インターネット技術の進化により、不動産業界も不動産テックと言われる大きな変革期を迎えています。

賃貸業界でもIoT家電(インターネットと家電を繋げることでスマートフォンを使って操作が可能)やスマートロックを使えるスマートハウス、スマートホームが増えています。

中でもスマートロックは、手軽に取り付けることが出来、スマートフォンが鍵となるので鍵を持ち歩かなくても良く非常に便利です。

しかし導入するにあたって、機能や費用、メリット・デメリットなど不明な点も多いと思います。

今回はおすすめのスマートロックをランキング形式で紹介し、選び方やメリット・デメリットを紹介していきます。

是非、参考にしてください。

スマートロックの選び方のポイント・注意点3選を紹介!

スマートロックは、新築時に標準装備することも可能ですし、既存の物件に後付けすることも出来ます。

後付けする場合でも、簡単に取り付けすることが出来、スマートロックと普通の鍵を併用することも可能です。

スマートロックの認知度も年々上がっており、海外製品も含めて多くのメーカーが参入しているので、どの製品を選べば良いかを悩むところです。

ここでは、スマートロックを選ぶ際のポイント・注意点について紹介していきます。

スマートロックの機能と特徴を理解する

スマートロックとは、鍵の部分に専用の機器を付け、鍵の代わりにICカードやスマートフォンを使って解錠するシステムのことです。

スマートホームなど、最初からスマートロックを搭載している物件もありますが、既存物件でも後付けで取り付けることが出来ます。

鍵を持たなくてよいので紛失するリスクが無くなり、オートロックにできるなどセキュリティ面も強化されます。

アプリやメールを用いて家族や友人を入室させることも可能です。

製品によって、

  • 取り付けの難易度
  • 施錠方法
  • 解錠方法
  • 鍵のシェア
  • オートロック
  • 緊急解除可能

など、それぞれ違いがあるので選ぶ際にはチェックが必要です。

スマートロックの解錠方法の違いを知る

スマートロックの施錠・解錠方法には、大きく分けて3つあります。

1つ目は、ハンズフリータイプです。

ICカードやスマートフォンを服やカバンに入れておくだけで、鍵を開けることが出来ます。

スマートフォンを取り出す必要がなく、荷物が多くて両手が塞がっていても大丈夫なので非常に利便性が高いと言えます。

反面、通信状態が悪い時は解錠できないこともあり、スマートフォンや鍵を使って解錠しないといけないので余計手間が掛かる場合があります。

2つ目は、スマートフォン操作タイプです。

スマートロックの前でスマートフォンを操作して解錠するので、ハンズフリータイプと比べると鍵の開け閉めが確実に出来ます。

ハンズフリータイプと比べると価格は安い傾向にあります。

3つ目は、マルチデバイスタイプです。

スマートフォンに加えて、ICカードやカードキーで解錠できます。

複数で使う事務所や高齢者や小さい子供がいる家庭など、多人数で使う場合に有効です。

スマートロックのデメリット・注意点

スマートロックは、電子機器なので電源が必要であり、後付けタイプの場合は電池タイプが多いので期間が経つと電池切れを起こします。

家に帰って電池切れで鍵が開かないとなると大変です。

製品によっては電池の残量を確認・通知してくれる機能のあるタイプもありますので、管理会社など電池交換時期を把握したい場合は必須と言えます。

スマートフォンをキーにしている場合は、スマートフォンの置忘れや充電が無くなると使えなくなるので注意する必要があります。

他にも高齢者や小さい子供がいる場合は、スマートフォンを使えない、持っていないケースがあり、導入することでトラブルが起こるケースもあります。

スマートロックを導入する際には、デメリットを理解しておく必要があります。

スマートロックのおすすめ人気ランキング6選を徹底比較!【2020年最新】

数多いスマートロックの中からどれを選べば良いかを悩むところです。

導入で失敗しない為には、それぞれのスマートロックの機能や特徴を比較する検討する必要があります。

次は、スマートロックの機能や特徴について、人気ランキング形式でご紹介いたします。

スマートロックおすすめ人気ランキング①Qrio Lock(キュリオロック)【賃貸OK&両面テープ取り付け】

Qrio Lockは、ハンズフリータイプのスマートロックです。

鍵は、スマートフォンに加えてAppleWatch(リモート操作、ハンズフリーは不可)で解錠することが出来ます。

取付けは工具等不要で様々タイプの鍵に設置することが出来、鍵交換や穴あけをする必要がありません。

スマートフォンが無い場合はQriokeyという専用リモコンキーで対応することが出来ます。QrioHubを使えばネットワーク経由で解錠できて、解錠された場合に通知を送ることが可能です。

Amazon Alexa、Google アシスタントに対応しており、連動させれば声をかけるだけで施錠・解錠も出来ます。

Qrio株式会社の会社概要

運営会社Qrio株式会社
設立日2014年12月12日
資本金1億円
従業員数18名(2018/07現在)
本社住所東京都千代田区神田小川町1-5-1 神田御幸ビル 4F

