車持ちの人が引越しのときに気になるのは、「引越し先の物件に駐車場があるか」という

ことではないでしょうか。

引越し先が近くであれば、現地まで行って探すこともできますが、遠方への引越しの場合は現地に行くことは難しいでしょう。

できれば現地に行くことなく、いい月極駐車場が見つかるのが理想ですよね。

そこでオススメなのが「Park Direct」です。

「Park Direct」は月極駐車場の申込から契約までをオンラインで完結することができるという画期的なサービスです。

ここでは「Park Direct」のサービスの特徴やメリット、サービスの使い方などについて紹介します。

「Park Direct」を知らなかった、こんな画期的なサービスを待っていた、という人はぜひご覧ください。

「Park Direct」ってなに?メリットと特徴を紹介

通常、月極駐車場を探すときは、「自分の足で探す」「不動産会社に頼む」などが考えられます。

「自分の足で探す」のは、借りたい場所をピンポイントで見つけることが可能ですが、時間と労力がかかりすぎるという欠点があります。

そして駐車場のオーナーと契約するときも、自分で条件交渉を行う必要があるため、交渉が苦手な人にとっては大変な仕事になります。

いっぽうで、「不動産会社に頼む」のは調査から契約まで労力がかからないのが利点ですが、不動産会社が取り扱っている駐車場しか紹介してもらえないという欠点もあります。

1社だけでは不満がある場合、複数の不動産会社に依頼する必要が出ますし、駐車場を探して契約するまでに時間がかかることもあるようです。

参考:https://offer.able.co.jp/oshieteagent/agreement/monthly-parking/#i-10

このように従来の探し方は、忙しい人にとってかなりの労力になってしまいます。

それにくらべ「Park Direct」は、駐車場探しから契約までをオンラインで済ますことができます。

実際に駐車場を見に行かなくても探せるし、面倒な契約を簡単に済ませるということは忙しい現代人にとってかなりのメリットです。

ここではそんな「Park Direct」のメリットと特徴について4つ紹介します。

「Park Direct」は月極駐車場をオンラインで探せるサービス

「Park Direct」の最も魅力的な点は、月極駐車場の申込、審査、契約をオンラインでできるところです。

しかも「Park Direct」では駐車場の位置を地図で確認できるほか、次のような情報も確認することができます。

  • 駐車場内の車の停車位置
  • 駐車スペースの台数
  • 平置きか立体式かといった区画種別
  • 大型車か小型車かといった対応車両
  • 屋根の有無
  • アスファルトかといった地面の種類
  • 24時間利用可能か
  • 賃料
  • 管理費/共益費
  • 敷金
  • 礼金
  • 保証金
  • 更新料
  • 事務手数料
  • 契約期間

駐車場の場所以外でも気になる情報が一度に確認できるので、駐車場を決めるのに決断しやすいサービスになっています。

「Park Direct」で探せば最短翌日から月極駐車場を利用できる

「Park Direct」はオンラインで自分が求める月極駐車場を探すことができます。

オンラインで様々な情報をすぐに確認でき、かつ駐車場の空き状況や契約可否についてもメールで確認できます。

契約可能であれば、そのまま「Park Direct」のサービスを通してオンラインで契約まで可能です。

スムーズに進めば最短で翌日から月極駐車場を利用することができます。

「Park Direct」はブラウザ上のサービスなので専用アプリなど不要

最近は皆がスマホを持っているので、様々なサービスがアプリとして提供されています。

しかし、全てのアプリをインストールしていると、アプリの管理も大変になりますし、メモリ容量も圧迫されてしまいます。

その点「Park Direct」は、ブラウザ上のサービスですので、わざわざ専用アプリをインストールする必要がありません。

スマホでも、パソコンでもOKです。

「Park Direct」のサイトにアクセスするだけで使うことができるので、誰でも気軽に使うことができます。

「Park Direct」は2019年グッドデザイン賞を受賞した画期的サービス

グッドデザイン賞とは、社会や暮らしの課題や問題などをデザインの力で解決し、より良いものにしていこうという活動です。

グッドデザイン賞を受賞した製品やサービスは「Gマーク」を掲げることができます。

参考:https://www.g-mark.org/about/

「Park Direct」はこのグッドデザイン賞の特別賞を受賞しています。

審査員の評価は次の通りです。

今でも現場での目視、電話でのやり取り、紙と手作業による管理が当たり前の月極駐車場の契約をアップデートするサービス。月極駐車場を発見する最大のメディアである看板を生かしたユーザー向けのUIや、これまで親しんできた駐車場の見取り図をそのまま管理画面にも組み込むなどの管理者向けUIなどの丁寧なサービス設計も評価された。また駐車場の登録・掲載、顧客情報や契約の管理など管理者の業務負担を軽減することにも貢献している。

引用:Web Service [Park Direct] | 受賞対象一覧 | Good Design Award

「Park Direct」は実際に月極駐車場を探すユーザーのことを配慮するのはもちろんのこと、月極駐車場を管理する会社の業務負担の軽減についても考慮されています。

