99%と高い入居率を誇る不動産投資会社シーラが、不動産投資クラウドファンディング「利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)」をスタートしました。

「ホリエモン」の愛称で親しまれている堀江貴文氏が構想するロケット事業「大樹町ロケットファンド」が話題になりました。

この記事では利回りくんで実際に投資をしている方の評判や口コミ、特徴などを解説していきます。

これから不動産投資クラウドファンディングを始めようと検討している方は、ぜひ参考にしてください。

利回りくんの公式サイトはこちら⇒

関連記事⇒不動産投資クラウドファンディングおすすめランキング2022

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の評判・口コミまとめ

利回りくんに関する評判や口コミについて、TwitterなどのSNSや掲示板などをチェックしてみました。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の評判・口コミ①

https://twitter.com/TwinTKchan/status/1322824028969562113?ref_src=twsrc%5Etfw

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の評判・口コミ②

少しずつ実績が積み重なってきている様子が分かります。

一方で先着方式は競争が激しそうという意見もありました。

利回りくんの公式サイトはこちら⇒

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のメリット・特徴5選

利回りくんのメリットは以下の5つが挙げられます。

  • 1口1万円と小額から始められる
  • 不動産投資会社としての実績・ノウハウがある
  • 1件あたりの募集金額が大きい
  • 運営会社は自社ブランドも開発
  • 優先劣後出資で元本が守られる

一つずつ見ていきましょう。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のメリット1. 1口1万円と小額から始められる

利回りくんの最低出資金額は1万円です。

不動産投資クラウドファンディングの中には、最低出資金額が10万円のサービスもあります。

投資初心者だと、10万円を出資に使うのは勇気がいりますよね。

利回りくんは1万円と小額から始められるので、資金が少ない方でも始めやすいでしょう。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のメリット2.不動産投資会社としての実績・ノウハウがある

「利回りくんのファンドに投資して大丈夫?怪しい?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

利回りくんの運営会社は株式会社シーラです。

株式会社シーラは2010年9月に設立され、不動産売買やマンション開発などを行い、着実に実績を積んできました

物件の仕入れネットワークや選定のノウハウなどはお墨付きの、厳選されたファンドに出資することができます。

安心して投資できるでしょう。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のメリット3. 1件あたりの募集金額が大きい

不動産投資クラウドファンディングの案件(ファンド)は、数百万円単位のものもあれば、数千万円単位のものもあります。

数百万円単位のファンドであれば、募集金額が少ない分すぐに資金が集まってしまうと、応募できない可能性が高くなります。

利回りくんの案件は1,000万円以上の大型案件が豊富にあるため、応募できる可能性が高い点も魅力です。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のメリット4.運営会社は自社ブランドも開発

利回りくんの運営会社である株式会社シーラは不動産投資クラウドファンディング以外に、通常の不動産事業も営んでいます。

投資用不動産については単なる仲介だけではなく、自社で新築のブランドワンルームマンションを開発しています。

仲介だけクラウドファンディングだけだと心配な部分もありますが、自社ブランドの開発から行っている会社が運営しているサービスですので、安心度は各段に上がりますよね。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のメリット5.優先劣後出資で元本が守られる

不動産投資クラウドファンディングならではのメリットとして、優先劣後出資によって投資家の損失がカバーされることは非常に魅力的です。

優先劣後方式とは投資家を優先出資者、運営元を劣後出資者とし、運用資産の評価額が下落した場合は劣後出資者から優先して元本を減らす仕組みです。

株式投資の場合、評価額が下落すれば原本が減ってしまいます。

しかし不動産投資クラウドファンディングの利回りくんならば、一定分の損失や利回りさえも、運営会社が補填してくれるわけです。

投資において元本が守られるのは大きな安心材料となるでしょう。

利回りくんの公式サイトはこちら⇒

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)のデメリット・注意点

利回りくんは、比較的新しいサービスです。

2022年3月時点でのファンドの数は14件と、まだそれほど多くありません。

無事に運用が終了したファンドも2022年3月時点では4件のみのため、「実績を重視したい」という方は、もう少し様子を見てみることをおすすめします。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の過去のファンド情報

続いて、過去に利回りくんで募集された案件(ファンド)の情報について紹介をしていきます。

利回りや運用期間を踏まえて、利回りくんを利用するかどうかの判断基準にしてみてください。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件①