スマートロックおすすめ人気ランキング②セサミスマートロック【賃貸OK&被せて取り付け】

セサミスマートロックは、スマートフォン操作タイプ+ノック式解錠方式(iOSのみ対応)のスマートロックです。

他社比べると小さくコンパクトなのが特徴です。

WiHiアクセスポイントに接続し、自動操作機能を設定すればハンズフリーにも対応可能です。

電池寿命が500日と長く、電池切れが近くなるとスマートフォンに通知されます。

家族や友人だけでなく民泊など、セサミのアクセスをシェアすることで簡単解錠が出来ます。

キャンディハウスジャパン株式会社の会社概要

運営会社CANDY HOUSE JAPAN株式会社
設立日2017年10月
資本金990万円
従業員数記載なし
本社住所東京都中央区入船1丁目9−8ピエノアーク入船5階

スマートロックおすすめ人気ランキング③Ninja Lock M(ニンジャロックエム)【賃貸OK&据え付け型】

Ninja Lock Mは、スマートフォン操作タイプのスマートロックですが、専用カードの使用、キーパッドを取り付けることでパスワード管理も出来ます。

アプリをダウンロードするだけで簡単操作が可能で、オートロックやタイマー機能も搭載しています。

美和ロックとの共同開発を行っており、美和ロックの定める試験をクリアしているので高い防犯性と耐久性があります。

株式会社ライナフの会社概要

運営会社株式会社ライナフ
設立日2014年11月
資本金10億円(資本準備金含む)
従業員数40名
本社住所東京都千代田区神田小川町1-5-1 神田御幸ビル4F

スマートロックおすすめ人気ランキング④Danalock V3(ダナロックブイスリー)【賃貸不可】

Danalock V3は、ハンズフリータイプのスマートロックで、DapaPadを取り付ければ暗証番号での解錠も可能です。

サイトには、鍵の対応表や設置方法をダウンロードすることが出来、動画での解説もあります。

Apple Homekit専用製品のHKタイプは、pple Homekit メニューやSiriの音声で解錠が可能で、ipadなどと連携して遠隔操作が可能ですがiOS専用になります。

ブルートゥースのBLEタイプは、アンドロイドユーザーも利用出来、アプリをダウンロードして解錠します。

こちらもipadとブリッジアプリを導入することで遠隔操作が可能になります。

ZWaveタイプは、スマートホームの無線規格である「Z Wave」に対応しており、Z Waveゲートウェイと組み合わせることで夢のスマートホームが実現できます。

株式会社M2モビリティー

運営会社株式会社M2モビリティー(英文名) M2mobility Inc.
設立日2012年8月
資本金1,000万円
従業員数3名
本社住所東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24階

スマートロックおすすめ人気ランキング⑤ALLIGATE(アリゲート)【法人向け】

ALLIGATEは、個人宅というよりは事務所や倉庫など事業者向けの電気錠または電子錠等のゲートの施解錠システムです。

ICカードやスマートフォンで解錠するスマートフォン操作タイプです。

クラウドで鍵の施錠・解錠の管理を行うことで、一定期間解錠でき、利用者の入退出の履歴を辿ることが出来ます。

シリンダーに取り付けるタイプのALLIGATE CylinderLock、南京錠などに取り付けるALLIGATE PadLock、扉に取り付けるALLIGATE Lockといった製品があります。

同社が取付け、設定などを代行してくれます。

株式会社アートの会社概要

運営会社株式会社アート
設立日1976年 1月14日
資本金42,360,000 円
従業員数139名(2019年12月)
本社住所東京都品川区東五反田1-25-11五反田一丁目イーストビル

スマートロックおすすめ人気ランキング⑥URANUS MOBILE(ウラナスモバイル)【法人向け】

URANUS MOBILEは、スマフォ操作タイプのスマートロックで、アプリの他に、ICカード、シェイク認証、暗証番号などで解錠出来ます。

月額料金、初期設置費用は無料ですが、本体は98,000円と高額です。

オートロック、入退室の管理、合鍵の手配などの機能に加えて、技術の高い鍵のレスキューのアフターサービスを24時間365日受けることが出来ます。

Rセキュリティ株式会社の会社概要

運営会社Rセキュリティ株式会社
設立日2006年10月2日
資本金1億円(単体)
従業員数300名(グループ合計)
本社住所東京都品川区平塚2-6-13 マツモトスバルビル7F

スマートロックのおすすめ人気ランキングを表で徹底比較!

会社名QLIO LOCKセサミスマートロックNinja Lock M(ニンジャロックエム)Danalock V3ALLIGATEURANUS MOBILE
解錠方法ハンズフリースマフォ操作スマフォ操作ハンズフリースマフォ操作スマフォ操作
取付け方法

 

貼り付け貼り付け貼り付け&強力磁石(別売)ネジによる取付け設置工事代行設置工事代行
価格帯9,400円~23,000円9,800円~19,800円~17000円前後3,000円

~10,000円

(一部初期設定費用あり)

98,000円
オートロック記載なし記載なし
鍵のシェア
電池残量の通知記載なし記載なし記載なし
開閉履歴閲覧

まとめ

スマートロックは簡単に取り付けることが出来るタイプも多く、導入することで生活の利便性やセキュリティを向上させることが可能です。

スマートロックには、安価な物から本格的な物まで価格の幅は大きく、取付けるだけで簡単に使えるものから導入後のアフターサービスが充実しているものもあります。

ご自宅用、事務所など複数で使うケースなど用途に応じて比較検討した上で製品を選びましょう。

The following two tabs change content below.

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。