「海外の不動産投資に興味があるけど、言語や文化、法律の違いがわからない」

「海外不動産投資をしてみたいけど、何から始めていいのかわからない」

人口減少が進んでいる日本ではなく、これから発展していく東南アジアなどの不動産投資に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

とはいえ、言葉や文化・法律の違いからなかなか動き出せていない人も多いはず。

そんな人にオススメしたいのが、世界30カ国以上の物件を掲載しているグローバルなポータルサイト「SEKAI PROPERTY」です。

今回の記事では、世界中の不動産情報を日本語で閲覧できる便利な「SEKAI PROPERTY」について、詳しく解説をしていきます。

SEKAI RPOPERTYの公式サイトはこちら⇨

SEKAI RPOPERTYの特徴・メリット

それでは、ここからSEKAI PROPERTYの特徴やメリットについて紹介していきます。

主な特徴は大きく4つ。

  1. 国内を含め世界30か国の5000物件を日本語で閲覧できる
  2. 物件の購入から管理、売却まで一気通貫で対応
  3. 海外不動産投資の注意点やリスクをコラムやセミナーで学べる
  4. 海外不動産の視察ツアーを格安で利用できる

順番に解説していきましょう。

①国内を含め世界30か国の5000物件を日本語で閲覧できる

海外の不動産投資を始めようと考えた時、

  • どの国の不動産が一番値上がりしそうなのか
  • 自分の資金力で投資を始められる国はどこか
  • 安全性やリスクなどを総合的に加味してベストなのはどの国か

など、複数の国を比較した上でないと結論がでない疑問が多いはずです。

かといって、実際に複数の国を訪問して調査するのは、膨大な時間とコストがかかってしまいます。

SEKAI PROPERTYを活用すれば、計30カ国の物件情報を日本語ベースで調べることが可能です。

②物件の購入から管理、売却まで一気通貫で対応

SEKAI PROPERTYを運営する「株式会社BEYOND BORDERS」は、日本人だけでなく、英語ネイティブや中国のネイティブスピーカーも勤務しています。

日本人スタッフも英語を使いこなすため、実際の購入時など現地の人とのやりとりも全てサポートしてもらことができ、安心です。

  • カンボジア
  • マレーシア
  • タイ

の3カ国の物件に関してはBEYOND BORDERSに直接依頼でき、

  • フィリピン
  • ベトナム
  • バングラデシュ
  • アメリカ
  • モンゴル

の5カ国の物件は、BEYOND BORDERSの提携先経由で紹介してもらうことが可能です。

③海外不動産投資の注意点やリスクをコラムやセミナーで学べる

海外の不動産投資は、リスクや注意点も多く、安易な気持ちで始めるものではありません。

実際、ハードルの高さや情報が不十分であるがゆえに、海外不動産投資に足踏みしている人も多いはず。

その点、SEKAI PROPERTYは、海外の不動産投資に関するコラムを公開しています。

また東京の新宿にある本社では、ほぼ毎日海外不動産投資に関するセミナーが開催されているので、対面で海外不動産投資について学ぶこともできるんですよ。

④海外不動産の視察ツアーを格安で利用できる

2019年4月時点での情報ではありますが、SEKAI PROPERTYではマレーシアの物件視察ツアーを実施しています。

通常時でも19,800円という破格の安さで視察ツアーに参加できるのですが、4月いっぱいは半額の9,800円で利用できるようです。(航空券やホテル代、お土産代などは含まれません。)

詳細は、SEKAI PROPERTYの公式サイトでチェックしてみてください。

SEKAI RPOPERTYの公式サイトはこちら⇨

SEKAI RPOPERTYの評判・口コミ

続いては、実際にSEKAI PROPERTYで海外の不動産を購入した人の口コミをいくつか紹介しておきましょう。

海外の不動産投資に興味を持っていたのですが、どの国の物件に投資するか悩んでいました。たまたま見つけたSEKAI PROPERTYのおかげで、複数の不動産サイトを比較検討することができ、投資する物件を決めることができたんです。契約などのやりとりもサポートしてもらえましたし、管理も任せられているので、安心して物件を保有できています。
SEKAI PROPERTYを含め、複数の不動産エージェントに物件を紹介してもらうよう相談を持ちかけていました。結果的に、一番対応のよかったSEKAI PROPERTY経由で不動産を紹介してもらうことを決めました。内覧から最終的に物件を購入するに至るまでフォローアップしてくれたので、これといった問題なく購入に至ることができました。

不安やリスクがつきまとう海外不動産投資において、日本語でサポートしてくれるスタッフがいることほど安心できることはないですよね。

購入後の管理から売却まで一任できる点も、SEKAI PROPERTYが選ばれる理由ではないでしょうか。

SEKAI RPOPERTYの運営会社「Beyond Borders」の会社概要

最後に、SEKAI PROPERTYを運営している「BEYOND BORDERS」について少しお話ししておきましょう。

BEYOND BORDERSの代表を務める遠藤忠義さんは、株式会社ゴールドクレストで2年間不動産業務を経験、現在は東証一部上場企業の「エス・エム・エス」に入社し、マレーシアの支社長を務めた経験を持っています。

自身でも海外不動産を購入し、売却によるキャピタルゲインを得た経験の持ち主です。

また、BEYOND BORDERSのマレーシア支社を立ち上げた玉邑憲一さんは、不動産大手「東急リバブル」で8年間勤務した後に独立し、BEYOND BORDERSにジョインされました。

2015年7月設立の新しい会社ではありますが、確実に提携先の国と物件を増やし続けています。

BEYOND BORDERSの会社概要

法人名株式会社BEYOND BORDERS
BEYOND BORDERS CO.,LTD.
本社所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿2-4-16 栄幸ビル4F
マレーシアオフィス2nd Floor, Block 2330, Century Square, Jalan Usahawan, 63000 Cyberjaya Malaysia
設立2015年7月
代表代表取締役 遠藤忠義
事業内容海外不動産検索ポータルサイト運営
日本・海外間の不動産売買サポート
宅建免許番号東京都知事(1)98329号

引用:会社概要 – Beyond Borders

まとめ

今回の記事では、世界の不動産情報を掲載しているポータルサイト「SEKAI PROPERTY」について紹介してきました。

海外不動産投資を検討しているものの、

  • 何から始めていいのかわからない
  • どの国の不動産が将来伸びるのか知りたい
  • 海外不動産投資をする上での不安や悩みについて知りたい

といった悩みを抱えている人は、まずSEKAI PROPERTYのコラムやセミナーで勉強し始めるのもいいかもしれませんね!

SEKAI RPOPERTYの公式サイトはこちら⇨