結ぶため、住み慣れた家に住み続けることが出来るのです。

リースバックすると生活保護の対象になる理由とは

なぜ、リースバックを行うと生活保護を受けられるのでしょうか?

その理由を詳しく説明していきます。

家を所有している立場ではなくなるので可能になる

生活保護を受給できる理由は、家を所有している立場でなくなるためです。

先ほど述べたように、リースバックを行うことで、物件の所有者が変わります。

所有者が変わることで、生活保護の条件である「換金できるものを換金している人」の条件を満たすことができるのです。

ただし、自宅を売ることで得た資金から住宅ローンを引いた余りが残ると、「貯金がない人」の条件に該当しないため、生活保護は利用できません。

リースバックして生活保護を申請するときの注意点

では、リースバックで生活保護を利用するための注意点は何があるのでしょうか?

それは、以下の4つです。

  • 売却資金が手元に残った状態では認められない
  • リースバック後の賃料が高すぎると認められない
  • 売却金で住宅ローンが返済しきれない場合も注意
  • 住宅ローンの債権者や買主の理解を得ること

それぞれについて説明していきます。

売却資金が手元に残った状態では認められない

リースバックを行うと、自宅を売ることで資金を得ます。

その資金は家を売るため、高額なことが多いです。

このように、高額な資金を得てしまうと、資産があると判断されて生活保護が受けられません。

ただし、自宅の売却資金を住宅ローンの返済にあて、手元に資金が残らなければ生活保護を利用することは可能です。

ですから、生活保護の利用を考えているなら、手元に資金が残らないか計算しておくことが重要です。

万が一、その資金を使って車などの換金できるものを手に入れてしまうと生活保護が受けられないので注意してください。

リースバック後の賃料が高すぎると認められない

生活保護は家賃上限が決まっており、上限よりも高い家賃の場合には、引っ越しをするように指導されます。

そのため、家賃を上限額より低くする必要があるのです。

例えば、東京都内の場合には、単身なら53,700円、2人暮らしの場合は64,000円、3人〜5人の場合は69,800円が上限になっています。

では、リースバックの家賃はどのように決められているのでしょうか?

リースバックの家賃金額は家を売った金額の8〜12%に設定されることが多いです。

そのため、売却金額によっては、家賃が上限よりも高くなってしまいます。

もし生活保護の家賃上限を超えてしまう場合には、リースバック業者に売却価格を安くするなどの交渉をするようにしてください。

売却金で住宅ローンが返済しきれない場合も注意

先ほど、リースバックで得た資金を住宅ローンの返済にあてて、手元に資金が残らなければ生活保護を受けられると説明しました。

しかし、生活保護を受けるためには、もう一つ問題があります。

それは、住宅ローンを完済することです。

生活保護の利用条件に、住宅ローンや借金があると利用できないという記述はありません。

しかし、生活保護で受給したお金を借金の返済をあてると、不適切とみなされて受給を止められる可能性があるのです。

また、厚生労働省のホームページにも「住宅ローンがあっても生活保護を利用できますか?」という質問に対して、下記のような回答をしています。

引用:

「住宅ローンがあるために保護を受給できないことはありません。

ただし、保護費から住宅ローンを返済することは、最低限度の生活を保障する生活保護制度の趣旨からは、原則として認められません。」

このように、リースバックを実施して住宅ローンが返済出来なかった場合には、生活保護は受けられるが、住宅ローンの返済が出来ません。

もし、どうしても生活保護が受給したい場合は、自己破産を検討してみてください。

参考URL:https://www.mhlw.go.jp/content/000578652.pdf

(厚生労働省)

住宅ローンの債権者や買主の理解を得ること

リースバックを行って生活保護を受けるには、売却金額と家賃のバランスを考慮する必要があります。

そのため、リースバック業者に家賃を安く設定してもらうことや売却金額を交渉することが重要です。

このような交渉を成功させるためには、リースバック業者に生活保護をうけることが目的であることを説明し、理解を得る必要があります。

また、住宅ローンが残っている場合には、金融機関などの債権者の理解も必要になります。

自治体によって異なる場合も!事前に確認は必須

生活保護の細かい基準は自治体によって違います。

例えば、大阪市の場合は「大阪市内に6ヶ月以上居住していること」が条件に付け加えられています。

また、先ほど説明した家賃上限は各自治体によって違うため、事前に確認することが必要です。

まとめ

リースバックをしたうえで生活保護を受けるためには、生活保護の条件について理解することが、非常に重要です。

ですから、この記事ではリースバックをしたうえで生活保護を受ける方法について説明してきました。

最後まで読んでくれたあなたは、リースバックと生活保護の関わりについて詳しく理解して頂けたと思います。

もし、あなたがリースバックを利用した生活保護の受給を考えているのなら、この記事で得た知識を活用して頂けたら幸いです。

数百万円損します!リースバックには相見積もりが必須です!

これから自宅をリースバックに出そうとしている人に、絶対知っておいて欲しいことがあります。

それは「絶対に1社にだけ価格査定の依頼を出してはいけない」ということです。

不動産の価格に決まった金額はなく、全く同じ不動産を査定してもらっても、不動産会社によって300万円以上査定額に差が生まれることがあります。

たまたま査定を依頼した会社の査定額が相場より安かった場合、本来3,000万円で売れた家を2,700万円で手放してしまうような可能性があるのです。

数百万円安売りして大損しないためにも、必ず複数社に査定を依頼するようにしてください。

「でも、リースバックに対応している会社を0から複数社探すのは面倒・・・」

と感じる人は、複数のリースバックに対応している会社から、1分でまとめて見積もりが取れる「家まもルーノ」が便利です。


家まもルーノを利用することで、あなたの家を一番高く買ってくれる会社が簡単に見つかります。

無料かつ1分で利用できて非常に簡単なので、少しの手間を惜しんで数百万円の大金をドブに捨てることにならないためにも、ぜひ活用してみてください。

家まもルーノの公式サイトをみる⇨

The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。