ファンド名SYFORME KOMAZAWA-DAIGAKU
応募金額/募集金額¥63,190,000
予定分配率4.42%
運用期間3か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件②

ファンド名スカイコート原宿
応募金額/募集金額¥67,850,000
予定分配率4.56%
運用期間3ヶ月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件③

ファンド名SYFORME KEIKYU-KAMATA
応募金額/募集金額¥78,080,000
予定分配率4.26%
運用期間3か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件④

ファンド名SYNEX HIGASHI-KANAGAWA
応募金額/募集金額¥12,950,000
予定分配率5.08%
運用期間6か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件⑤

ファンド名

六本木ヒルズレジデンス D棟

応募金額/募集金額¥69,350,000
予定分配率2.0%
運用期間6か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件⑥

ファンド名

グローベル ザ・ガーデン新宿西落合

応募金額/募集金額¥44,370,000
予定分配率3.0%
運用期間6か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件⑦

ファンド名

MAISON LE REVE KANNAI

応募金額/募集金額¥71,340,000
予定分配率4.0%
運用期間6か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件⑧

ファンド名

INUNEKO HILLS ROKUGODOTE

応募金額/募集金額¥440,300,000
予定分配率3.0%
運用期間6か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件⑨

ファンド名

大樹町ロケットファンド

応募金額/募集金額¥409,200,000
予定分配率5.71%
運用期間6か月から

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の出資案件⑩

ファンド名

SYFORME京急蒲田ファンド

応募金額/募集金額¥23,040,000
予定分配率4.0%
運用期間6か月から

利回りくんの公式サイトはこちら⇒

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)で会員登録を行う手続きを写真付きで解説

続いて、実際に利回りくんで出資するまでの手続きを簡単に説明します。

1.利回りくんの公式サイトにアクセスし、赤枠部分を開き「会員登録」クリックします

2.必要情報を入力し「確認画面へ進む」をクリックします

3.入力した情報を確認し「送信する」をクリックします

4.下記の画面になったら、先ほど入力したメールアドレスの受信箱をチェックしましょう

下記のようなメールが届くので、URLをクリックしましょう

5.下記の画面になったら、「出資者情報を登録する」をクリックします

6.会員情報変更ページで、会員情報や投資経験に関する情報を入力します

7.入力した情報を確認し「送信する」をクリックします

8.下記の画面になったら、「本人確認(WEB)」をクリックします

利回りくんの公式サイトはこちら⇒

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)に関するよくあるQ&A

利回りくんに寄せられる質問をまとめました。

  • 配当金に税金はかかるの?
  • 確定申告は必要?
  • ファンドに出資したあとでも途中解約はできる?

それぞれ回答していきます。

配当金に税金はかかるの?

分配時に20.42%(所得税20%、復興特別所得税0.42%)の源泉徴収が行われます。

確定申告は必要?

分配金は税制上では雑所得の扱いになるため、総合課税の対象になります。

分配金の総額によっては確定申告が必要な場合もあるので、詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。

ファンドに出資したあとでも途中解約はできる?

途中解約は可能です。

解約手続きに1か月程度かかります。

利回りくん(旧シーラクラウドファンディング)の会社情報まとめ

利回りくんを運営している「株式会社シーラ」は、2010年設立の新しい会社です。

渋谷区広尾に本社を置き、不動産売買やマンション開発、不動産投資クラウドファンディングなどを行っています。

株式会社シーラホールディングスの会長を務める「杉本宏之」氏は、女優の深田恭子さんとの熱愛報道もあり、名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。

株式会社シーラの概要

会社名

株式会社シーラ

本社所在地

東京都渋谷区広尾1-1-39

恵比寿プライムスクエア 7

代表取締役

湯藤善行

会社設立

2010929

資本金

1億7,000万円

まとめ

初心者でも1万円から気軽に始められる不動産投資「利回りくん」について紹介してきました。

比較的新しいサービスですが、株式会社シーラの不動産投資物件を扱うノウハウが存分に活かされるサービスであるため、安心して出資できるでしょう。

次回ファンド募集時に乗り遅れないためにも、今のうちに無料の会員登録を進めておくことをおすすめします。

利回りくんの公式サイトはこちら⇒

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る