仕事やスポーツ観戦などのためにクルマを利用したが、あいにく駐車場はどこも満車!

商談の約束時間やイベントなどの開始時刻は刻々と迫ってくる。

いっそ違反は承知で、路上に駐めてしまおうか…と。

クルマに乗る人であれば、駐車場が見つからないイライラを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

「駐車場予約サービス」は、インターネットの発達とともに登場した比較的新しいビジネスで、駐車場を前もって予約できます。

駐車場予約サービス会社の大手としては「toppi」がありますが、本当に確実に駐車できるのでしょうか?

この記事では、toppi(トッピ)の評判やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

toppi(トッピ)の評判・口コミまとめ         

駐車場予約サービスを利用する際に、確実に駐められるかどうかが一番重要なことですよね。

toppiは、大手不動産会社の三井不動産リアルティ株式会社が提供するサービスなので信頼性は高いと言えますが、実際の評判や口コミはどうなのでしょうか?

toppi(トッピ)の悪い評判・口コミ            

それではtoopiを利用した人の、悪い評判や口コミから紹介しましょう。

クルマを駐めようとしたら、他車が駐まっていた

インターネットで予約した場所に、ほかのクルマが駐まっていた。

どうしたものかとtoppiのコールセンターに電話をすると、同じ三井のリパーク内の時間貸し駐車場スペースへ誘導してくれた。

駐車場予約サービスではこのようなトラブルは比較的多いようだが、他車が駐まらないように対処してほしい。

当日キャンセルしようと思ったができなかった

予定していた商談がなくなり、当日慌ててキャンセルしようとしたが、キャンセルはできなかった。

利用する前日までならキャンセルができたのに、駐車料金は戻らずもったいないことをした。

できれば当日でも、キャンセルできるようにしてほしいと思います。

toppi(トッピ)の良い評判・口コミ            

toppiの最大の利点は何といっても駐車場をあらかじめ確保できる点ですが、ほかにも良い評判や口コミがあるので紹介しましょう。

駐車場が確保されているので、ゆったりと野球観戦できました

神宮球場の巨人対阪神の試合を見るために、野球場から一番近いtoppiを予約しました。

駐車場から野球場まで歩いて10分程度かかりましたが、長い距離には感じません。

いつもは帰りの混雑が嫌でゲームセットの前に帰るのですが、混んだ電車に乗る心配もないので最終回までゆったりと観戦しました。

最終回にジャイアンツの逆転劇も観られ、子供も大満足です。

電車だと子供が途中で眠ってしまい、抱きかかえて帰るので疲れ果ててしまうのですが、疲れもなく翌日は元気に出社できました。

クルマを自由に出し入れできるので、営業には便利です

私は都内の豊島区の営業を任されています。

担当エリアの駐車場はいつも満車で、重い資料を抱えて電車で行き商談をしていました。

あるときtoppiの存在を知り、いまではその駐車場を起点として活動しています。

toppiは駐車場を確保できるだけでなく、丸一日借りられるのでその都度精算する必要もなく、自由に車を出し入れできるので大変便利。

重いカバンを電車で持ち歩くこともなく、しかも効率よく営業できるのでオススメです。

帰省の際の駐車料を安くできました

今年の正月に静岡市の実家に帰省した際に利用しました。

久しぶりの帰省でお土産も多かったのですが、クルマなので疲れることなく帰省できました。

toppiは簡単に予約できるだけでなく、一日単位の料金制なので連泊の場合には料金も割安です。

ホテルの駐車場よりも安い料金で駐められるので、頻繁に帰省できます。

toppi(トッピ)の7つのメリット・強み     

toopiは大手不動産会社の三井不動産リアルティが経営しているので、安心して利用できます。

評判や口コミにもありましたが、toppiを利用するメリットや強みを解説しましょう。

あらかじめ駐車場が予約できる

toppiの最大のメリットは、事前に予約さえすれば駐車場を探す必要のないこと。

混雑が予想される野球場やライブ会場・行楽地などでも、イライラドキドキせず安心してクルマを利用できます。

13日前から予約でき、利用日前日まではキャンセル料がかからないのも長所です。

安い料金で駐車可能

時間貸し駐車場の場合には、30分単位や1時間単位程度で料金設定されているので、長時間利用すると割高になります。

しかしtoppiの場合には、1日単位で借りるので安い料金で利用できます。

例えばリパーク高田馬場3丁目第6内にあるtoppiと時間貸しを比較すると次のようになります。

 

全日駐車した場合

1時間駐車した場合

toppi

0:00~23:59  980円

980円

リパーク

8:00~22:00迄 入庫後24時間1400円

25分250円⇒1時間750円

表を見てお分かりのとおり、1時間まではtoppiの方が高いですが、2時間以上の駐車ではtoppiの方が安くなります。

事前に支払うので精算の手間が省ける

toppiでは駐車場の予約をする際に、クレジットカードで支払います。

そのため入庫の際の駐車券発行や、出庫の際の支払い手続きは不要。

入出庫に手間がかからないので、忙しい時には大変便利です。

時間を気にせず駐めておける

toppiは一日単位で借りるので、時間に縛られず行動が可能。

時間貸し駐車場の場合は数十分単位で料金設定されているので、どうしても時間内に出庫しなければと気がせいてしまいます。

toppiであれば、時計を気にすることなくイベントのクライマックスを楽しめたり、帰りにはちょっと寄ってコーヒーを飲んだりしながら余韻を楽しむこともできるでしょう。

