「タダスムの利用を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?」

「実際に利用した人の声を聞いた上で、利用するか判断したい!」

など、タダスムを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

編集部がタダスムのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

また、利用者の評判や口コミ、料金についても紹介していくので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タダスムの公式サイトはこちら⇒

タダスムの評判・口コミは?実際に利用した人の声を紹介!

まずは、タダスムを利用した方による評判や口コミを紹介します。

タダスムの利用を検討している方は、利用者の声を参考にしてみましょう。

満足した方だけではなく、残念に感じた方の評判・口コミもチェックしておくと安心です。

タダスムの良い評判・口コミ

タダスムを利用して、満足した方の評判・口コミです。

avatar
利用者
物件探しのために不動産屋へ出向くのが煩わしいと思っていた時に、タダスムを知りました。
無駄がないやり取りでスムーズに引っ越しができて良かったです。
内見には不動産屋の宅建士が同行してくれるので、安心できました。
次回の引っ越しでも利用します。

avatar
利用者
初期費用を安く抑えるために、タダスムを利用しました。
契約まで全てLINEで完結したので、非常に楽に感じました。
住みたい物件が決まっている方には、おすすめできるサービスです。
不安なことがあれば、遠慮せずに質問すると良いと思います。

avatar
利用者
多くの不動産屋のなかで、タダスムが一番スマートにやり取りできました。
同じ物件でも提示される見積額が一番安く、無駄な初期費用を抑えられました。
最後まで丁寧に対応していただき、今後も利用したいと思えるサービスです。
友人にも紹介しようと思います。

タダスムの悪い評判・口コミ

タダスムを利用して、残念に感じた方の評判・口コミです。

avatar
利用者
タダスムには不動産営業がないので、引っ越しに慣れている方に向いていると思います。
仲介手数料も安く、初期費用を抑えられます。
しかし、LINEでの誤字脱字が多いことや、保険手続きの件でミスがあり、残念でした。

タダスムの公式サイトはこちら⇒

タダスムの強み・メリット5選

タダスムの強みや、利用するメリットを紹介します。

  • 無料または3万円の仲介手数料
  • 気になる物件を送信するだけの簡単な問い合わせ
  • 完全非対面で契約可能
  • 引っ越しにまつわる手続きをサポート
  • 物件が決まるまで何回でも問い合わせ可能

