1万円から不動産投資が始められるため、不動産クラウドファンディングは大人気ですよね。

筆者も10社以上のサービスに投資をしていますが、現状貸し倒れもなく成功しています。

ここでは不動産クラウドファンディングに関わる税金や節税についてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る

関連記事⇨不動産投資クラウドファンディングおすすめ比較ランキング【2022年最新】

不動産クラウドファンディングに税金はかかる(雑所得)

不動産クラウドファンディングの利益については、税金がかかります。

株式投資や従来の不動産投資とは税金の種類が異なり、不動産クラウドファンディングについては雑所得となります。

ほぼ全てのサービスにおいて、分配金からすでに20.315%の源泉徴収が引かれた上で、投資家には振り込まれますよね。

不動産クラウドファンディングの税金は確定申告が必要(雑所得の合計が20万円以上の場合)

税金で心配なのは確定申告の必要性ですよね。

不動産クラウドファンディングの場合、雑所得の合計が20万円以上であれば、確定申告が必要となります。

これは1つのサービスだけではなく、全ての不動産クラファンを合わせ、さらに他の雑所得も合わせた上で計算をします。

そのため不動産クラファンだけでは20万円未満だとしても、他に所得がなかったかは確認をして、必要に応じて申告しなければなりません。

利益の把握は必須となります。

不動産クラウドファンディングでは従来の不動産の節税はできない

不動産と言えば節税を思い浮かべる方もいますよね。

不動産クラファンでも節税ができるのかについては、残念ながら従来の不動産で可能な節税はできないと言えます。

節税アイテムとして不動産クラファンは選べませんので注意してください。

不動産クラウドファンディングでの節税は雑所得の損益通算が可能

従来の不動産と同様には節税に使えませんが、不動産クラファンでも節税が可能な場合があります。

もし不動産クラファンで損失が出た場合は、他の雑所得の利益と相殺できる損益通算は可能です。

確定申告において利益と損失を全て申告することで、すでに源泉徴収されていた利益分の税金を取り戻すことができますよね。

このように不動産クラファンであっても結果的に節税に使えるメリットはあると言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングの勉強代で節税できる?

不動産クラウドファンディングは雑所得となります。

雑所得の場合、売上の発生に必要だった費用は経費にできる可能性があります。

それでは例えば不動産クラウドファンディングの勉強をした費用は、経費として節税できるのでしょうか。

筆者の結論としては、概念的にはできる可能性はあるが、あまりおすすめはしません。

当然ながら不動産クラウドファンディング投資には接待などは不要ですし、従来の不動産投資のように相当な勉強をする必要もありませんよね。

必要不可欠なもの以外を経費として計上することで、税務署に目をつけられるなどのリスクはありますので、あまりおすすめできないというのが本音にはなります。

まとめ

不動産クラウドファンディングの利益には雑所得の税金がかかります。

また従来の不動産投資のメリットである節税には使えませんが、損失が出た場合は雑所得の損益通算は可能です。

確定申告が必要となる場合は多いですので、利益の把握は必須と言えるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

投資のプロがおすすめする「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは2022年5月に36億円という業界で、過去最大のファンドを募集しました。

筆者もさすがに36億円は集まらないだろうと予想していましたが、なんと募集開始と同時に半分以上の資金が集まり、約3時間で完売となってしまいました。

筆者自身も募集と同時に張り付いて投資をしましたが、あまりの速さに驚きましたし、それほど人気ということですよね。

COZUCHIがこれだけ人気の理由は、大きく下記の6つのメリットがあるからです。

COZUCHIの6つのメリット

上記の中でもやはり利回りの高さがダントツの魅力で、利回り10%を超えるファンドが毎月のように組成されます。

また予定運用期間を満了する前に償還となるファンドも少なく、実質利回りが10%を超えるケースもあるのがCOZUCHIの嬉しいメリットです。

今後も頻繁に利回り10%のファンドが募集されていくと予想されるので、興味がある人はまず無料の会員登録と投資家登録を済ませておきましょう。

COZUCHIは登録をしてもすぐには投資できず、本人確認に1週間ほど時間がかかります。

条件のいいファンドに応募する機会を逃さないためにも、まずは早めに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトを見る