1日中何度でも入出庫可能

toppiであれば、1日中いつでも何度でも車の出し入れができます。

時間貸し駐車場だと、入庫の際に駐車券を取り出庫の際に支払いを都度すませなければなりません。

入出庫の手間がいらないというのも、toppiのメリットの一つです。

連泊が可能なので長期使用におすすめ

toppiは連泊もできるので、予約さえしておけば長期に利用できます。

時間貸し駐車場だと一泊料金が割高であるだけでなく、一度出庫すると翌日も駐車できるという保証はありません。

帰省や旅行などのように連泊をする場合には、特にオススメです。

大型車も予約可能

toppiは普通車や軽自動車だけでなく、バスや大型車・オートバイなども駐められます。

大人数で旅行するときなどは、何台もの普通車に分乗せず、バス1台に全員が乗車すれば楽しい旅になることでしょう。

toppi(トッピ)の2つのデメリット・注意点            

メリットが多いtoppiですが、反面デメリットや注意点もあるので良くチェックして借りるようにしましょう。

時間単位の利用には不向き

toppiは、1日単位の利用を想定しているので、短時間借りるには割高になります。

そのため短時間の利用の場合には、時間単位で借りられる駐車場を探したほうがお得です。

また日にちをまたぐ場合には、時間単位では借りられず、翌日一日分の料金が必要です。

当日キャンセルすると全額払わなければならない

どの駐車予約サービスでも同じですが、当日のキャンセルはできません。

しかし前日までにキャンセルすれば違約金はかからないので、利用の有無を早めに確認するようにしましょう。

toppi(トッピ)を利用するためのステップを紹介     

toppiを利用するためには、パソコンまたはスマホから手順に従って手続きを進める必要があります。

なおガラケーの携帯では利用できません。

toppiを借りるためには、まずユーザー登録を行い次に駐車場を借りる手順となります。

ユーザー登録

利用するには、まずユーザー登録を行う必要があります。

登録するためには、自動車のナンバープレートを記載しなければならないので、あらかじめメモしておくとよいでしょう。

  1. 仮登録
    本登録の前に仮登録をしなければなりません。
    メールアドレスを登録し仮登録をクリックすると、スマホに仮登録完了のメールが送られてきます。
    メールに記載されたURLをクリックすると本登録に進めます。
  2. 本登録
    本登録で記入する項目は、氏名・住所・電話番号・性別・パスワード・車両ナンバーです。
    利用規約を読んで問題がなければ、登録ボタンを押しましょう。
    登録が済むと登録完了メールが届き利用できるようになります。

駐車場の借り方

  1. 利用したい施設や駅名・地名などを入力し、次に利用する日付を選び車種を指定し検索ボタンを押します。
  2. 地図上に目的地に近い順に、候補となる駐車場が表示されます。
  3. 借りたい駐車場の詳細をクリックすると周辺の地図と写真が表示され、駐車可能の車種・屋外屋内について・入庫可能な車のサイズなどが表記されます。
    その下には日付別の空き状況と駐車料の一覧が表示されるので、利用する日にちを決め予約ボタンを押します。
  4. 利用日・駐車料金・ナンバーなどの確認画面が表示されるので問題がなければ次へボタンを押します。
  5. 利用するクレジットカード情報をインプットします。
  6. 予約完了画面が表示され、メールアドレスに予約内容が送信されます。

toppi(トッピ)の会社情報              

toppiの運営会社は、三井のリハウスや三井のリパークなどを展開する三井不動産リアルティです。

ほかに不動産コンサルティングやカーシェアリング「カレコ」などさまざまな事業を展開しています。

三井のブランド名は、顧客にとって信頼があるので安心して利用できるでしょう。

toppi(トッピ)の会社概要            

社名

三井不動産リアルティ株式会社

本社

〒100-6019

東京都千代田区霞が関3丁目2番5号

霞が関ビルディング 9階

TEL:03(6758)4060

設立

昭和44年(1969)7月15日

拠点

19ヵ所の拠点・282店舗

資本金

200億円

営業収益(連結)

177,221百万円(2019年度)

従業員数

4,323名(単体)、5,231名(連結)(2020年4月1日現在)

事業内容

個人向け不動産仲介事業:主に個人に対する住宅、土地などの仲介・コンサルティング

法人向け不動産仲介事業:事業法人に対する不動産の仲介・コンサルティング

駐車場事業:時間貸し・月極駐車場などの企画、運営、管理、運営受託

その他事業:カーシェアリング、デューデリジェンス(詳細調査)・不動産鑑定評価業務など

まとめ   

駐車場は行き当たりばったりで借りるのではなく、予約してから利用する時代になりました。

toppiは、確実に駐車場を確保したいと考える人にとっては、大変ありがたいサービスです。

また長時間駐めても料金が比較的安く、自由に出し入れができるのなど多くのメリットもあります。

ただし、一日単位で貸すことを想定しているので、時間貸しの場合には割高になるので気を付けなければなりません。

toppiは時間貸し駐車場と比べると数は多くはないので、早めに予約するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
アバター

不動産テックラボ編集部

不動産業界の経験者やITなどに精通しているライターで構成されています。これまで、不動産×ITに関する100以上の商品やサービスを紹介してきました。不動産テックサービスの導入を検討している企業様や、不動産×ITに関する商品の利用を検討している個人の利用者様に向けて、出来るだけわかりやすく解説することを心がけています。