の5点です。

タダスムの強み・メリット1.無料または3.3万円の仲介手数料

タダスムの最大の強みは、無料または3.3万円(税込)の仲介手数料です。

大家さんが不動産屋に紹介料を支払う物件は、仲介手数料が発生しません。

大家さんからの紹介料が支払われない物件では、仲介手数料が一律3.3万円(税込)です。

一般的に仲介手数料の相場は1か月分の家賃の金額です。

物件によっては、初期費用がかなり高額になりますよね。

少しでも初期費用を抑えて新生活をスタートさせたい方は、仲介手数料が無料、または一律3.3万円(税込)のタダスムがおすすめです。

タダスムの強み・メリット2. 気になる物件を送信するだけの簡単な問い合わせ

タダスムで賃貸契約を進めるには、住みたい物件をLINEやメールで送信するだけです。

面倒な手続きや申請が発生せず、簡単に内見や申し込みを始められますよ。

Webを使った手続きが苦手な方も、安心して利用できます。

空いた時間に物件を検索し、そのままURLをタダスムに送信するだけなので、忙しい方も効率的に物件探しができるサービスです。

タダスムの強み・メリット3.完全非対面で契約可能

タダスムでは、完全非対面で賃貸契約が可能です。

オンラインで内見したり、重要事項の説明があったり、入居までスムーズに進められます。

物件探しや賃貸契約のために、休日を使って不動産屋に通う必要がありません。

全ての手続きを自宅で済ませたい方は、タダスムが便利ですよ。

タダスムの強み・メリット4.引っ越しにまつわる手続きをサポート

タダスムのサービスは、賃貸物件を契約できるだけではありません。

引っ越しにまつわる生活ライフラインの各種手続きもサポートしてくれます。

電気やガス、水道といった入居当日に必要なものの手続きから、ネット回線などの手続きもサポートしてもらえる点がタダスムのメリットです。

手続きや申し込みを忘れてしまう心配がなく、安心して新生活の準備ができます。

タダスムの強み・メリット5.物件が決まるまで何回でも問い合わせ可能

タダスムに物件を送信できる件数は、1回あたり上限3件です。

しかし、物件が決まるまで何回でも問い合わせられます。

タダスムに送信した物件が満室でも、諦める必要はありません。

気になる物件があれば、どんどん問い合わせましょう。

タダスムの公式サイトはこちら⇒

タダスムの注意点・デメリット3選

タダスムを利用するうえでの注意点や、デメリットを紹介します。

  • 物件の提案をされない
  • 対象エリアが狭い
  • 入居希望日が1か月以内の物件が対象

の3点です。

タダスムの注意点・デメリット1.物件の提案をされない

タダスムでは、物件の提案がされません。

賃貸ポータブルサイトから自分で物件を探さなくてはいけない点は、タダスムを利用するデメリットです。

物件の提案によるコストを削減することで、低額な仲介手数料を実現しています。

不動産屋に行く時間がない方や、不動産屋からの積極的な提案が苦手な方にとってはメリットとなるポイントです。

タダスムの注意点・デメリット2.対象エリアが狭い

タダスムの対象エリアは、関東地方と大阪府です。

関東地方のなかでも、群馬県・栃木県・茨城県は対象外となっています。

全国の物件を取り扱う賃貸ポータブルサイトと比較すると、対象エリアが狭いサービスです。

タダスムに魅力を感じても、対象外エリアである可能性があり、注意が必要です。

タダスムの注意点・デメリット3.入居希望日が1か月以内の物件が対象

タダスムは、1か月以内に入居を希望する方を対象にしたサービスです。

物件によっては、現在入居中などといった条件により、入居日までに期間が空くこともあります。

その場合は問い合わせ時の項目の“2か月以内”にチェックをしましょう。

基本的に直近の入居希望に向けたサービスのため、入居予定の時期が決まっていない方は注意が必要です。

タダスムを利用するまでの流れ

タダスムを利用する流れは次の通りです。

  1. お部屋探し
  2. タダスムにお部屋のURLを送信
  3. 内見・申し込み
  4. 契約

タダスムの公式サイトはこちら⇒

タダスムは「初期費用を抑えて手軽に賃貸契約がしたい人」におすすめ!

タダスムは、仲介手数料が無料、または3.3万円(税込)のサービスです。

なにかとお金がかかる新生活において、初期費用を抑えられるメリットがありますよ。

また、入居までの手続きをオンラインで完了できる点も、魅力的なポイントです。

不動産屋に通う必要がなく、手軽に契約を進められます。

仕事や家庭の事情で忙しい方も、時間を有効に使って物件探しや契約ができるため安心です。

タダスムは、初期費用を抑えて手軽に賃貸契約がしたい人におすすめです。

タダスムの運営会社情報

タダスムの運営会社は、mediclo合同会社です。

公式サイトの会社概要には最低限の情報のみ掲載されており、電話番号なども表示されていません。

利用者の声のなかには、運営会社の情報が少ない点に不安を感じるといった内容もありました。

しかし、mediclo合同会社は新聞などのメディアに掲載されている、いま注目の企業です。

メディアの運営業務や、インターネットを利用した情報提供サービス、マーケティングリサーチなどの事業を展開しています。

mediclo合同会社の会社概要

mediclo合同会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名

mediclo合同会社

本社所在地

東京都大田区大森西4-15-8-523

代表者

渋沢勇樹

まとめ

今回紹介したタダスムについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 無料または3万円(税込)の仲介手数料で初期費用を節約
  • 完全非対面で入居までの手続きが完了
  • 1回3件までの物件情報の問い合わせが何度でも可能
  • 自分で探して気になる物件があれば、LINEかメールで送信するだけの簡単手続き
  • メディアへの掲載実績があるmediclo合同会社が運営

格安の仲介手数料や自分のペースで気軽にできる物件探しに興味を持たれた方は、タダスムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

タダスムの公式サイトはこちら⇒