ユーザー、管理会社どちらにとってもメリットのあるサービスのため、今後の伸びが期待できるサービスです。

「Park Direct」を使ってみよう!使い方を紹介

「Park Direct」がグッドデザイン賞を受賞し、ユーザーにとって使いやすいサービスだといっても、実際に使ってみてこそ、その良さがわかるというものです。

ここでは、「Park Direct」で駐車場を探してから問い合わせを行うまでの、使い方について紹介します。

「Park Direct」トップ画面にある「検索バー」の使い方

「Park Direct」のトップ画面を開くと、はじめに目に入るのが検索バーです。

検索バーには、住所や駅名などを入力します。

検索バーに入力すると住所の候補が表示されるので、大体の住所や駅名がわかれば確実に検索できます。

表示された住所の候補から1つを選択すると、地図の画面が表示されます。

表示された地図の付近に駐車場がない場合は、地図上に灰色のバーが表示され、「該当の駐車場は見つかりませんでした。」と表示されます。

検索した場所の近くに駐車場がある場合は、地図上に車マークが表示されます。

これが、「Park Direct」サービスで契約できる駐車場です。

この車マークをクリックすると地図の下に、その駐車場の名前や賃料などが表示されます。

この駐車場の情報はクリックできて、駐車場の詳細情報を見ることができます。

駐車場の詳細情報をみて、気に入ったら空き状況の問い合わせをします。

駐車場の詳細情報画面に「空き状況の確認へ」というボタンがあるのでクリックすると、空き状況のお問い合わせ画面が表示されます。

「Park Direct」空き状況のお問い合わせ画面から問い合わせをする

空き状況のお問い合わせ画面では、空き状況の確認や、駐車場の見学などの問い合わせをすることができます。

問い合わせをするときは、駐車場に対しての希望内容と、個人情報の入力が必要です。

駐車場に対しての希望内容で入力するのは次のとおりです。

  • 利用開始時期
  • 利用予定の車(大型車、中型車、小型車)
  • その他の希望条件

その他の希望条件は自由記述欄になっているので、自分の希望する細かい要望や質問について書くことができます。

個人情報の入力は次の内容を入力します。

  • 個人か法人か
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

電話番号の入力は任意になっています。

入力が終わって「上記に同意の上、確認画面へ」ボタンをクリックすると、入力した内容の確認画面が表示されます。

入力した内容に間違いがなければ、「この内容で送信する」ボタンをクリックします。

これで問い合わせは完了です。

あとは「Park Direct」からの連絡を待つだけです。

「Park Direct」トップ画面にある「現在地からさがす」の使い方

「Park Direct」のトップ画面には「現在地から探す」のボタンがあります。

ボタンをクリックすると地図画面が表示されます。

駐車場がない場合は、「該当の駐車場は見つかりませんでした。」というグレーのバーが表示されます。

表示された地図上に駐車場がある場合は、車マークが表示されます。

その車マークを選択すると、駐車場の詳細情報の画面に移動します。

駐車場の詳細情報をみて、気に入ったら空き状況の問い合わせをします。

駐車場の詳細情報画面に「空き状況の確認へ」というボタンがあるのでクリックすると、空き状況のお問い合わせ画面が表示されます。

「Park Direct」トップ画面にある「エリアからさがす」の使い方

「Park Direct」のトップ画面には「エリアから探す」のボタンがあります。

ボタンをクリックすると都道府県ごとにタブがある画面が表示されます。

都道府県ごとの画面では詳細な住所が表示されています。

「Park Direct」で取り扱っている駐車場がある場所は青文字でクリックできるようになっています。

住所を選択してくことで、最後にその住所にある、駐車場の一覧が表示されます。

一覧の中から駐車場を選択すると、駐車場の詳細情報の画面に移動します。

駐車場の詳細情報をみて、気に入ったら空き状況の問い合わせをします。

駐車場の詳細情報画面に「空き状況の確認へ」というボタンがあるのでクリックすると、空き状況のお問い合わせ画面が表示されます。

「Park Direct」トップ画面にある「沿線・駅からさがす」の使い方

「Park Direct」のトップ画面には「沿線・駅から探す」のボタンがあります。

ボタンをクリックすると都道府県ごとにタブがある画面が表示されます。

都道府県ごとの画面では路線の一覧が表示されています。

「Park Direct」で取り扱っている駐車場がある路線は青文字でクリックできるようになっています。

青文字の路線を選択すると駅名が表示されているので選択します。

駅付近の駐車場の一覧が表示されるので、それを1つ選んでクリックすると駐車場の詳細情報画面が表示されます。

駐車場の詳細情報をみて、気に入ったら空き状況の問い合わせをします。

駐車場の詳細情報画面に「空き状況の確認へ」というボタンがあるのでクリックすると、空き状況のお問い合わせ画面が表示されます。

「Park Direct」のデメリットや注意点

これまでの紹介のとおり「Park Direct」には様々なメリットがありますが、当然ながらデメリットや注意点もあります。

ここでは「Park Direct」のデメリットについて2つ紹介します。

「Park Direct」に掲載されている駐車場が少ない

「Park Direct」は2019年11月から始まった、新しいサービスです。

始まったばかりのサービスだからか登録されている駐車場の数は少なく、2019年11月10日現在、登録されている月極駐車場の数は21件となっています。

正直なところ多いとは言えません。

しかも、その21件の駐車場は、すべて神奈川県の情報のみになっています。

情報がなさすぎるため、現時点ではやや物足りないサービスです。

「Park Direct」のサービスエリアは東京近郊の1都3県のみ

「Park Direct」のサービス提供エリアは1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)のみとなっています。

今後、サービスエリアをどこまでエリアを広げるのか未定です。

交通手段がない地方の人は車持ちである場合が多いので、「Park Direct」にはぜひ1都3県に止まらず、日本全国にサービスが広がることを期待します。

まとめ

「Park Direct」は始まったばかりのサービスで、今すぐに使うのにはやや物足りないサービスです。

しかし、グッドデザイン賞を受賞したことや、今後サービスが充実していけば利用者からは満足されると予想できる内容のため、今後が期待できるサービスです。

現在は面倒な月極駐車場探しですが、今後はこの「Park Direct」で探すのがより簡単になると考えられます。

車持ちには嬉しい未来がやってきそうです。